Content-type: text/html
Sojin Project HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Sojin Project / Diary 2010-02

最新記事 今月の最初の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

2010/02/28(日)

[ Misc ]

サーフィン

 日本では津波の人的被害はなかったようで,なによりです。もちろんチリでは何百人もの死者が出ているし,ハイチも心配だ。よかったというわけにはいかない。ところでこういう記事。
    讀賣新聞:
避難指示応じず、津波到達予想時刻にサーフィン 
 津波警報が出て,避難指示が出ていたのに,海に入ってサーフィンに興じていた若者がいたという。まさか「ビッグウェーブ」とでも言うんじゃないだろうね。「ビッグ」過ぎる波だ。台風が来ててもやる連中がいるというから,津波ぐらいではどうということもないのか。日本では,2010年からは,こういう行為を「コクボる」と言うことになったらしい。まあ同じ一枚板のボードだからお仲間で,精神構造まで似ているのかもしれない。「自己責任」と言ってしまえばそれまでだが,なかなか日本ではそれでは済まない。死人でも出た日には,警察や自治体関係者などが責められる事態になる。はた迷惑な話だ。

 「ゴメンナサイ」が言えないのは,中二病。
    毎日新聞: 阿久根市長:差別的記述で抗議集会 竹原市長派は姿見せず 
 鹿児島県阿久根市の「ブログ市長」竹原信一が,障害者は死ねばいい,と言わんばかりの書き込みを自身のブログに行なった件。障害者団体など主催の抗議集会が,地元・阿久根市で行なわれたという。この集会に招かれていた,竹原本人や竹原派の市議は誰一人参加しなかったそうだ。障害者の怒りに恐れをなしたか。
 ところで竹原は,ブログの件の記述を密かに削除しているという。自分が間違っていたと分かったら,きちんと謝るのが人の道だろう。それを「大騒ぎするメディアが悪い」と駄々をこねる。みっともないこと甚だしい。

 おぞましい国家だ。
    毎日新聞: 中国:政府認定のパンチェン・ラマ 政協全国委員に選出 
 チベット仏教第2の活仏,パンチェン・ラマ11世は現在行方不明だ。生死も定かでない。先のパンチェン・ラマ10世が亡くなられたときに,ダライ・ラマ猊下によって,チベットの少年の中から1人の活仏が選ばれた。ところがこの新しいパンチャン・ラマを共産党は直ちに拉致。密かに謀殺したか。あるいは共産党は「両親と暮らしている」と言う。その言葉が正しければ,十数年に渡って両親ともども監禁し続けているのだろう。なんという非人間的国家だろう。そして「中国政府認定」の偽の「パンチェン・ラマ」,弱冠20歳の青年を要職につけてコントロールしようとしている。こういう国家に正義はない。

 久しぶりに大島弓子が読みたくなった。で,『大島弓子が選んだ大島弓子選集』の第1集「ミモザ館でつかまえて」をアマゾンから取り寄せた。今「草冠の姫」まで読み進んだ処。よいねぇ。大島弓子はやはり「綿の国星」以前の初期作品がいい。以降の作品は完成度は高いが,メジャー過ぎる。初期作品は,若書きの中に繊細で鋭敏な感覚が溢れている。

   写真:豚ロースのグリル きのこソース@ストラピエーノ 写真:じゃが芋のニョッキ ゴルゴンゾーラソース@ストラピエーノ

 夕食は,地下鉄我孫子(あびこ)のイタリアン・バール「ストラピエーノ」へ。
 まずは黒板メニューから写真左,「豚ロースのグリル きのこソース」980円。以前食べた「豚ばら肉のトマト煮込み」も絶品だったが,これもよい。このシェフの味付けは,奥行きが深く,微妙なところがピタリと決まっている。細切りの豚ロース肉に,しめじ・椎茸・マッシュルームの茸を絡めて,温野菜が添えられている。
 生ビールにグラスワインの赤を2杯飲んで,〆は写真右,黒板メニューの「じゃが芋のニョッキ ゴルゴンゾーラソース」880円。手間がかかったニョッキに絡んだゴルゴンゾーラソースの塩加減が絶妙。これをオーダーするのは3回目と気に入っている。
 Italian Bar STRAPiENO イタリアン・バール ストラピエーノ。大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3・4番出口より東へ2・3分,二つ目の信号を越えた先,道の南側。住所は「大阪市住吉区苅田9-2-18 あびこマンション1F」,電話は「06-7897-6111」。営業時間「5:30pm〜12:00pm(L.O.11:30pm)」,月曜定休。喫煙可。
 リンク→ 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/27(土)

[ News ]

入国拒否

 まあそういう国だから。
    讀賣新聞:
中国当局、日本人のウイグル専門家入国を拒否 
 ウイグル人を支援している日本の大学講師が,中国占領下にある東トルキスタン(中国名「新疆」)訪問のため訪れた北京で入国を拒否されたという。まあ,中国にとっては当然の論理だろう。日本人が入国を拒否されるのは珍しいとはいうが,中国は,チベット人やウイグル人を支援する世界中の良心的な人々を拒否している。映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」を撮った監督や主演のブラッド・ピットなども中国への入国を無期限で禁止されているそうだ。なんとも度し難い侵略国家だ。

 街中から灰皿が次々と消えている。
    讀賣新聞: 公園でモクモクやめて…東京・北区が自粛求める 
 路上喫煙が禁止されて,公園の灰皿の周りに喫煙者が集まっていたという。公園は屋外であるため,喫煙禁止ではないそうだ。が,集まれば当然目立つ。そこも灰皿撤去の動きだという。国や自治体は,高い税金を煙草からとっているのだから,その税収でキチンと分煙できる喫煙場所を提供すべき義務があるのではないか。

 いろいろ考えるものだなぁ。
    朝日新聞: 車から「カラカラ」変な音… 点検中に盗難続発 
 他人の車のタイヤに金属片をゴムで貼り付け,異音に気付いたドライバーが点検のために車を降りた隙に窃盗を働くという。新手の車上狙いで「カラカラ盗」というそうだ。こういう事態に遭遇したら,キーを抜いてドアを施錠してから点検すべきか。

 中国はこれからの最重点市場だからなぁ。
    毎日新聞: トヨタ:豊田社長、北京でも会見…1日にリコール問題説明 
 トヨタ自動車社長の豊田章男。アメリカから直接中国へ飛んだそうだ。中国でも,アクセルペダルの不具合でスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」を約7万5000台リコールしているそうだ。中国人はメンツにこだわるから,とりあえずメンツを立てに行ったか。しかし,中国での現地生産では,これからも次から次へと重大な欠陥が発生し続けるのではないか。その程度の技術力しかない国だろう。これからも欠陥が発覚するたびに謝り続けるのか。

   写真:から揚げ定食@妙幸庵 写真:から揚げ定食@妙幸庵

 ときどき無性に「から揚げ」が食べたくなる。そういう時は近所の蕎麦屋に出かける。ホカ弁や中華料理などでも「から揚げ」はあるが,近所ではここ「妙幸庵」の「から揚げ定食」800円が美味しい。ミニ蕎麦も付いて来るし,これで白ご飯がもう少し旨ければ最高なんだけどなぁ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/26(金)

[ Misc ]

メガネっ娘

 2・26の日。
    マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや(寺山修二)
亡国の自民/民主政権下の日本。異議申し立てを行なう青年将校もいない虚国。

 女子フィギュア,終わっちゃいましたねぇ。で,こんなニュース。
    アメーバニュース:
メガネっ娘のキム・ヨナの写真がカワイイと評判 
 本人のものかどうかは未確認のようだが,朝鮮人スケーター,金妍兒(キム・ヨナ)のツイッター・アカウントらしきページ(→こちら)のアイコン写真が評判になっている。ツイッターのアカウントを持っていないと大きいサイズの写真は見れないようなので,こちらに引用。

   写真:金妍兒(キム・ヨナ)メガネっ娘

 おっ,メガネっ娘(笑)。カワイイかどうかは主観の問題なのだが,私は「メガネっ娘萌え」なので…。まあ朝鮮人っぽくないところがいいかも。

 この人,「綸言汗の如し」なんていう言葉なんぞ端から知らないんだろうね。
    毎日新聞: 鳩山首相:朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で 
 権力を握ったのだから,何を言おうとカラスの勝手かも知れないが,言う事が毎日変わるのは「宰相」としてどうよ。どうやら元々その器ではなかったようだ。野党の立場で文句をたれているだけの方が良かったか。
 というところへこんな横槍。
    讀賣新聞: 無償化から朝鮮学校除外、国連委が「懸念」 
 「国連の人種差別撤廃委員会」とかいうところで,一部委員から,鳩山政権が高校無償化から朝鮮学校の除外を検討していることについて「懸念」が表明されたという。しかし「人種差別」というなら「捕鯨妨害」問題はどうよ。「国連の人種差別撤廃委員会」とやらもそういう重大な人種差別事案をこそ取り上げるべきではないのか。

 「先送り」ということは,まだまだ復活を狙っているということだな。
    毎日新聞: 外国人選挙権:先送り 反対の国民新に配慮 政府方針 
 政府提案はあきらめても,議員立法ということも考えられる。次の参院選の結果次第では強気に転じるかもしれない。この「外国人参政権」という売国行為。常に国民的監視が必要だ。

 無料動画サイト「GyaO!(ギャオ)」が,ヤフーに吸収されて以来,極端に使い勝手が悪くなった。それ以前は少しずつ機能が向上して,ずいぶんと使いやすいシステムになっていたのだが,所詮はヤフーか。
 で,以前のGyaOの時代に登録してたので,まだメールを送ってくる。で,あの「セックス・アンド・ザ・シティ」のシーズン1の無料配信だという。
    GyaO!: セックス・アンド・ザ・シティ シーズン1 
 昔のGyao!なら全画面表示で見れたのだが,ヤフーは未だにサポートする気配もない。が,CMが終わって本編が始まった直後に画面右下の拡大ボタンをクリックすれば,少しは大きい画面で見れる。

   写真:

 晩酌のアテは土佐のケンケン鰹(かつお)の刺身。今年3回目の鰹だが,食べるたびに旨くなっている。もちろん戻り鰹のような脂の乗りはないが,こちらもあっさりとして好きかも。水臭いところはまったくなく,身に味の深みがある。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/25(木)

[ Misc ]

キリストはホモ

 セクシャリティは,きわめて個人的なもので,自由であるべきだろう。それは単に「生き方」だ。
    AFP通信:
エルトン・ジョンの「イエスはゲイ」発言にカトリック団体が猛反発 
 イギリスの人気ミュージシャン,エルトン・ジョン(Elton John)が,「イエス・キリストは同性愛者だった」と述べて物議を醸しているという。ジョンいわく「イエスは心が優しくて,超インテリな(super-intelligent,ものすごく頭がいい)ゲイだったんだと思う。人間の問題について理解していた」そうだ。単に「生き方」に過ぎないものを,多数派から激烈な差別を受けているゲイの方が,より深く人間性について考えている人も中にはいるだろう。そういう意味で,これは「キリストは深く人間を理解していた」という一種の信仰告白か。
 しかし,これに対して同性愛を一切認めないカトリック団体がカンカンだそうだ。でもなぁ,神父がその権力に乗じて子供に性的虐待を加えているカトリックに言われてもなぁ,という気がする。どちらが神の御心にかなっているか,インタビューしてみたいところだ。

 老後の趣味としては,なかなかいい趣味ではあるが。
    毎日新聞: 無免許:容疑で71歳逮捕 バイクで「放浪したかった」 
 原付にテントなど荷物を満載にして放浪していた老人が無免許運転で逮捕されたという。免許証は去年の11月に失効していたそうだ。ちゃんと更新していれば何の問題もないものを。
 この原付,機種は何だろう。バイクでツーリングに出かけても,あまり原付は見かけない。いわゆるミニバイク(スクーター)でツーリングをしていても,他のライダーからは奇異の目で見られるだけだろう。ただし「カブ」だけは別格。これは尊敬される。
 ただ,歳を食った人間が,キャンプ・ツーリングをしていると,浮浪者との境界があいまいではあるなぁ。
 ところで,最高速度が遅い原付は,交通の流れに乗れず非常に危険だ。暗くて狭いトンネル内などいつ追突されるか分からない。私はバイク乗りだが,原付は怖くて乗れない。

 このニュースの「せんば自由軒」は,本物の「自由軒」とは,まったくの別会社で,現在は無関係だそうだ。
    毎日新聞: カレー店:「せんば自由軒」が自己破産申請へ 
 この「せんば自由軒」には行ったことがなく,無関係なニュースなのだが,有名な本物の「自由軒」の方は,千日前の本店で名物カレーを食べたことがある。カレーライスをわざわざ混ぜ合わせてフライパンで暖め直した「混ぜカレー」だ。真ん中に生卵が乗っているのもいい。ソースを少しかけて食べるのが流儀だという。久しぶりに「自由軒」の名前を聞いて,また「名物カレー」が食べたくなった。

 凶悪な侵略者「中華人民共和国」に,果敢に立ち向かう台湾共和国。
    毎日新聞: 台湾海峡・最前線:融和の裏の攻防/上 中国潜水艦の影 
    毎日新聞: 台湾海峡・最前線:融和の裏の攻防/中 情報戦、網軍の脅威 
    毎日新聞: 台湾海峡・最前線:融和の裏の攻防/下 「上陸戦」武警投入か 
 火曜日から国際面で連載していた記事。中国は着々と独立国・台湾への侵略の準備を進めているようだ。少しでも隙を見せればチベットの二の舞になる。残虐な中国軍が侵略とその後の占領に際し,どれほどの台湾国民を虐殺するか,考えるだに恐ろしい。旧宗主国として日本に出来ることは何か。今すぐ国交を回復し,安保条約を結び,台湾防衛の一端を担う。そこまで考えるべきだろうか。共同して侵略国家「中国」と対することは,アジアの平和に資すること大だろう。

   写真:

 木曜日と言うことで,週刊漫画誌「モーニング」の発売日,かつ個人的「粉もんの日」。今日はお好み焼きチェーン店「千房(ちぼう)」へ出かける。
 生ビールを注文した後,メニューを見ながらしばし考える。で,お好み焼きメニューの先頭にあった「道頓堀焼」1280円にする。デフォルトで大盛り。具は,豚・すじコン・小海老・チーズと豪華。カツオ・青海苔・マヨネーズはどうするかと聞かれたので,全部リクエストする。
 前回は広島焼を食べたので,「千房」のお好み焼きは初めて。卵の味が前面に出ている。どっしりとした生地でなかなか好み。豚は定番だが,牛すじコンニャクがやはりお好み焼きにはなかなか合う。大盛りをガッツリ食べて満足。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/24(水)

[ Misc ]

公聴会と大陪審

 海外の報道によると,ずいぶんとトヨタは分が悪いようだ。
    gooニュース:
「恥を知りなさい」と言われてしまったトヨタと気になる大陪審 
 日本人がフィギュアスケートに夢中になっている間に,アメリカではトヨタに関する公聴会が始まったようで。で,この「公聴会」,ずいぶんと「劇場型」に盛り上がっているようだ。アメリカの議員さんたちも有権者を意識したパフォーマンスに余念がない。トヨタは「恥を知れ」とばかりにののしられている。
 が,こういうショーよりも気になるのはやはり「大陪審」だという。公聴会での悪評は一時的なものだが,刑事事件に発展すると,あるいは取り返しの付かないダメージとなる。気になるところだ。
    産経新聞: 「バックギアでも加速」米公聴会でトヨタ車オーナーが恐怖体験を証言 
 それにしても公聴会では,こういう感情に訴える実体験が次々と明らかにされていくのか。レクサスでの4人死亡の直前の携帯電話通話は散々繰り返し報道されたようだが,これは,アメリカのユーザーにはあらためて自分の身にもふりかかるものとして恐怖をあたえる。トヨタにとっては痛いだろう。
    讀賣新聞: トヨタ車急加速、国内の不具合情報も精査へ 
 アメリカでの騒動に,日本の当局も黙過できなくなってきたようだ。とりあえず対応していますというポーズには過ぎないだろうが。

 デヴィ夫人は北朝鮮びいきで有名らしい。
    デヴィ夫人オフィシャルブログ: デヴィ夫人と行く 北朝鮮ツアー 
 確かに行って実際に見てみたい国ではあるが,残念,一週間も仕事を休むわけには行かない。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/23(火)

[ Misc ]

日本のチベット

 「日本のチベット」と言えば岩手県のことではなかったのか?
    讀賣新聞:
民主・石井氏「鳥取、島根は日本のチベット」 
 民主党の選挙対策委員長の石井一が,東京で開かれた鳥取県選出の参院議員のパーティーで,「鳥取県とか島根県と言ったら,日本のチベットみたいなもので,少し語弊があるかもわからないが,人が住んでいるのか。牛が多いのか。山やら何やらあるけど,人口が少ない所」と述べて物議を醸しているそうだ。
 「日本のチベット」というのは,まあそれだけ中央政府から差別されているという意味なら正しいが。普段ふんぞり返って偉そうにしている先生様が,たまに受けようとすると悪乗りをする。まあ中央政府の地方蔑視の表れだろう。
 これに対して鳥取県の市長会や自民党県連が抗議したという。こういうバカは黙殺しておけばよいものを。大昔,NHKが真面目な顔をして岩手県のことを「日本のチベット」と称したときには問題にならなかった。岩手県出身の芸能人などが自虐的に自称したりしていた。鳥取・島根の方も,住人レベルでは大様に構えているだろう。それよりもチベットの人々に失礼だ。チベットが中国の占領下になく,本来あるべき独立国だったならば外交問題だ。

 遂には刑事処分か。
    毎日新聞: トヨタ:大規模リコール問題 連邦大陪審、書類求める 刑事事件の可能性も 
 「米ニューヨーク州南部連邦地方裁判所の連邦大陪審」というところが,トヨタ車の不具合に関する書類提出を求める召喚状を,トヨタ自動車に送ったそうだ。大陪審が訴追の必要性を認めれば,刑事事件として扱われるという。
 これって,日本でいう「業務上過失致死」とかにあたるのか? 日本ではこういう場合,世間的には会社そのものに非難が集中するが,実際の刑事処分は「下っ端」をお縄にして店じまいということが多い。アメリカはどうなんだろう。最終責任者(豊田章男)まで司直の手が伸びるなんてことはあるのか。

 マンガ「ジパング」は日本人論なのか?
    産経新聞: 「ジパング」最終巻刊行 漫画家、かわぐちかいじさんに聞く 
 かわぐちかいじさんのマンガって,いつも最初は面白いのだが,途中でだらけてしまって読むのを止めてしまう。「沈黙の艦隊」なんか結構続けて読んだのだが,最後までは読めなかった。その他,結構好きな作家なのでいろんな作品を読んでいるのだが,みんな途中で挫折してしまう。そんな中で唯一,最終回まで読んだのが「ジパング」。これもストーリーというか,かわぐちかいじさんの主義主張にはいろいろ異論はあるのだが,我慢の範囲内だった。

   写真:フグの握り@寿し兆 写真:甘エビのアテ@寿し兆

 夕食は寿司。いつもの寿司屋「寿し兆」(地図)へ行く。
 いつもなら冷酒なんだが,今日は燗酒。おちょこでちびりちびりやる。
 で,まずは玉子の握りでウォーミングアップ。で,白身はフグ(写真左)。で,またちびりちびりとやっていると,職人さんが「甘エビは好きか?」と聞く。好きだと答えると,サービスだ,と甘エビがアテで出て来た(写真右)。氷の上に6匹も乗っている。普段の飲みモードのときなら,これだけで充分だ。三国産だという。「三国」と言ってももちろん阪急三国ではなく,福井県三国町。ありがたくいただく。
 で,〆は,いつもの好物,トロとウニ。日本酒を2合飲んで,勘定は3,150円。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/22(月)

[ Misc ]

アビイ・ロード

 平成22年2月22日の日記。残念ながらもう22時22分22秒は過ぎてしまった。
 先週とはうって変わって今日は暖かい。今週は当分暖かいそうだ。南岸高気圧の勢力圏内に入り,天気も安定し,南から暖かい空気が吹き込んでいる。寒さに慣れた身には,この程度の陽気でもほっとする。寒の戻りもしばらくはないという。

 金額以上の財産価値があるのか。
    讀賣新聞:
「アビイ・ロード・スタジオ」売却見合わせ 
 この前,日記に書いたロンドンの「アビイ・ロード・スタジオ」の売却。見合わせだそうだ。売却のニュースの反響と抗議の声の大きさに,持ち主のEMIが「大変な財産だということに気づいたため」という。売却話には,3000万ポンド(約42億4700万円)の声もあったというが,その程度の金額では計れない価値があるということか。

 トヨタは「終わった」な。
    朝日新聞: トヨタ内部文書「リコール問題で1億ドル以上を節約」 
    毎日新聞: トヨタ:「隠ぺい体質追及」23日から公聴会 
 この「リコール問題で(当局との)交渉の末,1億ドル(約92億円)以上を節約できた」と書いた社員は,当時は大得意だっただろうねぇ。真相はアメリカ議会の公聴会で明らかになるだろうが,とにかく「トヨタが金儲け最優先の会社だ」というイメージを植えつけるのにぴったりの文書だ。公聴会にはトヨタの現在の社長である豊田章男が直々に出るというが,御曹司社長は公聴会に耐えられるのか? みっともないことにならなければよいが。
 しかしそれにしても,トヨタの経営陣は,首が飛んでも食っていけるだけの財産を持っているだろうが,気の毒なのは,これから始まるだろうリストラで首を切られるトヨタと下請けの従業員だ。従業員には何の責もない。すべては儲け優先の会社を作ってきた経営陣の責任だ。豊田章男には,私財を投げ打ってもリストラを回避する義務があるのではないか。それがノブレス・オブリージュだろう。

 裁判員裁判というのはどうも危うい仕掛けだなぁ。
    毎日新聞: 裁判員裁判:死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件 
 死刑の求刑も考えられる強盗殺人の裁判で,裁判員候補が死刑制度に反対していることを理由に,裁判員の選任から漏れたという。では,裁判は「死刑制度に賛成」な裁判員のみで行なわれるのか? 私自身は死刑制度には賛成だが,そういう立場を離れて,これでは公正な裁判員の選任と言えるだろうかと疑問を抱く。

   写真:きずし(しめ鯖)@竹宗

 この前,寿司屋で「寒サバ」という言葉を聞いた。「秋サバ」「寒ブリ」は知っていたが,「寒サバ」は始めて聞くような気がする。で,ネットで調べてみた。一般にマサバの旬は秋とされているが,地方によっては「寒サバ」の方が脂が乗っていて旨いという。この「寒サバ」,2月頃までが旬だそうだ。
 と言うわけで,今日の晩酌のアテは「きずし(しめ鯖)」。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/21(日)

[ Misc ]

高校無償化

 ちょっとスジが違うんじゃないか。
    朝日新聞:
「無償化対象、朝鮮学校は除外を」拉致担当相、文科相に 
 反日教育を行なっている北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)系の朝鮮学校や南朝鮮(大韓民国)系の民族学校まで,日本の国家予算で無償化する必要はないと考える。が,それはあくまで反日教育への報復としてだ。
 拉致担当相が文科相に「拉致問題が進展しないから」朝鮮学校を無償化対象から外せと言った。しかしこれはちょっとなさけない。政治家の無能を自ら表明しているようだ。それに「外交ルートなどを通じ,授業内容が日本の高校と同等だと確認できること」などを支給条件とすることによって朝鮮学校を排除するというが,これもまた姑息だ。みっともないことは止めてくれ。

 子供への強姦というのは韓国のキリスト教のお家芸だと思っていたが,本家もそうだったのか。
    毎日新聞: 神父の性的虐待:ローマ法王の甘い対応に批判 
 これはキリスト教本来の体質か。神父の信者の児童への性的虐待が各国で次々と問題になっているという。これは最近明らかになっただけで,古代・中世から連綿と続いてきた伝統なのではあるまいか。かつては密かに闇に葬られてきた悪行が,時代の変化とともに隠しきれなくなっただけだろう。法王庁が甘い対応をするのも,それが当然だと考えている節がある。日本国内でもキリスト教関係者による虐待が行なわれていないか,調査する必要がある。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/20(土)

[ Gourmet ]

ジンギスカン@西心斎橋

 アメリカは契約社会だなぁ。
    朝日新聞:
ウッズ、婚前契約で離婚回避 高い慰謝料、復縁の武器に 
 アメリカでは,資産家が貧乏人と結婚するときには,財産目当てを防ぐために,事前に慰謝料などを契約しておくという。
 例の不倫事故騒動のプロゴルファー,タイガー・ウッズ(34)は,奥さんのエリンさんと「婚姻が10年続いたら,それ以降に万一別れる際、ウッズ氏はエリンさんに2千万ドル(約18億円)を支払う」という契約を交わしていたそうだ。慰謝料や財産分割で揉めるのが嫌だったんだろうね。でも,これって,あまりに「公序良俗」に反する契約を結ぶと無効となるのではないか。日本などでは事前契約しても結局裁判になりそうな気がするが。
 で,ここからがウッズ流。ウッズは離婚したくないらしい。で,嫁に逃げられるのを防ぐために,「婚姻が7年を超えたら,エリンさんは5500万ドル(約49億5千万円)を受け取ることができる」と奥さんに有利なように契約を書き換えて引き止めたという。いやまあそもそも,浮気しなければよいだけの話だが。

 単なる知り合い程度なら,自分の保身のために「売る」のもありだろう。
    朝日新聞: 「押尾被告、通報遅れは薬が理由と説明」 知人初公判 
 例の「保護責任者遺棄致死」で起訴された押尾学被告(31)。その押尾被告に合成麻薬MDMAを渡した男の裁判が結審したという。で,この被告の供述:
 「2009年8月の事件当日,知人の押尾被告に呼ばれてマンションに出向くと押尾被告が寝室を指さして『女の子が死んじゃった』と説明。なぜ,救急車を呼ばないのか尋ねると『いや,おれもだいぶ入れているから』と答えたという。押尾被告はその後,薬物を体から抜く薬を探すことや合成麻薬の処分を泉田被告に依頼したという」
ということで,無罪を主張しているという押尾被告,どんどん外堀を埋められているようだ。

 中国人かと思ったら,日本人なのか?
    讀賣新聞: 「森伊蔵」など人気焼酎、中国で無断商標登録申請 
 米が不味くて有名な中国に,日本産の安全で美味しい米を売り込もうとしたとき,「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」の漢字表記が既に中国で登録されていたという事件があった。中国人にとっては何の意味もない漢字熟語。単なるパクリだ。中国産のチョー不味い米に「越光」なんて付けて売られた日には,たまったものじゃあないなぁ。「クレヨンしんちゃん」も勝手に中国語訳が商標登録されて,本家本元が偽物扱いされる事件もあった。
 と思っていたら今度は焼酎。日本の人気銘柄が,中国で商標申請されているという。ところが,これが大牟田の怪しげな会社。ひょっとして中国でパチモンを作って日本に持ち込む気だったのか。
 いずれにしてもこれからは,何かブランドを売り出すときには中国でも同時に登録しておいた方がいいようだ。
    *
 ひさしぶりにジンギスカンが食べたくなって,「ヤマダモンゴル 道頓堀店」に行く。「道頓堀」と言っても川向こう,スポタカの裏だ。住所は西心斎橋,といっても難波から歩く方が近い。以前食べに行った「李家風餃子房」や「萬福飲茶」が上に入っている「大喜ビル」の1階。今回で3回目か。羊肉はそこそこだが,タレやサイドメニューが旨い。予約して行ったが,入ってみるとほぼ満席。流行っているようだ。

   写真:ホッピー@ヤマダモンゴル

 とりあえずのドリンク。1杯目は「生」,ツレは梅酒。2杯目は大阪では珍しい「ホッピー」に切り替える。ホッピー飲むのはこれが初めてかなぁ,よく覚えていない。焼酎に軽い苦味のあるホッピーをそそぐ。なるほどビールの代用品だなぁ。

   写真:ジンギスカン@ヤマダモンゴル 写真:ジンギスカン@ヤマダモンゴル

 さて,「モンゴル火鍋」なるものも安そうだったのだが,初志を貫徹してジンギスカン。まずは「生ラム肉3種セット」2人前。上の写真,皿の上がショルダーとロース,ジンギスカン鍋に乗っているのがモモ。背の低い七輪に炭がよくいこっている。で,醤油ダレと味噌ダレにおろしニンニクを入れて用意する。ここの味噌ダレは絶品。主に羊肉に味噌ダレ,野菜に醤油ダレでいただく。羊肉は相変わらずちょっと固めか。

   写真:どさんこマトン@ヤマダモンゴル 写真:アスパラマヨネーズ@ヤマダモンゴル

 追加で上の写真左,「どさんこマトン」。よくある冷凍ロールマトンの薄切りだ。脂が多くて油煙もくもく,炎があがる。サイドメニューのアスパラマヨネーズ(上の写真右)も旨い。

   写真:あがりラーメン@ヤマダモンゴル 写真:あがりラーメン@ヤマダモンゴル

 で,〆のラーメン。「あがりラーメン」を2人前。脂のたっぷり溜まったジンギスカン鍋を片付けて,両手鍋の登場。醤油ダレを番茶で割ったところに,薬味の胡麻と葱を入れてツケ麺でいただく。ツルっとした柔らか目の麺が旨い。1人1人前では足りない。〆のラーメンを食べるためにジンギスカンするってのもアリだなぁ。
 レシートによると,生ビール・梅酒・ホッピーは各\304,生ラム肉3種セット\980x2,どさんこマトン\609,アスパラマヨネーズ\399,あがりラーメン\262x2。で,勘定は2人で4,404円。
 ヤマダモンゴル道頓堀店。難波から御堂筋を北上,道頓堀橋を渡って,スポタカの角を西に曲がって,ちょっと先の右側。住所は「大阪市中央区西心斎橋2−4−8 大喜ビル1F」,電話は「06-6212-2135」。営業時間 17:00〜24:00,無休。喫煙可。
 リンク→ ホームページ ホットペッパー 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/19(金)

[ Misc ]

Aソ連型

 インフルエンザの「Aソ連型」が消えるという。
    朝日新聞:
インフルワクチン、秋から1種類でOK 国産で確保可能 
 記事によると「国立感染症研究所のまとめでは,昨年8月末から今年2月中旬までに全国の定点医療機関などを受診した患者から採取され,地方衛生研究所で分析されたインフルウイルスのうち新型が1万8076件。これに対し,Aソ連型はゼロ,A香港型は15件、B型は9件と,圧倒的に新型が多かった」という。
 いやこれはもう「Aソ連型」は「絶滅危惧種」だね。「過去のパンデミック(世界的大流行)では,新型の流行に取って代わられる形でそれまで流行していたウイルスが世界的に姿を消している」そうだ。豚インフルエンザが「Aソ連型」に取って代わり,「季節性インフルエンザ」の仲間入りをしたと考えてよいのか。
 で,記事で知ったのだが,インフルエンザのワクチンは1種類で最大3タイプのウイルスにしか対応できないそうだ。で,今シーズンは「Aソ連型・A香港型・B型」対応の季節性と,豚インフルエンザの2種類のワクチンを打たなければならなかったが,来シーズンは,「Aソ連型」が必要なくなったので,「A香港型・B型・豚インフルエンザ」対応のワクチン1種類だけですむ見込みだそうだ。
 うーん,豚インフルエンザも「Aなんとか型」という名前で季節性インフルエンザの1つとなるのか。「Aメキシコ型」? 「A豚型」? どちらもそれぞれの方面への配慮が働きそうだなぁ。「A新型」なんていうセンスのない名前だけはやめてね。次にまた別の新型が出てきたときに混乱するから。「Aアメリカ型」か「A北米型」が無難じゃないかなぁ。

 「内政干渉」など,ちゃんちゃら可笑しい。
    毎日新聞: 中国:「強い不満」表明 米大統領−ダライ・ラマ会談 
 アメリカ大統領オバマが,チベットの国家元首であられるダライ・ラマ14世猊下に謁見したという。それに中国ごときが「強い不満」だとは笑わせる。チベットと中国はそれぞれ別個の独立した国家。チベット問題は,「中国の内政」ではけっしてなく,あくまで「中国の侵略」だ。中国による「チベット大虐殺」こそ,国際社会は論議すべきではないか。

 今更かよ。大丈夫かねぇ。
    毎日新聞: トヨタ:社長が20日に渡米 公聴会出席を準備 
 トヨタ自動車社長の豊田章男がアメリカへ行くことになったという。前日までは否定していたのに,まあコロコロ方針の変わる会社だ。この程度のことで意思決定がもたもたしているようでは,世界進出もおぼつかない?
 それにしても,豊田章男のアメリカでの公聴会出席をためらっていたのは,豊田章男がヘマをやらかすのを周りが心配したからではないのか。単に創業者の孫というだけで,無能な人間を社長にするから,こういうハメに陥る。所詮「社長」の器ではなかったのではないか。側近はそのことが身に染みて分かっているから,豊田章男が直接正面に出てくるのは避けたかったんだろう。
 しかし,豊田章男は例えヘマをしても,社長を首になるだけで,たっぷり財産を持っているから大丈夫だろう。が,気の毒なのはトヨタや下請けの従業員だ。どうせまた業績悪化でリストラとやらをやるんだろう。会社が儲かれば経営者や株主が潤い,左前になれば従業員や下請けが苦しめられる。こういう仕組みは逆転させねばならない。

 最後の悪あがきかなぁ。
    ITmedia: mixi登録制、3月1日スタート 
 会員の招待がなければ入会できなかったミクシィが,3月から誰でも入れるようになる。まあ,みんなミクシィに飽きてきて,一時の勢いがなくなって来たからか。しかしこれでミクシィも終わりだなぁ。今でも高校生が「出会い系」として利用している。誰でも入れるようになったら,その手の動きが加速して収拾が付かなくなるだろう。

 鳩山のリップサービスじゃあなかったんだ。
    SankeiBiz: 所得税の最高税率引き上げ検討 菅財務相が表明 
 一昨日の日記に書いた税制改革。共産党が一方的に主張して,鳩山は曖昧にうなずいただけだと思っていたが,実際に動き出したという。所得税の最高税率引き上げや証券優遇税制の見直し。こういうことをやろうとすると,必ず「経済学が分かっていない」などという外野がでてくるが,どうやら「経済学」とは「金持ちが儲かる仕組み」のことをいうらしい。

   写真:松阪牛「はらみ」@御馳走亭すてきや

 久しぶりに地下鉄我孫子(あびこ)の「松阪牛とおでん」という変わった取り合わせの居酒屋「御馳走亭すてきや」へ行く。今日のメインは,松阪牛の「はらみ」1400円。久しぶりに入ったA5ランクの肉だという。焼肉のタレも出てくるのだが,いい肉はやはり岩塩だけでいただく。上品な脂が口の中に広がり,旨い。

   写真:おでん@御馳走亭すてきや 写真:チーズコロコロじゃが餅@御馳走亭すてきや

 で,関東煮(かんとだき)。好物のちくわと厚揚げ。「本日のメニュー」に「チーズコロコロじゃが餅」というのがあったので試してみる(写真右)。あっさりとした「芋餅」で,好きなタイプの味だ。
 御馳走亭すてきや。大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3番出口からまっすぐ東へ徒歩5分,4つ目の信号の手前。住所は「大阪市住吉区苅田7丁目3-8」,電話は「06-6625-9718」。ランチ 月〜金 11:30〜14:00(L.O.13:30)/ディナー 17:30〜23:00(L.O.22:30),日曜定休。喫煙可。
 リンク→ ぐるなび 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/18(木)

[ Misc ]

東京都杉並区長

 レジ袋や住基ネットで独自の主張を持つ山田宏・東京都杉並区長の論。
    Voice:
外国人参政権が国民生活を壊す 
 松下幸之助氏のPHP研究所発行の「Voice」の記事。この人,松下政経塾だというから,そのつながりもあるのか。それにしても,長文だが,細かいところにも目配りの届いたいい論考だ。
 教科書問題から書き起こし,領土問題への危惧を語り,外国人参政権は違憲だと断じる。諸外国の例も引き,民主党のやり口にも批判の矢を放つ。いや感服しました。

 こちらも面白い。
    YouTube: お笑い日本の実態 !?『外国人地方参政権で日本終了』 (注意:音が出ます)
 半年以上前のアップロードなので,既にご覧の方もいらっしゃるとは思いますが,とりあえずリンクを張っておきます。流暢なフランス語の響きが耳に心地よいですねぇ。

 藤田まことさんの訃報に驚いた。
    毎日新聞: 藤田まことさん死去:逆境にも涙をのんで仕事人 
 「てなもんや三度笠」の「あたり前田のクラッカー」の時代から見ている。最近では,「必殺」や「はぐれ刑事純情派」。いつもいらっしゃるような気がしていたが,いつかはこんな日が来るのか。テレビに出てくるとほっとする人柄だった。ご冥福をお祈りします。

   写真:日清「太麺堂々」味噌豚骨 写真:日清「太麺堂々」味噌豚骨

 日清のカップ麺「太麺堂々」に新しい味が出たので試してみた。「味噌豚骨」。例によって麺は太さだけを特徴にしたインスタントっぽい麺。スープの方も特に特徴がない。まあたまに変わったものが食べたいときにはいいか。

   写真:焼うどん(ポン酢しょうゆ味)@七つの壁

 木曜日ということで,週刊漫画誌「モーニング」の発売日,かつ個人的「粉もんの日」。先日テレビで焼うどんを見てから,気分はずっと焼うどんモードだった。で,今日は地下鉄我孫子(あびこ)駅前のお好み焼き屋「七つの壁」(ぐるなび)で,焼うどん。がっつり食べたいので大盛り(でかでか)。味は,ポン酢しょうゆ・ソース・カレーの3つから選べるので,今日はポン酢しょうゆで。具は,デフォルトで豚と竹輪。焼きそば・焼うどんは奥で焼かれて出て来る。いや食べたかったのはこの味だなぁ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/17(水)

[ News ]

税制改革

 本当かねぇ。
    日経新聞:
所得税の最高税率引き上げ検討、首相 証券優遇税制見直しも 
 鳩山首相が共産党の委員長と会談して
    (1)所得税の最高税率引き上げ
    (2)証券優遇税制の見直し
    (3)大企業の内部留保課税
などの税制改革を前向きに検討すると言明したという。本当だとしたら,与党内は大騒ぎになるのではないか。いずれも「共産党的」政策。共産党の委員長側から一方的に主張して,鳩山が適当に相槌を打ったというところではないか。言っているのが共産党側だし。
 が,しかし,「小泉改革」を全否定し,金持ち優遇の税制を正すのはいいことだ。
 「所得税の最高税率引き上げ」ということは,高額所得者からキチンと税を取るということ。よく,こういうことをすると,金持ちが海外に逃げ出すというが,逃げ出すような金の亡者は,さっさと日本から出て行って貰えばよい。
 「証券優遇税制の見直し」は,真っ当な政策。不労所得からはビシバシ取り立てるべきだ。「優遇の見直し」どころか,税率の引き上げを行なってもよい。
 「大企業の内部留保課税」については,企業の海外逃避が心配ではある。
 いずれにしろ小泉純一郎の作り出した「格差社会」の是正を狙っていることは確かだ。どちらかといえば55年体制時代の自民党の社会主義的政策。中道左派たる民主党らしいと言えばそうとも言える。実際,この国を,金持ち優遇の国民イジメの国のままに放置するのか,額に汗して働く者が尊重される国にするのか。哲学が問われているのだ。

   写真:ツバスのカルパッチョ@ストラピエーノ 写真:明太子のクリームスパゲッティ@ストラピエーノ

 夕食は,地下鉄我孫子(あびこ)のイタリアン・バール「ストラピエーノ」で。
 とりあえずのアテは,黒板メニューから「ツバスのカルパッチョ」(写真左)480円。 カルパッチョは,野菜も取れるから結構好き。で,〆も黒板メニューから「明太子のクリームスパゲッティ」(写真右)980円。以前食べて,明太子の味が前面に出ていて気に入った一品。いつものように生ビール一杯に,グラスワインの赤を2杯飲んでゴキゲンで帰る。
 Italian Bar STRAPiENO イタリアン・バール ストラピエーノ。大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3・4番出口より東へ2・3分,二つ目の信号を越えた先,道の南側。住所は「大阪市住吉区苅田9-2-18 あびこマンション1F」,電話は「06-7897-6111」。営業時間「5:30pm〜12:00pm(L.O.11:30pm)」,月曜定休。喫煙可。
 リンク→ 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/16(火)

[ News ]

今更の殊勝

 今更,殊勝にされてもなぁ。
    讀賣新聞:
腰パン国母、殊勝に「いい滑り見せたい」 
 服装の乱れなどが問題となったバンクーバー冬季オリンピック,スノーボード代表の国母和宏(國母和宏)。どうやらバッシングに懲りたのか,現地では大人しくしているようだ。しかし,今更,殊勝にかしこまるのもどうか。毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」によるとこの男,前回のトリノ・オリンピックでも,チームメートへの「いじめ」や,予選落ちに不貞腐れたあげく暴れて選手村の壁を壊したりと「前科」があるそうだ。で,検索してみるとこんな記事:
    ZAKZAK: 抗議殺到も…JOCが問題児・国母を“削除”できないワケ 
 どうやら国母という男,「札付き」らしい。今回は大丈夫だろうねぇ。国内ならまだしも,カナダで恥を晒さなければよいが。
 しかし,JOC(日本オリンピック委員会)は国の「事業仕分け」による補助金の削減にビクビクしているようだ。蓮舫も,日本弱体化を狙った科学技術予算削減に血道をあげずに,スノーボード関連の強化費をばっさりとやればよいものを。
 しかし,同じく「ちちんぷいぷい」。街で声を聞いてみると,若い人ほど厳しい意見が多く,年配の方に「あれぐらい」という声が多いという。「国母擁護」は若ぶりたい年寄りだけか。しかしまあ,服装の乱れそのものはともかく,直後の会見での「反省してまーす」というふざけた返事に,追い討ちをかける「ちっ,うっせーな」という呟き。こちらの方がよほど問題だが。
 最後にこんな記事:
    日経ビジネス: 「裾出し腰パン」を「皿仕上げ」でおいしくいただきましょう 
 続きを読むには無料の登録が必要だが,非難するでもなく,擁護するでもなく,からかうような調子がなかなか面白い。こういうスタンス,いいねぇ。

 民主党の危機管理はどうなっている。
    毎日新聞: 平野官房長官:こっそり東京離れる…危機管理担当で異例 
 官房長官というものは,常に1時間以内に首相官邸に駆けつけられる場所にいるのが慣例だという。もちろん突発的な重大事が起こった場合に備えてだ。そう聞くとなかなかに大変な職務だなぁと同情する。しかし,いくら慣例で明文化されていないとはいえ,勝手に地元入りして官邸を離れるのはどうか。「危機」というのはいつ起こるかわからない。任期中は職務をキチンと果たして欲しい。阪神大震災での村山内閣や兵庫県知事・貝原俊民の二の舞はゴメンだ。

 ビートルズ世代よりはわずかに下なんだが。
    朝日新聞: アビーロード・スタジオ、売却へ 英EMI経営難で 
 当時はもっぱら関西フォークで,洋楽にはあまり興味がなかったのだが,それでもビートルズ来日や新譜の発売はリアルタイムで覚えている。「アビーロード」と聞くと,あの横断歩道のジャケットが目に浮かぶ。売られてしまうのかぁ。取り壊しなんてことにならなければよいが。

 提訴は当然だろう。
    讀賣新聞: 3児死亡飲酒事故、被告と同乗者らを賠償提訴 
 福岡市で2006年8月,児童3人が死亡した飲酒運転追突事故。福岡市職員・今林大が泥酔の末に起こしたあの事故だ。未だに自賠責保険の保険金しか払われていないという。任意保険に入っていなかったのか。入っていたが賠償額が確定していないのか。ひょっとして飲酒運転では任意保険は出ないのか。しかしこういう事件は,本人はもちろんだが,止めなかった周りも悪い。「今林被告のほか,車に同乗していた男性2人,飲酒検知前の今林被告に水を飲ませた男性,車の所有者である今林被告の父」が賠償提訴されたという。妥当なところだろう。後は裁判所がそれぞれの責任を決めてくれる。

   写真:太刀魚の炙り@寿し兆 写真:バッテラ@寿し兆

 今日は寿司。いつものように地下鉄我孫子(あびこ)の寿司屋「寿し兆」へ行く。まずは,玉子でウォーミングアップ。で,本日のお勧めから「太刀魚の炙り」(写真左)。ポン酢でいただく。太刀魚の炙りは久しぶりだが,いつもながらに絶品。ふっくらと柔らかい身が口の中でほぐれる。で,いつもの好物,トロ・ウニをいただいて,〆はまた「バッテラ」(写真右)。この八戸の寒サバも今日のお勧め。脂が乗っている。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/15(月)

[ News ]

シーシェパード

 遂に強請りたかり。って昔流行った「当たり屋」だな。
    朝日新聞:
捕鯨船にシー・シェパード侵入 「3億円求める」と書簡 
 南氷洋で我が国の捕鯨船団に海賊行為を繰り返すテロリスト集団「シー・シェパード」。今度は「住居侵入」の上で,自分からぶつけて壊した船を弁償しろとの脅迫状。いやはや品性下劣なことこの上ない。で,捕獲した「シー・シェパード」構成員をどう料理するか。
 それにしても金品を要求とは,本性をむき出しにして来たね。グリーンピースもそうだが,こういう連中は金儲けが目的で「運動」をやっている。「鯨」にやたらと拘るのは,それが金になるからだ。「黄色い猿(日本人)」を攻撃すれば,人種差別意識に凝り固まった欧米の金持ちから寄付が集まる。そのためには報道されるような派手な事件を常に起こし続けなければならない。「シーシェパード」の過激行動の原因はその辺にある。中国によるチベット大虐殺など,いくら抗議しても金にならないからなぁ。人の命より鯨(お金)が大事。
    毎日新聞: シー・シェパード:メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入 
    毎日新聞: シー・シェパード:「日本の法廷で闘う用意」 
 で,ナイフで防御ネットを破って進入した凶悪な「シーシェパード」構成員をどう料理するか。向こうも望んでいるように日本で破廉恥犯として刑事処分が妥当だろう。今度は中途半端なことをするなよ,日本政府。

 こちらは「盗人猛々しい」。
    毎日新聞: 鯨肉持ち出し:グリーンピース2被告、初公判で無罪主張 
 「捕鯨船乗組員の横領行為を証明するため」の犯行と見苦しい言い訳をするグリーンピース。例え警察でも,違法に収集した証拠は裁判では採用されない。犯罪をはっきりと証明できる証拠を示せても,それの収集方法に疑義があれば犯罪人を無罪にしてしまうことになりかねない。ましてや今回「グリーンピース」が「証明」しようとした捕鯨船乗組員による「鯨肉窃盗」など,でっち上げの冤罪であることがはっきりしている。こちらも単なる窃盗犯として粛々と裁けばよい。

 「みかんジュース500円」って高いなぁ。
    朝日新聞: ANA国内線普通席、無料お茶と水だけ 有料でスタバ 
 まあ新幹線などお茶も出ないことだし,飛行機もそれだけ大衆化したということか。その分,航空運賃を少しでも下げてくれれば結果オーライだが。それにしてもスターバックスのコーヒーって旨いの?

   写真:本鮪の中落ち刺身@竹宗 写真:卵ご飯@竹宗

 晩酌のアテは,本鮪(クロマグロ)の中落ち刺身。クロマグロもヨーロッパでいろいろ揉めているしなぁ。食べれるときに食べておかないと。
 で,〆は卵ご飯。醤油ちょっぴり多めが私流。グリグリとかき混ぜていただく。基本の白ご飯が美味しいので,当然,卵かけご飯も旨い。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/14(日)

[ Gourmet ]

イベリコ豚のハンバーグ

 こういう迷惑鉄ちゃんは昔からいたのだろうか?
    毎日新聞:
迷惑鉄ちゃん:「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響 
 イベント列車を撮影しようと線路内に進入する鉄ちゃんが続出。警告しても退去しないためパトカーまで出動する騒ぎになったようだ。
 私は「鉄」ではないが,列車は嫌いではないので,鉄ちゃんも好意的に見ているつもりだが,「鉄子」なんて女性のファンまで現れるブームになると,中には変な奴も混じってくるのか。テレビでも「鉄の勧め」みたいな番組内で,撮影のときに畑などに入っちゃ駄目だよ,と呼びかけていた。ということは私有地に傍若無人に入り込む「鉄」もいるということだよなぁ。一部とはいえ,こういう迷惑行為に及ぶ連中が混じると,鉄ちゃんそのものが排除されるきっかけになるのではないか。そういう一部の連中はどうせ人の言うことなど最初から聞きはしない。鉄ちゃんたちが自警団を作って実力で排除するしかないのではないか。いやしかし,そういう集団行動は,鉄ちゃん自身が一番にがてとする分野か。

 高速バスで大阪−東京間が,なんとワンコイン,500円だという。
    GLOBIS: 東京―大阪間500円!?平成エンタープライズ社の挑戦 
 いつも興味深い記事が載っている連載「それゆけ!カナモリさん」。今回は高速バスだという。500円と言っても1日10席限定の客寄せのキャンペーンで,席を取るためにはホームページをしょっちゅうチェックしていなければいけないようだが,それにしても運がよければ500円。通常料金でも自信のある設定だからできる商売のようだ。

 最近は男だか女だかわかんない連中が増えているなぁ。
    gooランキング: 恥ずかしいからやめてほしいと思う彼女の行動ランキング 
 男としてツレの女がこんなことをしたら恥ずかしい,というランキング。堂々の1位は「電車の中での化粧」だそうだ。日常茶飯のように見かける行為。あれほど無様な行為も珍しいだろう。やってる本人は恥ずかしくないのだろうか。迷惑行為として条例で罰金を科して取り締まって欲しい。
 で,とりあえず「化粧」は普通は女しかしないが,問題は2位以下。「食べ方が汚い」「過去の悪行を栄光として語る」「飲食店などでミスをした店員をどなりつける」「『オレ』『お前』など男言葉を使いたがる」などなど。これ「彼女の行動」だよねぇ。まったく男,それもDQN(ドキュン)男の行動じゃないか。「過去の悪行を栄光として語る」など,中二病丸出し。ああ,うんざりだ。よく付き合っていられるなぁ。
    *
 いつも録画して見ている毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」。吉本の宇都宮まきちゃんのコーナー「こんなん初めて食べました」で,12月に美味しそうな「イベリコ豚のハンバーグ」を食べていた。で,ブックマークしてあったのを思い出して,今日行ってみた(→今日の問い合わせ先)。
 で,そのお店,「炭焼きバール ソルビバ 天満橋店」へ。地下鉄谷町線・京阪天満橋駅下車。駅前を東西に走る土佐堀通を西へ2分ほど。道の南側のビルの地下1階。道沿いに地下への階段があるので分かりやすい(下の写真左)。

   写真:地下への入り口@炭焼きバール「ソルビバ」天満橋店 写真:スペインビール「クルーズカンポ」@炭焼きバール「ソルビバ」天満橋店

 地下の店の雰囲気は,スペイン風の居酒屋というのか。ってスペインへ行ったことがないので分からないのだが,それなりにオシャレ。で,席に案内されて,とりあえずドリンクは,ここはスペインのビールだろうと「クルーズカンポ」(上の写真右)をオーダー。軽い口当たりのビール。ツレは「有機ホワイトグレープジュース」。グレープジュースに「ホワイト」と「レッド」があるのが珍しい。ツレは後で「レッド」も試していたが,味がずいぶん違うとの感想。

   写真:タパス盛り合わせ(8種)@炭焼きバール「ソルビバ」天満橋店 写真:シェリー・フィノ(辛口)@炭焼きバール「ソルビバ」天満橋店

 で,料理だが,スペインの前菜といえば「タパス」だろう。で,いろいろ選ぶのがメンドウなので,盛り合わせで頼む。4種と8種があったが,上の写真左は「タパス盛り合わせ(8種)」。うん,これがバラエティに富んでいて結構いける。タパスだけでも充分酒が飲めるなぁ。オリーブをおつまみに酒を飲んだのは初めてだが,なかなかの異国情緒。で,タパスならシェリー酒だろう,と酒を切り替える。上の写真右は,辛口の「シェリー・フィノ」。ガツンと来る味。

   写真:イベリコ豚のハンバーグ@炭焼きバール「ソルビバ」天満橋店 写真:ベーコンのトルティージャ@炭焼きバール「ソルビバ」天満橋店

 で,いよいよお目当ての「イベリコ豚のハンバーグ」(上の写真左)。ライスを単品で付ける。昼のランチセットだと900円だというが,夜の単品は700円。しばし待って,ジュウジュウと焼けた鉄板の皿に乗って出て来る。で,これが評判通り。旨い。ふわふわに柔らかくてジューシー。白ご飯のオカズにぴったりの旨み充分。ところでこのライスがちょっと変わっている。固くてツヤツヤとしている。炊き方だけでなく,品種そのものが違うようだ。で,上の写真右は一緒に注文したスペインのオムレツだという「ベーコンのトルティージャ」。しっかり火が通ったタイプだが,これも白ご飯によく合う。
 と,小食の2人はこの辺で満腹して,勘定は2人で4647円。
 炭焼きバール SOLVIVA(ソルビバ)天満橋店。住所は「大阪市中央区天満橋京町2-6 天満橋八千代ビル別館地下1階」,電話は「06-6920-3840」。ランチ 月〜金 AM11:30〜PM2:00/ディナー 月〜土 PM5:00〜深夜12:00 日・祝日 PM5:00〜PM10:00,無休。喫煙可。
 リンク→ ぐるなび 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/13(土)

[ Misc ]

凋落

 トヨタの不始末が,最後の一撃となる。
    産経新聞:
【緯度経度】パリ・山口昌子 「メード・イン・ジャパン」が消える日 
 「フランスのメディアは連日,トヨタ問題をトップ級で競うように報道している」という。もちろん名誉な話ではない。トヨタの田舎企業丸出しの鈍感ぶりがあきれられているのだ。特に御曹司社長の無能ぶりに非難が集中しているという。
 日本はもともと人口が多く,したがって国内市場が大きいために,家電など,国際対応や,現地化の努力に欠ける部分があった。それが新興国の追撃を受ける隙となっていた。「メード・イン・ジャパン」の影がフランスでは薄くなってきていたという。しかしまだ自動車では存在感を示せていた。「一流」のブランド力があったのだ。それをトヨタがぶち壊した。世界中から「メード・イン・ジャパン」が消え去る日が来るとすれば,第一の戦犯は,「トヨタ」であり「豊田章男」だろう。

 こういう連中をDQN(ドキュン)とか言うのか,中二病と言うのか。
    ZAKZAK: 国母あわや強制送還 謝罪会見やり直しも反省の色ナシ!? 
 「スノーボード」とかいう競技のオリンピック代表選手が,TPOをわきまえない格好をして物議を醸しているそうだ。「国母」というのはその選手の名前だという。追い討ちをかけるように「謝罪会見」でのふてくされた態度。派遣元では,日本へ送り返せ,と激怒しているそうだ。が,日本選手団団長の橋本聖子(45)の取り成しで開会式に出席させないという穏便な処分で済ましたという。
 いや,甘いでしょう。元々こういう連中は性根が腐っている。「人は見かけが9割」というが,わざわざおかしな格好をするということは内面の表明でもある。この人,見かけ通りの中身なんだろう。自分の金で遊びに行くなら,どうぞご自由に。恥を掻くのはアンタ1人だ。しかし,税金が使われている以上,きちんとしたケジメをつけないと示しがつかないだろう。ましてそのユニフォームには日の丸が縫い付けてあるのだ。

 何を寝惚けているのだ。
    毎日新聞: 竹島問題:米国の防衛義務生じず 政府、答弁書で 
 「政府は12日の閣議で,日韓両国が領有権を主張する竹島について『現在の竹島は現実にわが国が施政を行い得ない状態にある』として,日米安全保障条約の適用外とする答弁書を決定した」という。
 なんとも恐ろしい政府だ。この理屈で言えば,例えば「九州」が,韓国や中国の軍事占領下に置かれれば,当然,九州には日本の施政権が及ばなくなる。では,九州奪還は行なわないのか。韓国の竹島占領に関しては,国際司法裁判所での解決をも韓国は拒否している。当然だ。国際的な場に出せば,韓国が負けるに決まっている,ということを韓国自身が一番よく知っているからだ。ここに来ては,軍事的オプションを含む,韓国懲罰を早急に検討すべきだ。

 ネットラジオというのは,全世界で自由に視聴できるものではないのか。
    毎日新聞: ラジオ:ネットで番組配信 在京、在阪13局本格参入 
 既存のラジオ局が,放送をそのままネットで流すためには,放送免許や著作権などの問題があったという。が,ここへ来て,特定のエリアでしか,パソコンでネットラジオを聞けないシステムが開発されたという。例えば毎日放送ラジオならば,放送免許の「大阪,京都,兵庫,奈良」でしか毎日放送のネットラジオを聞けないのだという。いったいどういう技術なのか。IPアドレスに位置情報など付いていないと思うのだが。

   写真:しょうゆラーメン@ニンニクラーメン「はなみち」 写真:餃子@ニンニクラーメン「はなみち」

 テレビで吉本の大食い女優・マキちゃん(宇都宮まき)がホルモンを食べていた。〆のラーメンが旨そうだった。ホルモンには興味はないが,そうなるとラーメンが食べたくなる。で,今日の夕食は,地下鉄我孫子(あびこ)駅前のニンニクラーメン「はなみち」で「しょうゆラーメン」680円。+300円で餃子セット(餃子・白ご飯・漬物)を付ける。久しぶりだが,とろとろの叉焼が旨い。麺もスープもまあ水準。餃子は味にインパクトが欠けるが,ご飯のオカズにはそれなり。というか,今日の白ご飯は炊き加減が抜群だった。旨い。満足。100円引きのサービス券を使って880円の夕食。勘定をしたらまたサービス券をくれた。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/12(金)

[ Misc ]

パンダ強盗

 こういうのを世間では強盗と言う。
    毎日新聞:
上野動物園:パンダ復活で街も復活…人気回復の切り札に 
 今,日本のパンダは神戸と白浜にいるだけで,近畿圏以外にはいない。で,人気で北海道旭川市の旭山動物園に迫られている上野動物園が,目玉としてパンダを中国から年95万ドル(約8500万円)でレンタルするそうだ。ずいぶん張り込んだものだが,東京都知事の石原は「5万ドルも値切った」と胸を張ったそうだ。
 しかし現在,中国国内ではパンダは絶滅している。中国人の乱獲が原因だ。現在唯一パンダが生息しているのはチベット。パンダの保護センターがある「四川省」も中国がチベットから強奪した土地で,本来はチベット領。つまりパンダは中国のチベット侵略の象徴なのだ。チベット人から強奪したパンダで中国が金儲けをする。これを強盗と呼ばずして何と呼ぶ。

   写真:初鰹のタタキ@竹宗

 晩酌のアテは,初鰹のタタキ。先月もいただいたが,今日のは脂こそ乗っていないが,身が締まって旨かった。
 で,年に一度の企画。酒蔵で朝絞った新酒をいただこうという「今朝しぼり」を今年もいただく(丹波の鳳鳴酒造の純米吟醸酒)。上品な甘さに旨みがたっぷり隠れている。いやいけますよ。1杯試しにと思っていたが,思わず杯を重ねる。それにしても歳のせいか,めっきり酒に弱くなった。今日は,缶ビール1本(サッポロ・クラシック)に日本酒二合。それで,帰ったらテレビを見ているうちに寝込んでしまって,朝までぐっすり。寝過ぎで目が張れぽったい。おかげでこの日記も翌日書いている。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/11(木)

[ Misc ]

紀元節

 「建国記念の日」の祝日。昔風に言うと紀元節の旗日。昨日の夕方の雨から気温が下がって,今日は冷たい雨の休日となった。
 ところで昔の「紀元節」は日付が違っていたらしい。宮中行事としても戦後復活していないとか。制定のときのゴタゴタもそうだが,目出度さも半分か。まあいずれにしても,確か西暦1940年が紀元2600年(零戦の年)だから,今年は紀元2670年と言うことになる。

 ここは,亀ちゃん頑張れ,と声援しておく。
    毎日新聞:
亀井静香氏:「夫婦別姓」にも反対表明 
 亀井静香大臣が講演で「(永住外国人の地方選挙権と選択的夫婦別姓の2つは)国民新党が反対するので、絶対に成立しない。法案提出も私がノーと言えばできない」と話したと言う。夫婦別姓は別にどちらでもよいのだが,「永住外国人の地方選挙権」をきっぱりと拒否した。その言や良し。
 ところで数年前から自民党の河野太郎などが「重国籍法案」を画策しているという。現在,日本では二重国籍を認めていない。たとえば韓国籍の在日朝鮮人が日本に帰化する場合には,韓国籍を捨てなければならない。また片親が外国人の場合には22歳までにどちらかの国籍を選ばなければならない。これを廃止しようというのだ。どうなるか。たとえば韓国籍の朝鮮人が韓国籍を維持したまま,日本国籍をも持つことになる。日本国籍を持てば,参政権(選挙権・被選挙権)も持つことになるし,日本の国家意思を左右する公務員にもなれる。これでは外国のスパイを身中に引き入れるに等しい。まったくの売国法案だ。
 民主党といい,自民党といい,ロクでもない議員が多過ぎる。

 ビールを飲めば,骨が強くなり,骨粗しょう症を予防する可能性があるという。
    ロイター通信: 訂正:ビールが骨強くする可能性、ケイ素多く含む=米研究 
 ビールに含まれるケイ素(シリコン)が効果を発揮するらしい。最もケイ素の含有量が高いのはペールエールで,ノンアルコールビールやライトラガー・小麦ビールはケイ素含有量が少ないという。「大麦麦芽とホップを多く含むビールは,ケイ素も多い。ケイ素が多く含まれるのは大麦の外皮の部分で,小麦には比較的少ない」そうだ。ただケイ素と骨密度の関係が,このニュースでは良く分からない。

 いや,油揚げ貰っても別に嬉しくない。
    毎日新聞: 雑記帳:バレンタインデーには「油揚げ」…ハート形です 
 最近バレンタインに便乗して,チョコレート以外の業界も色々考えているみたいだねぇ。まあ確かに男は普段はチョコなどあまり口にしないか。しかしその非日常もまたいいのかもしれない。いくらハート形とはいえ「油揚げ」貰ってもねぇ。

   写真:

 木曜日とて,週刊漫画誌「モーニング」の発売日,かつ個人的「粉もんの日」。今日はちょっと足を伸ばして,地下鉄我孫子のお好み焼き屋「カクショウ」へ。今日の「粉もん」は,「スジコン玉」880円。具が牛スジとコンニャクのお好み焼き。たっぷりの牛スジは甘く煮込まれている。これが結構いける。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/10(水)

[ News ]

朝鮮学校

 そんな金があったんだ。
    産経新聞:
北、朝鮮学校に460億円送金 昨年も2億…高校無償化に影響 
 日本から北朝鮮に金を送っていたのかと思ったら,その逆の話。北朝鮮が在日朝鮮人学校の反日教育を強化しようと資金を出していたという。北にとって日本での反日教育は,核開発やミサイルなみに重要なのか。まあ,日本の朝鮮人からは北朝鮮本国に多額の送金をしているという。その一部を「将軍様の恩恵」として還流させているのだろう。しかしこの金,朝鮮学校にきちんと分配されているわけではないらしい。
 で,産経新聞が問題にしているのは,高校無償化。民主党はどうやら反日教育を続ける朝鮮学校にも日本人の金を配るらしい。それは筋が違うだろう。韓国系の民族学校も含め,それぞれ韓国政府・北朝鮮政府が援助すればいい話。反日教育は自分の金でやれよ。

 中国では嫁は買うものらしい。
    朝日新聞: 「7万8千円で妻を買いました」 脱北、売られ中国人妻 
 中国では,若い女性の誘拐が頻発しているという。誘拐業者が跳梁跋扈していて,嫁不足の農村に「労働力」兼「性奴隷」として売り飛ばすのだ。最近では隣国のビルマ(ミャンマー)あたりまで誘拐の魔の手を伸ばしているというニュースがあった。
 もともとそういう「嫁を買う」という土壌があったればこそだろう。北朝鮮の女性をもまた騙して中国に「脱北」させ,中国人に売り飛ばす業者がいるという。どっちの国も,どっちもどっちだなぁ。

 まだまだ出て来る不具合。
    毎日新聞: トヨタ:「カムリ」7700台をカナダと米国でリコール 
 今度はブレーキ・チューブが破損してブレーキオイルが漏れるという不具合だという。これも命に関わる重大事故を起こす危険がある。いったいトヨタの品質管理はどうなっているのか。
 最近,トヨタの御曹司社長自らがワシントンポスト紙に寄稿して,反撃に乗り出したというが,一度失った信頼はそう簡単には取り戻せないだろう。まあ積極的に世界で主張するのは良いことだ。日本人は戦前からそういうことが苦手だった。中国や韓国などは嘘八百を並べ立てて,「南京虐殺」や「竹島」などと虚偽に満ちた反日宣伝を繰り返している。その点,日本人は本当のことを言えばいいだけだから楽だ。もっともトヨタは解体的出直しが必要だろうが。

   写真:富山湾氷見産の天然寒ぶり@竹宗

 晩酌のアテは,旬の寒ぶり。富山湾氷見産の天然物だ。養殖に比べると脂がしつこくない。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/09(火)

[ News ]

反面教師

 言われちゃったよ。
    毎日新聞:
トヨタリコール:同友会代表幹事「反面教師。教訓ある」 
 「グローバル企業」としての心構えのできていない,単なる名古屋の「田舎企業」だったんだよね。そこへ無能な「御曹司社長」で問題が一気に噴き出した。ここは現経営陣の首を飛ばして,外部から有能な人材を導入するしかないのでは? とにかく経営判断にスピード感がない。
    毎日新聞: トヨタ:社長、訪米検討 リコール問題 
 社長がアメリカへ行くかどうかと,この期に及んでブツブツ言っているようでは駄目だ。
 品質管理問題は,「リストラ」「リストラ」で人材が枯渇し,更には社内の風通しが悪くなって現場の判断が硬直化しているのではないか? 現場の有能な人材も,うかつにものの言えない嫌な雰囲気が社内に充満しているとか。

 サントリーは別に上場などする必要ないのではないか。
    毎日新聞: サントリー社長:株式上場「必要に迫られれば考える」 
 ノエビアやトヨタなど2代目・3代目の御曹司が,箸にも棒にもかからない例もあるが,同族企業だからといって一概に悪いとは限らない。サントリーは同族企業の良い面が上手くまわっている例ではないか。キリン如きと合併する必要もなかった。上場企業になったらサントリーの良い面がなくなってしまう危険がある。
 ところでノエビアのストーカー副社長。いや即座に首が飛んだから元副社長か。日経新聞によると妻子がちゃんといるとの話。ますますどうしようもない。ノエビアって創業者のオヤジが会長,長男が社長,で件の副社長は次男だったんだってね。これはもう個人商店のレベルだなぁ。まあ企業として上手くまわっているならいいんだが,次男はタガがはずれていた。ネットでは悪い噂が飛び交っている。しかしまあ子会社社長の特権振り回して,中年男が部下の20代の女の子に手を出し不倫。その部下の女の子に逃げられれば,未練たらしく追っかけまわしてストーカー容疑で逮捕。大倉尚よ,女房子供が恥ずかしくて泣いているぞ。

 今や「元」横綱の朝青龍。ってシコ名ももう使えないのか,「元朝青龍」と呼ばなければならないのか。
    ZAKZAK: 朝青龍“想定外”に大荒れ? 暴行事件で聴取の可能性も 
 ハワイでゴルフで憂さ晴らし中の朝青龍。一件落着とはいかないのか。
 ところで昼食をとった近所の喫茶店で読んだ週刊誌「SPA!」(元・週刊サンケイ)の記事。示談となった「被害者」側に渡った示談金は2千万とか書いてあった。が,どうもこれがアチラの関係者だったようで,実際には更にその2倍以上の金額が裏の世界に流れたのではないかという。横綱としてそういう付き合いはどうよ。まあもう「元」だけど。

 なんだ,そういうシカケか。
    毎日新聞: 磯谷香代子議員:「フリーター」実は「資産家」 
 「フリーター」が国会議員になったと話題になった民主党の磯谷香代子。実は母親が資産家で,選挙の時にはすでに遺産相続をしていたという。「フリーター」でもなんでもないじゃん。今や株式投資にも熱心らしい。まあ結構なことだ,と言っておきましょう。
    *
 夕食は寿司。地下鉄我孫子(あびこ)のいつもの寿司屋「寿し兆」(地図)にて。

   写真:本鮪のトロ@寿し兆 写真:北海道産ウニ@寿し兆

 まずは,好物のトロ・ウニ・玉子から。トロは本鮪。ウニは北海道産。で,写真はないが,ここの玉子は自家製で旨い。

   写真:ふぐ@寿し兆 写真:八戸産サバのバッテラ@寿し兆

 後はフグをいただき,〆にバッテラ。フグの握り2貫にフグ皮の湯引きの軍艦巻が付いて300円は安いなぁ。フグの握りはポン酢でいただく。バッテラのサバは八戸産。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/08(月)

[ News ]

時効廃止

 基本的にはいいことなんで,大賛成なのだが。
    毎日新聞:
殺人時効:廃止答申へ 今国会にも刑訴法改正案 
 「殺人罪の公訴時効を廃止し,傷害致死罪など殺人以外で人を死亡させた罪の時効期間を倍に延長する」そうだ。早ければこの夏にも施行される見込みだという。また既に起こった事件もまだ時効が成立していなければ,遡及して適用するという。大変良いことだ。しかしまだ片手落ちな部分がある。
    毎日新聞: 殺人時効:ひき逃げ死亡遺族からは不満の声 
 人を死亡させた犯罪のうち
    殺人や強盗殺人など法定上限が死刑に当たる罪: 現行の25年 → 改正で時効廃止
    強制わいせつ致死など上限が無期懲役刑に当たる罪: 15年 → 30年
    傷害致死や危険運転致死など上限が懲役20年に当たる罪: 10年 → 20年
    自動車運転過失致死や業務上過失致死などその他の懲役・禁固刑に当たる罪: 5年 → 10年
と延長される。しかし「死亡ひき逃げ」は,おおむね自動車運転過失致死に当たり,5年が10年に延長されるだけなのだ。これでは相変わらず「逃げ得」の解消にはならない。たとえば泥酔して人をひき殺した場合,その場で申告するよりも,逃げて万が一捕まっても酔いが醒めていれば,その方が罪が軽いのだ。これは逃げるだろう。ひき逃げの更なる厳罰化と,時効の延長・廃止が望まれる。「死亡ひき逃げ」は,遺族にとっては「殺人」とまったく同等なのだ。

 死刑容認の世論がますます高まっている。
    讀賣新聞: 死刑容認、過去最高の85・6%…内閣府調査 
 内閣府の調査によると,「どんな場合でも死刑は廃止すべきだ」という声はわずか5.7%。それも2004年の前回調査よりも更に減っているという。「死刑執行」は国民的世論と言ってもいい。しかし民主党が政権を取り,千葉景子が法務大臣になってから,まだ1件も死刑は執行されていない。個人的に「死刑廃止」の意見を持つのは,千葉景子の勝手だろう。しかし,死刑執行は法務大臣の職務。国法をないがしろにする人物が法相の椅子に座ることは許されない。千葉景子は直ちに法相を辞任せよ。自発的辞任がないのならば,鳩山首相の任命責任が問われる。直ちに更迭すべきだ。

 おぞましき品性。これが中国クォリティ。
    ロイター通信: 中国でメラミン汚染粉ミルク72トン押収、廃棄せず使い回し 
 例の中国製毒入り餃子事件の時に,廃棄のために出荷禁止となった冷凍餃子を中国国内に流通させ,新たな中毒事件が中国国内で発生したという事件があった。これで毒餃子は中国国内で毒を盛られたことが明確に判明したわけだが,相変わらず同じようなことを繰り返しているらしい。
 2008年に,メラミン混入の毒入り粉ミルクが中国国内に出回り,少なくとも子供6人が死亡,約30万人が治療を受けた。その毒入り粉ミルクは破棄されたのか? 否。包装し直した上で販売されているそうだ。それも1件や2件ではなく中国国内で摘発が頻発しているという。当局の摘発を逃れて流通している毒入り粉ミルクは相当な量に上るだろう。
 これだから,中国製は信用できない。日本政府は直ちに中国製食材の輸入を全面禁止すべきだ。

   写真:風呂吹き大根@竹宗 写真:本鮪(クロマグロ)の中おち刺身@竹宗

 日が暮れるといつもの如く街に出て晩酌。今日は地下鉄我孫子(あびこ)の炭火焼処「竹宗」。
 とりあえずの突き出しは,熱々の「風呂吹き大根」(写真左)。味がよくしゅんでいる。で,今日の酒のアテは「本鮪(クロマグロ)の中落ち刺身」(写真右)。形は悪いが味はいい。先日も書いたが,なにやら大西洋・地中海ではクロマグロ漁の雲行きが怪しい。まあ食べられるうちに食べておこう。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/07(日)

[ News ]

酷評

 会社を潰す典型的な三代目。
    産経新聞:
「ウッズのよう」トヨタ社長会見、米メディア酷評 不信払拭ならず 
 やっと出て来てたはいいが,地元名古屋に籠もっての謝罪会見をしたトヨタ社長の豊田章男。これをアメリカのメディアは酷評をもって伝えているという。
 一番の批判は「対応が後手に回り,悪い知らせを早く知らせることを怠ってきた」ことだろう。数年前から欠陥を把握していたのに,対応を怠り,悲惨な死亡事故を受けてアメリカでの批判が高まってからやっと動き出す。それも当局にせかされてからしぶしぶだ。これでは信頼をなくす。新たに発覚したプリウスの欠陥についても
    讀賣新聞: 新型「プリウス」国内全車リコールへ 
と,クレームを受けて新車はこっそり改善したが,既存のプリウスについては頬かむりを決め込み,世論の懸念に押されてやっと動き出す。それでもリコールは日本だけで,アメリカについては未定だと言う。意思決定が遅すぎる。すべては御曹司社長の「無能」を示すのではないか。トヨタ自動車創業の豊田喜一郎から数えて三代目。無能な三代目が会社を潰すという話は,世間ではよくあることだ。周りの番頭連中も御曹司をちやほやするだけで,もっぱら自らの保身を図っているのではないか。「10日の下院公聴会に出席しないのかと尋ねられた豊田社長は『誰がトヨタから出席しようとわれわれの声は一つ』とかわした」そうだ。この期に及んでこの言い訳。社長自ら飛んで行って謝罪するのが筋だろう。「CEOの責任を果たすならば,彼はそこへ行くべきだ」。ニューヨーク・タイムズはこんな識者の声を掲載したという。更にアメリカのユーザーへのメッセージを求められて一言「プリーズ・ビリーヴ・ミー(どうか信じてほしい)」。トヨタの何を信じろと言うのか。

 何事もブームになると,変な奴が目立ちだす。
    讀賣新聞: 皇居ランナー、マナー守って…5か所に立て看板 
 皇居外周をジョギングするランナーたちのマナーの悪さが問題になっている。傍若無人に走り回り,散策を楽しむ歩行者の脅威になっているという。特に酷いのが集団で走る連中。世の中にはとかくつるまないと何も出来ない類の人種がいるが,こういう連中がいったん集団になったときが一番手に負えない。

 まあこの人は所詮は手下に過ぎないから。
    毎日新聞: 石川知裕議員:辞職せず 支援者に意向伝える 
 自分としては親分(小沢一郎)に言われてやっただけなのに,せっかくつかんだ議員の椅子を棒に振るのは間尺に合わないと思っているのだろう。
    毎日新聞: 毎日新聞世論調査:小沢氏 幹事長「辞任すべきだ」69% 
 世間も誰の指示かは分かっている。

   写真:豚バラ肉のトマト煮込み@ストラピエーノ 写真:じゃが芋のニョッキ・ゴルゴンゾーラソース@ストラピエーノ

 地下鉄我孫子(あびこ)のイタリアン・バール「ストラピエーノ」で晩酌。
 上の写真左は,黒板メニューから「豚バラ肉のトマト煮込み」980円。椎茸・ニンジンなど野菜たっぷりでなかなかヘルシー。八角とオレガノが程好く効いていて,食欲をそそられる。豚バラ肉はとろとろに煮込まれていて,旨い。
 上の写真右も黒板メニューの「じゃが芋のニョッキ・ゴルゴンゾーラソース」880円。この前食べて気に入っていたメニュー。ゴルゴンゾーラソースのまったりとした旨みと,ニョッキのもっちりとした食感がよく合っている。
 と,大満足で,生ビールにグラスワインの赤を2杯飲んで,勘定は3060円。
 Italian Bar STRAPiENO イタリアン・バール ストラピエーノ。大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3・4番出口より東へ2・3分,二つ目の信号を越えた先,道の南側。住所は「大阪市住吉区苅田9-2-18 あびこマンション1F」,電話は「06-7897-6111」。営業時間「5:30pm〜12:00pm(L.O.11:30pm)」,月曜定休。喫煙可。
 リンク→ 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/06(土)

[ Gourmet ]

サビ抜き

 くにしろさんのブログ「Diary 9246 :: That's 談」の2月6日付けの記事「
寿司をサビ抜きで食ってうまいんだろうか」より。元記事はこちら。
    毎日新聞: 味覚:「辛み」「苦み」若者敬遠 好みは「マイルド」、成熟せず成長か 
 最近の20代の若者の中に「わさび入りの握り寿司」を食べられない人が増えているという。なんか子供みたいだなぁ,というのが第一印象。記事のトーンも,きちんと成熟せずに歳だけ喰った若者が増えているのが嘆かわしい,といった風。ファミリーの需要の多い(つまり子供の客の多い)回転寿司などでは,最初から全てサビ抜きで,わさびは自分で付ける店まで現れているそうだ。そういう店でもサビ抜きで食べる若者が増えているそうだ。知り合いの朝鮮族の若者なども実際,朝鮮料理は極端に辛くして旨い旨いと食べているのだが,寿司のわさびとしょうがは苦手だと言う。どこが違うのか分からない。
 でも,なんかなぁ。日本の食文化が変質して行くような気がする。私も関西人だから,「薄味」で素材の旨みを生かした料理というのが好ましいのだが,薬味はそれとは違うだろう。スーパーや回転寿司の安いわさびしか味わっていないから,わさびが苦手になるのか。そういえばあんなに旨い「うに」も苦手だという若者がいる。安いウニは確かに明礬臭くて食べられないから,最初に回転寿司でそういうものに出会うと,苦手意識が生まれるのかもしれない。
 ところでお造りのわさび。マンガ「美味しんぼう」のエピソードを読んでからは,醤油に溶かずに,刺身にわさびを直接付けて食べているんだが,ときどき無性に醤油でわさびを溶きたくなる。通の蕎麦喰いが,死ぬ間際に,ツユをたっぷり付けて食べたかった,という心理と同じか。と,これは別の話。

 総論賛成,各論反対。
    朝日新聞: 郵政の非正規20万人を「正社員に」 亀井担当相 
 また亀ちゃんが過激なことを言っている。郵政グループの正社員は約23万1千人に対して,非正規従業員(派遣社員含む)は約20万5千人もいるそうだ。この非正規従業員を正社員として雇えと言う。
 いや実際,正論だよなぁ。派遣切り問題を解決するためには,大企業が正社員をキチンと雇う仕組みを作っていかなければならない。今を時めく大企業の利益だって,直接あるいは下請けを通して雇用している非正規の労働者を低賃金で使い捨てにすることの上になりたっているんだろう。こういう「小泉改革」の残滓は徹底的に叩き潰していかなければならない。我々日本人がデフレで安い製品の恩恵を授かっているのも,こういう非正規労働があったればこそ。後ろめたい気持ちもある。
 しかし,特定の企業に極端な負担を強いるのは非現実的だ。まあ,「財界総理」などと持てはやされていい気になっていた悪徳経営者の会社,トヨタやキヤノンが強いられるならザマアミロという気もするが,それは冗談。国全体として非正規やワーキングプアをなくしていく方策を取るべきだろう。

 まだやってるよ。
    毎日新聞: シー・シェパード:抗議船が日本の調査船と接触 南極海 
 こういう狂信的人種差別主義者のテロ集団には遠慮することはない。本来「海軍」とは海賊退治が起源だろう。実弾を装備した護衛艦を派遣すべきだ。新たな「対テロ特措法」を作って,テロリストとして処断すべきだ。
    *
 久しぶりに本格中華が食べたくなって,東心斎橋,鰻谷北通りのセブンイレブンの2階にある「香港海鮮飲茶樓」(ぐるなび)へ。

   写真:ピータン@香港海鮮飲茶樓 写真:海老の桂花醤炒め@香港海鮮飲茶樓

 最初にまわってきたワゴンから「ピータン」(上の写真左)を取る。で,料理の方は毎回同じものを食べている気がするが,「海老の桂花醤炒め」(上の写真右)。好物なんだよなぁ。甘辛い味に深みがある。

   写真:椎茸と青梗菜の炒め@香港海鮮飲茶樓 写真:高菜の蒸し餃子@香港海鮮飲茶樓

 上の写真左,「椎茸と青梗菜の炒め」。これも良く頼む。
 で,「飲茶」なんだから点心も食べなくてはと,上の写真右は「高菜の蒸し餃子」。これは初めて。あっさりしている。

   写真:カニ入り蒸し餃子@香港海鮮飲茶樓 写真:カニシューマイ@香港海鮮飲茶樓

 続けて,「カニ入り蒸し餃子」(写真左)。ここの蒸し餃子は,皮が旨い。で,最後に「カニシューマイ」。本格中華は,テーブルに練り辛子がないのが寂しい。頼めば出てくるかもしれないが,まあ中国人風にそのまま食べる。
 生ビール(プレミアムモルツ)飲んで,紹興酒飲んで,中国茶を飲んで,〆にサービスでタビオカ入りココナッツミルクをいただいて,勘定は2人で6480円。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/05(金)

[ News ]

御曹司登場

 やっと御曹司登場。って遅過ぎないか。
    毎日新聞:
トヨタ:豊田社長が会見で陳謝 「大変大きな問題」 
 やっとトヨタ自動車の社長・豊田章男が謝罪会見を開いた。しかし名古屋で細々とだ。何のために中部空港を作ったのだ。何のために留学していたのだ。早い段階でアメリカへ乗り込んで謝罪し,説明責任を果たすべきではなかったのか? 公聴会に呼び出されてからでは遅い。今からでも直ぐにアメリカへ飛ぶべきだ。
 それにしても,なかなか姿を見せない社長に,ネットでは,今回の問題で寝込んでいる,とまで囁かれていた。創業者の豊田佐吉→豊田喜一郎→豊田章一郎→豊田章男と続く直系のひ弱な4代目。所詮は「豊田商店」か。世界のパナソニックなど,松下幸之助の孫が社長候補などという話を聞いたこともない。このままでは「世界のトヨタ」ならぬ「名古屋のトヨタ」で終わってしまうだろう。

 本来なら日本国内で生産して輸出すべきなんだろうが。
    毎日新聞: スズキ:中国で生産の「アルト」で油漏れ リコール届け出 
 日本で生産すべきなんだろうが,それではコスト的にとてもたちうちできない。ドイツVW(フォルクス・ワーゲン)と包括提携して,トヨタ・GMを抜いて世界最大の自動車メーカーとなったスズキにしても中国ではこの体たらく。他のメーカーも中国製では次々と不具合を出している。トヨタの不具合にしてもアメリカ現地生産だから。日本式品質管理の手法は世界では通用しないようだ。まあ我々日本人としては,どうせ国産車しか乗らないのだから,国産さえしっかり作ってくれれば良いのだが。しかし,電器のように,中国生産の逆輸入なんて時代が自動車にやってくれば,これは命がいくつあっても足りなくなるなぁ。

 まずは次のYouTubeの動画。インタビューを受けている人物の右耳の左で小さく向こうに写っている後姿の人物。パソコンでメーラーをチェックしているらしい人物に注目してご覧下さい。
    YouTube: Worker looking at nude photos in background (注意:音が出ます)
 同僚が後ろでテレビ取材を受けているのに気付かなかったのか。この人物,仕事中にパソコンでヌード写真を見ていたのです。その場面がテレビを通じて放映されてしまった。オマケに別の同僚に注意を促されたのか,最後の最後に振り返って顔まで晒してしまった。あっちゃー。
 詳しい顛末はこちらの記事を参照。
    gooニュース: 職場でヌード写真を開いた姿がテレビ中継されてしまい… 
 「惻隠の情」というか「武士の情け」というか,穏便な処分で済んだようですが。

 侵略強化の宣言。
    毎日新聞: 中国:新疆独立派の封じ込め強化 ウルムチ市長が表明 
 東トルキスタン(中国名「新疆」)の首都ウルムチ。そこの「市長」とか称する人物が,中国による軍事占領を更に強化すると宣言した。これはウイグル人虐殺を強化するという宣言だろう。日本の侵略は過去の話,だが中国の侵略・虐殺は現在進行形だ。現代を生きる我々には,過去の侵略を止めるすべはない。しかし,今現在行なわれている侵略・虐殺は止めることができる。国連を通じて中国に対して,「実効性のある」懲罰を今すぐ行なうべきだろう。

 おぞましい話だ。
    産経新聞: ミャンマー北部で女性誘拐急増 嫁不足の中国で売買 「産業化」懸念 
 中国国内で,若い女性の誘拐が頻発している,それを専門とする業者が存在するというのは有名な話。嫁不足の農村に「労働力」兼「性奴隷」として売りさばくのだ。一体いつの時代の話だ,ということが広く行なわれているのが現代中国。しかし,遂に国内だけでは飽き足らず,隣国にまで手を広げだしたという。このような国が現代に存在するということは,人類の一員として恥ずべきことだ。

   写真:若狭名産「小鯛の笹漬け」@竹宗 写真:たっぷりカニカマ押し寿司@セブンイレブン

 晩酌のアテは,若狭名産「小鯛の笹漬け」。あっさりと漬かっていて,身がもっちりとコクを出している。
 朝食のサンドイッチを買いに寄ったセブンイレブンで見かけた新商品。おにぎりの棚に並んでいた。「たっぷりカニカマ押し寿司(マヨネーズ入り)」。なかなかにチープな味わいで旨い。マヨネーズとカニカマも合うなぁ。「カニマヨ」といったところか。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/04(木)

[ Misc ]

絶対領域

 なんか意味不明な世界だなぁ。
    gooランキング:
男性が思う「実は○○フェチ」ランキング 
 gooが日替わりでやっているランキング。今回は「フェチ」だという。順位は順に:
    1.絶対領域 2.健康的な太もも 3.声 4.小さい胸 4.におい
    6.大きなお尻 7.下唇 8.小さい手 9.鎖骨のくぼみ 10.上唇
だという。(4位は同率)
 この1位の「絶対領域」というのが分からない。解説を読むと「ミニスカートなどのボトムスとニーソックスの間にある太ももが露出した部分を指す言葉で,もともとはオタク業界で使用されていた言葉。この《絶対領域》には黄金比率も存在しており,『ミニスカート(ボトムス)丈:絶対領域:ニーソックスの膝上部分』の比率が『4:1:2.5』になることが理想とされている」という。
 いや解説を読んでも良く分からないのだが,要するにミニスカートとひざ上まである靴下の間にチラリと見える太ももの下部ってこと? うーん,なかなかコアだねぇ。「健康的な太もも」だとか「大きなお尻」ならオジサンにも理解できるのだが。

 殿の思し召しも目出度く。
    讀賣新聞: 全国ピアノ1位の高2訴え、橋下知事が予算増額 
 大阪府知事の橋下が,女子高生に言われて,府教委が要求もしていない予算3千万円をポンとつけたそうだ。なんとも独裁者気取り。本当に偉い人は「よきにはからえ」と,部下の創意工夫を競わせるんじゃないのか。

 さすがはフランス。日本もかくありたいねぇ。
    毎日新聞: フランス:妻にブルカ強制のモロッコ人男性に国籍与えず 
 フランスの価値観を認めない者をフランスは受け入れないという毅然とした態度。本来こうあるべきだ。日本も帰化の条件に,日本の価値観を尊重することを求めるべきだ。もちろん当然,日本国家への忠誠は最低条件だろう。

 「節分寒波」と言うのか,寒い。食事に出かけるのも億劫だ。まあ今が一年で一番寒い時期だから当然と言えば当然だが。しかし,来週は雨とともに急に暖かくなるという。「冬来たりなば春遠からじ」の立春。

   写真:ねぎ焼き(焼き始め)@七つの壁 写真:ねぎ焼き(出来上がり)@七つの壁

 で,今日の夕食は「粉もん」。昨日食べ過ぎたので今日は軽く「ねぎ焼き」をいただく。今日もポン酢味をチョイス。週刊漫画誌「モーニング」の最新号を読みながら,ビール片手にまったりとした一時。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/03(水)

[ News ]

トヨタの謝罪

 トヨタは本当に危機感があるのか。
    毎日新聞:
トヨタ副社長 大規模リコールで国内初会見、謝罪 
 なぜ御曹司自らが出て来て謝罪しない。そして陣頭指揮しない。「今回の一連のリコール問題について、幹部が国内で会見して説明するのは初めて」だという。遅きに逸した感がある。しかも出て来たのは「品質保証担当の副社長」。「顧客第一」と言うが本当か。顧客よりもまず「お家第一」なのではあるまいか。この辺にトヨタの体質が如実に表れている。従業員や下請けは使い捨て。顧客の安全よりも会社の儲けが最優先する。アメリカでの対応も後手後手にまわり,当局に尻を叩かれてやっと動いたという有様ではないか。アメリカでの1月の販売は一気に大幅減だという。全てトヨタ自身の体質が招いた自業自得だ。
    gooニュース: トヨタは隠さずとも隠れていたのだと英語メディア 
 この記事でこんな悲劇が紹介されている:
……昨年8月28日にカリフォルニア州サンディエゴ近くの高速道路から入った緊急電話の内容が生々しく書かれているのです。スピードが出過ぎて制御不応になった車内から、パニック状態の男性の声で、
「レクサスに乗ってる……125号で北に向かってて、アクセルが固まってる…大変だ…ブレーキが利かない…もうすぐ交差点だ…つかまって…つかまって祈って…祈るんだ…」
この通話は、大きな衝突音で終わったというのです。乗っていた非番中の高速警察警官と妻、娘と義理の弟の計4人は全員死亡。フェンスに激突して横転炎上した車は、トヨタのレクサスES350だった。……
この悲劇は,次はあなたの乗っているトヨタ車で起こるかもしれない。けっしてアメリカだけの話ではない。
    毎日新聞: トヨタ:プリウス苦情、日米で190件 
 プリウスのブレーキが突然効かなくなるという。このプリウスは日本でもアメリカでもまだリコールされていない。今日も街を走っているのだ。

 なんかヤバイことになりかけてるなぁ。
    毎日新聞: クロマグロ:国際取引禁止 仏が同意 
 日本は,刺身や寿司で世界のクロマグロ(本鮪)の8割を消費しているという。が,ここに来て,白人諸国の間でクロマグロの国際取引をワシントン条約で禁止しようとする動きがある。今のところ大西洋と地中海が対象のようだが,この海域からも日本は多くのクロマグロを輸入している。多大な影響があることは確かだ。

 お間抜けな男の話。
    毎日新聞: 窃盗:下着盗みました…被害者ブログにメール、発覚 
 下着泥棒が,被害者の高校1年の女子生徒にメールを送って,メルアドから足が付いて逮捕されたそうだ。記事の「ブログにメールを送る」という表現が意味不明なのだが,ブログのページに女子生徒のメルアドが書いてあったということか? どうもこの記事を書いた井上秀人という記者,インターネットにあまり詳しくないようだ。

   写真:本鮪の中トロ刺身@竹宗 写真:恵方巻(太巻き)@寿し兆

 晩酌のアテは,本鮪(クロマグロ)の中トロ刺身。食べれるうちに食べておかねば。
 で,節分恒例の恵方巻。例年ならセブンイレブンの恵方巻で済ませるのだが,今年はいつもの寿司屋「寿し兆」の太巻き。通常サイズなので,結構なボリューム。とりあえず今年の恵方「西南西」を向いて丸かぶり。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/02(火)

[ News ]

高速無料化

 こういう形で発表されると,ついあそこを走るときは無料なんだな,と期待してしまうが。
    毎日新聞:
高速無料化:地方中心37路線 6月実験開始 
 バイクでツーリングに出かけた場合など,無料化はありがたい。グローブをはめているし,料金所での支払いはバイクでは煩わしい。貰ったつり銭などもとりあえずウェストバックに放り込み後で整理する。そういう手間がなくなるのはいいんだが。
 しかし基本的には,無料化はどうよ。受益者負担が原則ではないのか。それを税金で負担するという。どうも民主党の政策は,票欲しさなのか,目に見える形でのバラマキばかりだ。これで何年後かの消費税率引き上げなど,とんでもない話だ。物流コストが下がるというが,それだって受益者負担の範囲だろう。
 自民党時代から,一極集中による地方の切捨てが酷過ぎた。民主党の政策はそれを更に加速しているように見える。地方ではまだまだ道路が必要だ。それを都会ではもう充分道路を作ったから,これ以上は止めます,では通らない。いよいよこれから地方を整備しようとする段階でハシゴをはずすようなものだ。
 大都市圏の料金収入で地方の必要な道路を整備するべきだ,と言うとそれは従来の構造だと言われるが,今までの不透明な土建優先の発想を転換した形で続けるべきだと考えるのだ。政治家の利益誘導や,土建ありきでの発想ではなく,国土の均等発展と地方の生活重視の視点で,道路を整備していくべきだ。地方の道路は採算があわないからといって中止しておきながら,どうせ大都市圏では,渋滞緩和とか言ってこれからも道路を作り続けるのだろう。それは地方の切捨てだ。不便が嫌なら,故郷を捨てて都会出て来いと言わんばかりのやり口だ。今回の「実験」の範囲程度なら,かえって地方の発展には好影響を与えるかもしれないが,大都市圏では料金を取り続けるべきだ。

 「ノエビア」と聞くと,あのプライベートジェットのCMを思い出す。
    朝日新聞: ノエビア副社長をストーカー容疑で逮捕 兵庫県警 
    毎日新聞: ストーカー:ノエビア副社長を容疑で逮捕 兵庫県警 
 朝日新聞の記事を引用すると:
 かつて交際していた女性の夫に脅迫メールを送ったなどとして、兵庫県警は2日、化粧品メーカー「ノエビア」(神戸市中央区、東証2部)の副社長で、同社の子会社「常盤薬品工業」(大阪市中央区)社長の大倉尚(おおくら・ひさし)容疑者(43)=神戸市東灘区住吉本町3丁目=をストーカー規制法違反と強要未遂などの疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 県警によると、大倉容疑者は、交際していた女性が結婚したのを機に別れた後も恋愛感情を抱き、昨年10〜11月、この女性の夫に対し「私と交際していた時期の女性の写真をばらまく」と脅すメールを約100通送り、返信を強要した疑いがある。女性にも同じ内容のメールを送信していたという。
 ノエビアによると、大倉容疑者は1992年にノエビアに入社。2003年に副社長に就任し、04年から常盤薬品工業の社長を兼任していた。ノエビア会長は大倉容疑者の実父。ノエビア広報・IRグループの担当者は「事実関係を確認中でコメントできない」としている。
とのことだ。この記事,一報では「部下の女性」とあったのだが,今は消えている。誤報だったのか,何か裏の事情があるのか。部下に手を出していたとなると更にイメージが悪くなる。
 入社11年,30代の若さで副社長兼子会社社長ってエリートに見えるが,実はノエビア創業者で現会長の大倉昊氏の息子,二代目のボンボンだ。ふつうこういう立場の人って,女遊びにうつつを抜かしていても,別れ際は淡白なんじゃないの? 毎日新聞の記事によると,女性は20代。部下だとすると40男の典型的なつまみ食い。しかし女性に逃げられた後,「女性の30代の夫に対し,『(大倉容疑者と)交際していた時の女性の写真をインターネット上に流してもいいのか』『こんな女と結婚しているとばらすぞ』などの嫌がらせのメールを送ったり,女性の行動を監視して逐一その行動をメール送信した」そうだ。最悪。脅迫に使った「交際していた時の女性の写真」って,ただのポートレートではないよなぁ,ふつう。しかもそれを今の夫に言うとは,常軌を逸している。女を尾行する暇があるって,ノエビアの副社長はよほど暇らしい。
    *
 商店街に屋台が出ていた。そうか明日は節分だ。節分は,我孫子観音が一年で一番にぎわう日。周辺の商店街も人出であふれる。で,飲食店はどこも混んでいるだろうと,夕食はホカ弁で済ませる。

   写真:マーボチキン竜田弁当@本家かまどや 写真:マーボチキン竜田弁当@本家かまどや

 「本家かまどや」の今月の新商品「マーボチキン竜田弁当」480円。例によって金券を使って50円引きの430円でゲット。
 チキン竜田は写真の通り白茶けていて,もうひとつ旨そうに見えない。食べてみてもそれなり。マーボソースは結構ビリ辛。ナスビが入っている。マーボ豆腐は時々食べるが,マーボ茄子は久しぶりだなぁ。と,まあ一度食べればいいかという感じだ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/02/01(月)

[ Misc ]

2人の横綱

 意外な結果になったねぇ。
    ZAKZAK:
貴乃花、大逆転“当選” 劣勢予想覆し10票獲得 
 当選ラインが10票で,貴乃花の基礎票が7票と聞いたときには,素人考えでは各一門の締め付けも厳しいだろうし,てっきり駄目だと思っていた。で,もう2年待てば理事の順番も回ってくるという約束も反故にされ,貴乃花は潰されると思っていたのだが。
 マスコミの事前の票読みでは+2票の9票だったという。で,9票同士の決選投票で貴乃花が敗れるという予想だったという。
 が,大方の予想を翻し,もう+1票があっての10票の当選。うーん。どうも,ここへ来ての朝青龍の傷害事件。これで危機感が煽られたのではないか。このままでは曖昧な決着に終わってしまう。それでは相撲はお終いだと感じた若手がいたのか。
 これで何かが変わるのか。しかし,相変わらず貴乃花が何を目指しているのか,多くを語っていない。ただ朝青龍への処分。これはきっちりけじめを付けざるを得なくなったのではないか。
 ところで,その朝青龍のこんなニュース。
    ZAKZAK: 協会セコい?!朝青龍クビなら24億円の損失 
 朝青龍が得難い「ヒール(悪役)」であることは確かなようだ。しかし,1人のスターが消えれば,必ず別のスターが現れる。ここで朝青龍を切っても,大相撲は安泰だという声も一部ではあるようだ。

 ところでまったく関係のない話だが,ときどき引用しているこの「ZAKZAK」というサイト。産経新聞系のサイトだろうなぐらいに思っていたのだが,気になって調べてみると,「夕刊フジ」のサイトだという。道理で芸能ネタ・スポーツネタが多いはずだ。でも,それなら初めから「夕刊フジ」と名乗る方が名前が通っているのにねぇ。私は活字世代なので,活字メディアの裏打ちのある方が,情報に信頼性があると思ってしまう。放送局だって,毎日放送・朝日放送・讀賣テレビと名乗るから信用するのだ。「産経テレビ」と名乗らない関西テレビや,「テレビ日経」と名乗らないテレビ大阪は,どうもワンランク下の放送局に思える。

 やっぱり所詮はスーパー経営者の浅知恵か。
    週刊ダイヤモンド: 聖域なき店舗閉鎖で問われるセブン流の百貨店経営の真価 
 傘下におさめたデパートを次々と閉店する「セブン&アイ」。単に効率のみで,「そごう心斎橋本店」を大丸に売却したり,「西武有楽町店」を閉鎖したりしている。しかし都心の一等地に店を構えるということは,計り知れない価値があるという。それは「老舗」の信用であり,ブランド力だろう。黒字の二等地三等地の店を残して生き残りを図ったつもりでも,百貨店としてのブランド価値を結局は下げ,ジリ貧に陥るのではないか。そういう話らしい。

   写真:

 冷たい雨とともに2月がやって来た。太平洋岸でも雪になる地方があるという。大阪は,昨日の雨は朝には止んでいたが,午後からまた降りだす。で,こういう日は絶好の湯豆腐日和。野菜たっぷりの湯豆腐をつつく。電気保温プレートの上に土鍋を乗っけてくれるのでいつまでも暖かい。
 が,ベジタリアンでないこの身。やはり動物性タンパク質が欲しくなる。で,本日の〆は卵ご飯。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

最新記事 今月の最後の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2010, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama