Content-type: text/html
Sojin Project HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Sojin Project / Diary 2010-01

最新記事 今月の最初の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

2010/01/31(日)

[ Misc ]

iPad

 iPod,iTune,iPhoneの次はiPadかぁ。
    AFP通信:
アイパッドは生理用品?製品名に世界のネットユーザーが飛びつく 
 アップルの新製品「iPad」の名称が,英語圏のユーザーには女性の生理用品を連想させるそうだ。名前をつける前にちょっとググれば(Googleで検索すれば)そのことはすぐに分かったはずだという。お間抜けな話だ。

 アメリカに対抗して,ロシアが新型のステルス戦闘機を開発中だという。
    毎日新聞: ロシア:ステルス機の試験飛行に成功 15年の実戦配備目指す 
 ネットの噂によると,世界唯一の実戦配備されたアメリカのステルス戦闘機F22を上回る性能だとか。しかし更に重要なのは,この開発に中国の資金が入っているということ。2015年を目処に実戦配備を目指すと言うが,いずれは中国にも供与されるだろう。凶悪な侵略国家「中華人民共和国」に最新鋭のステルス戦闘機が配備される。これほどの世界平和への脅威があるだろうか。アメリカは日本へのF22の供与を拒否している。ここは純国産次世代戦闘機の自主開発しかないのではあるまいか。

 その中国は相変わらず「寝言」が多い。
    毎日新聞: 米国:台湾に武器売却決定 中国は「強烈な憤慨」と反発 
    毎日新聞: 武器売却:「内政への粗暴な干渉」と米を批判 中国外相 
 侵略国家「中華人民共和国」の武力による恫喝に晒され続けている台湾への武器供与。何の問題があるのか。むしろ一世代前の戦闘機F16の売却をしなかったことの方が問題だろう。それにしても「内政干渉」とは恐れ入る。台湾は中国とは別個の独立した国家。「内政」ではなく「侵略」だ。

 たまにはまともなことも言えるのか。
    毎日新聞: 子ども手当:給食費滞納に充当 首相が検討指示 
 給食費を払えないような収入の家庭には補助制度がある。給食費を滞納している連中は,払えるだけの収入がありながら払っていないのだ。そこへ「子供手当」。泥棒に追い銭だろう。
 そもそも子供手当の現金でのばら撒きがおかしい。現金など配った日には,よくて生活費,下手をすると親のパチンコ代や遊興費に使われるだけだ。ここは諸外国の「教育バウチャー」のような,教育関連にしか使えないクーポンとすべきではないか。その際,不正を防ぐために記名式とすべきだ。

 たかが映画に苛立つとは,よほど後ろ暗いところがあるのか,アメリカの「保守派」。
    讀賣新聞: 「アバターは反米・反軍映画」保守派いら立ち 
 テレビCMでは,ちょっと私の美意識とは相容れないキャラだったので,あまり興味も沸かなかったのだが,どうも世間の噂では大ヒットだという映画「アバター」。所詮ハリウッド映画だから,日本アニメが持つような奥行きのない,単純なストーリーなんだろうなとは思うが,それでも意外なメッセージ性があるという。軍や教会が,自分たちが攻撃されていると感じて苛立っているという。それこそ製作者の思う壺ではないか。

   写真:チキン南蛮バーガー@セブンイレブン

 昼食にセブンイレブンのハンバーガーを食べる。「チキン南蛮バーガー」285円。チキン南蛮は好物だし,先月限定発売の「ベーコンデミたまバーガー」がなかなか美味しかったのでちょっと期待。が,期待はずれだった。まず基本の鶏肉が旨くない。カスカスで味がしない。タルタルソースも旨くない。キャベツの千切りが入っているのだが,これがポロポロこぼれて食べにくいし,手にもソースが付く。失敗作だ。「ベーコンデミたまバーガー」の方を復活して定番にして欲しい。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/30(土)

[ Misc ]

ガールズバー

 朝日新聞の記者さんもご苦労様なことだ。
    朝日新聞:
2時間で8万円! ガールズバーに行ってみた 
 ミナミで時々飲むが,「ガールズバー」というのは行ったことがなかった。路上でよく客引きを見かけるが,普通のショットバーでスタッフが女の子なだけと思っていた。しかし実際には怪しげな風俗らしい。客本人は「1時間2500円で飲み放題」だというが,女の子が横に着きドリンクをガバガバ飲む。で,それに高額の請求が付く。一番嫌なタイプの店だなぁ。メッセンジャーの黒田が引っかかったのもこの手の店か。朝日のこの記者は,取材で2時間で8万円を使ったと言うが,そんな領収書,経理で落ちるのか。8万円あれば新地で飲めるだろう。

 久しぶりに焼肉が食べたくなった。で,心斎橋で贔屓にしている焼肉屋「虎龍(こたつ)」へ。最近,お肉があまり量を食べられなくなってきた。ツレも小食。で,美味しい黒毛和牛を少しだけ食べる。とりあえずドリンクは朝鮮酒「マッコリ」\400/グラス。焼肉のタレにテーブルのヤンニョンジャンを溶いて辛みアップ。

   写真:極上厚切タン@焼肉「虎龍」 写真:さがり@焼肉「虎龍」

 上の写真左は,この店のイチオシ「極上厚切タン」\1,750。脂がたれてコンロに炎が上がる。久しぶりだが,じっくりタンの味。上の写真右は「さがり」\1,450。「はらみ」の肌理の細かい部分だという。これを食べるのは初めてのような気がする。

   写真:みすじ@焼肉「虎龍」 写真:石焼ビビンバ@焼肉「虎龍」

 上の写真左は「みすじ」\1,450。この肉が一番「肉の味」がして好きだ。旨みが濃くてあっさりといただける。で,野菜なども焼いて,〆は上の写真右,「石焼ビビンバ」\850。ツレがコチュジャンをたっぷり入れてグリグリかき混ぜ朝鮮風にした。やっぱりオコゲが旨い。
 この辺でもう満腹。グルメぴあのクーポンのプリントアウトを使って10%オフだが,サービス料が10%付くので,勘定は2人で7,266円。
 焼肉 虎龍 KOTATSU。地下鉄心斎橋駅6番出口から南東に徒歩3分。住所は「大阪市中央区心斎橋筋1-5-7 グルメコレクションセーナビル8F」,電話は「06-6251-2929」。営業時間は「17:30〜05:00(L.O.04:00),ただし日曜は23:00まで」,無休。喫煙可。
 リンク→ ぐるなび グルメぴあ 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/29(金)

[ Gourmet ]

芋焼酎「吉助(赤)」@霧島酒造

 トヨタの落日の始まり。
    産経新聞:
トヨタのリコール問題、部品共有化がはらむ危険 競争力に深刻な事態 
 遂に北米・欧州・中国で大量リコールだという。リコールの総台数は,去年のトヨタの世界販売台数の698万台を上回るという。リコール費用の負担も大打撃だろうが,それ以上に「品質」で売っていた日本車。ここまでの信用失墜は生半可なことでは回復できまい。何しろアクセルを踏み込んだら,高回転のまま戻らなくなるという。どのような重大事故が起こっても不思議ではない。致命的だ。設計ミスを見逃したトヨタにとっては自業自得だが,巻き添えで他のメーカーの日本車にまで不信感が広がるのが怖い。
 ところで,こんなニュースも。
    時事通信: トヨタ車買い替えに優遇策=米GM、品質問題で狙い撃ち 
 アメリカの倒産した大手自動車メーカー,ゼネラル・モーターズ(GM)が,リコール対象車以外も含む全トヨタ車のオーナーに,GMへの買い替えで「1000ドル(約9万円)の現金払い戻しや,ローン金利をゼロにするなどの販売促進策を2月末まで実施する」そうだ。トヨタ包囲網はちゃくちゃくと進んでいる様子。GM,日航の次に倒産するのはトヨタ自動車か。

 失笑。
    朝日新聞: 首相演説「労働なき富」 「お前だろ」と野党ヤジ 
 インド独立の父マハトマ・ガンジーが指摘した「七つの社会的大罪」のうちの一つに「労働なき富」があるそうだ。鳩山首相が施政方針演説で「なくしていかなくてはならない日本社会の課題」として取り上げたそうだ。
 結構なことだ。額に汗して働く普通の人々が報われる世の中にしないと日本社会に未来はない。まずは相続税を強化するのか。株取引の不労所得にもメスをいれなければならない。強力な中小企業対策を伴った最低賃金の引き上げによるワーキングプアの解消も喫緊の課題だ。
 しかし言った人がヤジにも言う通り,巨額の「子供手当(笑)」の鳩山だからなぁ。信用するに値しないか。

 打ち続く弾圧。
    産経新聞: 僧侶らに実刑判決 中国チベット自治区の裁判所 
 侵略者・虐殺者「中華人民共和国」に対するチベット人民の闘争は,チベット独立のその日まで続くだろう。日本人としてこれに応える道は,「媚中」の日本政府を打ち倒すことか。

   写真:うな玉丼

 昼食は,近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は「うな玉丼」+サラダ。鰻は安っぽいが,玉丼としてはなかなかの出来。旨い。ところで「玉丼」は「ぎょくどん」と読むのだろうが,「うな玉丼」はどう読む? 「うなたまどん」かなぁ。

   写真:芋焼酎「吉助(赤)」@霧島酒造 写真:赤貝の刺身@竹宗

 普段の晩酌のお気に入りは,霧島酒造の芋焼酎「赤霧島」(「黒霧島」にあらず)のお湯割りなのだが,その「赤霧島」のプレミアム版が出たという。芋焼酎「吉助(赤)」。霧島酒造から年に1回の限定出荷だそうだ。「赤霧島」と同じ幻の芋「紫優(むらさきまさり)」を使用。使っている麹は「赤霧島」が米麹だが,「吉助(赤)」は芋麹を使用した「全量芋焼酎」だという。
 と,うんちくはともかく,いつものように1対1のお湯割りでいただいてみる。ほのかな芋の香り。「赤霧島」より更にマイルドに仕上がっている。1ショット800円と,芋焼酎にしてはいい値段だが,当分はこいつかなぁ。
 と,赤貝の刺身をアテに2杯いただいたら,いつも以上に酔ってしまって,帰宅してソファーに横になってテレビを見ている内に寝入ってしまった。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/28(木)

[ Gourmet ]

広島焼@千房

 子も子なら親も親だ。
    朝日新聞:
逃走男性死亡 「警官の発砲は適法」 
■地裁判決 母の賠償請求棄却
 大和郡山市で2003年9月、逃走中に警察官の発砲で死亡した高壮日(コウソウジツ)さん(当時28歳)の母親の金順得(キンジュントク)さん(72)=大阪府東大阪市=が、県と警察官4人を相手取り約1億1770万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、奈良地裁であった。宮本初美裁判長は「発砲は、警察官や市民の生命を守るためやむを得なかった」として、原告の訴えを棄却した。原告側は控訴する方針。
 判決などによると、事件は03年9月10日午後6時すぎごろ起きた。現金計約13万円などが盗まれた3件の車上狙いを捜査していた県警が容疑車両を発見し、追跡。車は、信号無視や速度違反を繰り返して約18キロ逃走した。大和郡山市の国道24号交差点付近で、パトカーと一般車両に挟まれた状態で急発進したため、警察官3人が8発、発砲した。
 弾は、車の助手席にいた高さんの首などに2発当たり、10月5日に低酸素脳症で死亡した。運転していた男(当時26、窃盗罪などで懲役6年の有罪判決を受け、服役中)の首にも1発当たった。
 原告側は「警察車両に挟まれ、逃走が不可能に近い状況で拳銃を使用する必要性はなかった」「至近距離からの発砲は殺人罪に該当する」と主張。警察官側は「逃走車両が一般市民に被害を与える恐れがあった」「運転手の腕を狙ったが外れた」などと反論していた。
 判決は「8発すべて至近距離からで、殺害する可能性を認識していた」とし、警察官の「未必の殺意」を認定。そのうえで「衝突や急発進を繰り返す車を阻止しなければ、警察官や市民の生命に危害を及ぼす可能性があった」として発砲は適法と結論づけた。
 高さんは04年5月、殺人未遂や公務執行妨害、窃盗などの疑いで書類送検され、奈良地検は被疑者死亡で不起訴処分とした。
 金さんは03年11月、警察官4人を殺人と特別公務員暴行陵虐致死の容疑で告訴したが、奈良地検は「正当な職務行為」として不起訴とした。金さんは06年1月、奈良地裁に4人の刑事責任を問う付審判を請求したが、まだ結論は出ていない。(成川彩)
 ●母親「なんで助手席の息子が」
 判決後の会見で、高さんの母、金さんは「納得できない。なんで助手席の息子が撃たれないといけないのか。悔しい」と話した。
 原告弁護団の伊賀興一弁護士は、判決について「『死ぬかもしれないという認識はあった』という警官の未必の故意を認めた」と一定の理解を示したうえで、「危険な運転だったので死んでも仕方がないという驚くべき判決。ハンドルも握っていない人が死んでいいのか」と厳しく批判。警察官の刑事責任を問う付審判請求の結論を出すよう、裁判所に求めるとしている。
 県警の薮内利一・監察課長は「拳銃の使用は適法だったとの主張が認められた」とコメントした。
 記事を読む限り,警官の発砲はまったくもって正当なものだ。射殺もやむを得ない。この男,生きていれば今頃,生き残った共犯ともども,殺人未遂と窃盗で服役中だろう。この勇敢で職務に誠実なお巡りさんたち,当然,感状を貰っているんだろうね。
 それにしてもこの犯人の母親。「恥」ということを知らないのか。普通の母親なら,こんな息子に育てたことを世間にお詫びしてまわるだろう。それを逆恨みして金を寄越せと言う。いやはや,「子は親の背中を見て育つ」とは,こういうことを言うのか。
 この母親が逆恨みで起こした裁判。当然の敗訴だが,奈良県側の応訴には税金が使われている。その訴訟費用もこの敗訴した母親に払わせるべきだろう。こういう訴訟には「誣告罪」が適用できないものか。

 こういう人間だったのか。
    ZAKZAK: 朝青龍、今度は逃げ切れない追放も 殴った相手は一般人! 
 場所中に大酒を飲み,酔っ払っての行動を注意されたら,注意した相手を殴って,鼻の骨を折る重傷を負わせた。これはいくらなんでも酷いなぁ。傷害で逮捕もありうるという。いよいよ今度はお終いか。
    *
 木曜日ということで,週刊漫画誌「モーニング」の発売日,かつ個人的「粉もんの日」。今日は,最近新しくできたという,地下鉄我孫子の「千房(ちぼう)あびこ店」に行く。「千房」は,お好み焼きのチェーン店として有名で,昔から名前だけは知っているが,実際に行くのは初めて。
 駅から少し離れた店は,以前ハンバーグ専門店だった場所。一度だけ食べに入ったことがあった。鉄板付きのテーブル席ばかりだが,ほぼ満席。1つだけ空いていたテーブルに案内される。1人で行ったが,5人ほど座れる広いテーブル。ただ,作りつけの椅子の座り心地は少し悪かった。
 で,とりあえず生ビール中ジョッキ480円をオーダー。メニューをじっくり見る。豚玉の680円というのはまあこの辺の相場。ただ具の豪華な高めのメニューも多い。鉄板焼のメニューもあって,居酒屋遣いも出来そう。灰皿はテーブルに置いていなかったが,頼めば持って来てくれる。
 で,メニューに「広島焼」があったのが珍しい。で,久しぶりだなぁとオーダー。「豚」と「ミックス」の2種があったが,「広島焼ミックス」1080円にする。具は,豚肉・いか・小海老・そば麺。

   写真:広島焼@千房 写真:広島焼@千房

 奥で焼かれて持って来る。マヨネーズをどうするか聞かれたので,所望すると写真のように工夫してかけてくれた。とりあえず食べてみる。まずはソースが旨い。さすがは有名チェーンだけに,こういうところは実績があるのか。焼具合はまあまあ。これはスタッフの技量が出る。具は存在感があって,なかなかに旨い。広島焼としては,私はもう少しもやしの味が前面にでていればなぁ,とその辺が物足りなかった。
 いろいろ珍しそうなメニューもあったので,また食べに来ようと思う。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/27(水)

[ Misc ]

民度

 どうして日本の民度は,ここまで落ちてしまったのか。

 子供にとって親は世界の全てだろう。
    讀賣新聞:
「パパはいじめない」虐待死の海渡君、親かばう 
 奥さんの連れ子を虐待死させた継父。問いかける周りの大人に,殺された幼児は,継父は「いじめない」と答えていたそうだ。昔だって継子いじめはあったろう。しかし昔の大人は限度をわきまえていた。子供同士のイジメもそうだが,自分の行為がどんな結果をもたらすのか,想像力の働かない人間が多過ぎる。あるいは,「個性尊重」の教育・子育てがこの結果をもたらしたのか。人間は所詮は「社会的生き物」。個性など糞喰らえだ。「進歩的教育者」が唱える「個性」など,単なる個人の好き嫌いに過ぎない。

 これもまた「個性尊重」。
    讀賣新聞: 歌手志望学生を「化粧濃すぎ」…大学講義で中傷 
 街を行く女子中生・女子高生を見れば分かる。化け物じみた化粧をして奇矯な「ファッション」で闊歩している。まるで商売女のようだ。授業で本人を目の前にしてビデオを流して批判したのはやり過ぎだろうが,「あたしは歌手志望だからぁ」と甘えた考えが気に喰わぬ。それで傷付くのなら,人と違ったことをやるのは止した方がよい。真に「個性的」な人間というのは,みな「魂の惨劇」を潜り抜けている。

 例のコンビニ救急。
    毎日新聞: 救急病院受診:軽症患者の特別料金徴収案見送り 
 「虫さされがかゆい」と言って救急病院に駆け込む人間がいるそうだ。とてもじゃないがやってられない。で,軽傷患者には特別料金を徴収すれば抑制できるという案が出たが,それでは「逆に金を払えば救急病院に行ってもいい」という考えの人間が出るとの反論。タクシー代わりに救急車を呼ぶ連中もいる。これも料金を徴収できないのか。日本人の民度を上げる以外に解決策はないものか。

 話は変わるが,これは「破談」でいいのではないか。
    毎日新聞: キリン:サントリーとの統合暗雲 「白紙還元」の可能性も 
 たかが「キリン」如きが,名門企業「サントリー」を吸収合併できるとでも思っていたのか。ここは対等合併しかないだろう。それが嫌なら「キリン」はさっさと撤退しろ。

   写真:鳥羽浦村産殻付き牡蠣の炭火炙り@竹宗 写真:銀杏@竹宗

 冬の味覚の牡蠣。今日は鳥羽は浦村産の殻付き牡蠣の炭火炙り。1個300円。身だけで10センチはあろうかという大物。これをカキフライにするとさぞ旨かろうという味。で,秋の味覚の銀杏(ぎんなん)もまだ残っていた。こちらは1串180円。

 昨晩は,パソコンでの作業をほぼ終わって,そろそろ寝ようかと考えていると,いきなり液晶ディスプレイから「バチバチッ」とショートでもしたかの様な異音が。で,ディスプレイの電源が落ちた。どうやらお亡くなりになったようだ。後で,ソニーのVAIOのホームページで確認してみると,このパソコンは04年の7月に購入している。ちょうど5年半が過ぎている。どうやら寿命か。で,画面が見えない状態で,仕方がないので,「ウィンドウズ・キー」→「ALT+F4」→「右向き矢印」→「ENTER」の順に手探りでシャットダウンした(XPの場合)。
 で,今日は仕事終わりに日本橋まで車で出かける。事前に5丁目のJ&P(上新電機)に電話をして在庫があることを確認。というのも,今までのディスプレイはSXGA。1280×1024だ。今時流行りのワイド液晶はとにかく使い勝手が悪いのは,実際に使ってみて確認していた。が,SXGAは古いタイプだから,未だに生産されているのか自信がなかったからだ。
 売り場には17インチと19インチのSXGAがいくつか並んでいた。で,テレビを見るなら応答速度の速い奴がいいよ,と店員に勧められて,一番安い三菱の19インチを購入。型番はRDT-196LM-BK。売価18,800円だが,上新カードのポイントが14,332円分たまっていたので,4,468円の支払い。安い買い物だった。
 うーん,新しいディスプレイ。今まではアナログ接続だったが,これはデジタル接続。なんかくっきりはっきりしたような。まあ新品だし,まだホコリが付いていないからかもしれないが。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/26(火)

[ Misc ]

貴乃花

 待っていれば理事の順番がまわってくるのに,何をそんなにあせっているのか。
    ZAKZAK:
“貴乃花潰し”に待った!文科省が理事選に異例の介入 
 将来の「理事長」の声もあった貴乃花。しかしここへ来て角界全体を敵にまわしてしまったようだ。日本相撲協会の理事選に強引に立候補。当選ラインは10票と言われるところを仲間は7票。浮動票狙いとなるしかないのだが,締め付けがだいぶ厳しくなっている。ある一門が無記名投票の票を立会人に見せろと指示した。裏切り者を排除するためだが,さすがにこれは所管の文科省から物言いが付いたという。しかし字体をそろえるなど,締め付けの方法はいくらでもある。どうやら今回は貴乃花の勇み足で終わりそうだ。
 それにしても貴乃花。そこまであせって何がしたいのか? その辺がまったく見えてこないのも拙速の印象を強める。

 「♪取っ手の取れるぅ〜,ティファール」だが,勝手に取っ手が取れては困る。
    讀賣新聞: リコールの「ティファール」鍋、交換まだ2割 
 テレビCMでおなじみのティファールの鍋だが,使用中に勝手に取っ手が取れての火傷の事故が4件起こったという。ティファール自体の製造ミスで,該当の製品をリコール中だが,回収率が非常に悪いという。贈答品などに使われるので,買った人と使っている人が別な場合があるのが原因ではとか考えられている。オシャレで高級品のイメージで売っているが,やはり外国製は信頼性が薄いなぁ。とりあえずお使いの方は一度輸入元に問い合わせてみたら?

 国内のワクチン製造拠点が増えるのはいいことだな。
    讀賣新聞: IHIが医薬品事業参入、ワクチン製造会社設立へ 
 豚インフルエンザ騒動のときの報道では,国内でインフルエンザ・ワクチンが製造できるのは4拠点だけだという。で,いざというときの製造能力が足りないということで,ワクチンの輸入騒動となったわけだ。
 こうなってみるとやはり国内の製造能力は過剰な方がよい。平時は韓国など途上国への輸出に回せばよい。次に強毒性の鳥インフルエンザのパンデミックなどといった事態になったときに慌てなくて済む。

 日本の空は日本の翼で。
    毎日新聞: 空自:国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地 
 強度不足で開発の遅れていた自衛隊の次期輸送機CX(制式採用されればC2?)の試験機が飛行に成功したという。これ一応,川崎重工製なんだが,なんと一番肝心のエンジンがアメリカ製(GE製)。どうもなぁ。昔の零戦も三菱製のエンジンが非力で,防弾装備を省略したトンデモな飛行機だったが,日本はこの辺,伝統的に弱いのか。そういえば国産旅客機YS−11のエンジンもロールスロイスだったよなぁ。こういうところに重点的に国家予算を注ぎ込むという思想は,金儲けだけに拘る日本国家には欠けているのか。
 次期主力戦闘機もアメリカは売らないと言っている。売らないで結構。麦飯喰っても自力開発すべきだ。

 セブン&アイはこらえ性がないなぁ。所詮はスーパーか。
    讀賣新聞: 西武有楽町店、業績低迷で年内閉店 
 「百貨店,冬の時代」とはいえ,東京のデパート業界は元気がないねぇ。大阪はデパートの増床計画が目白押し。新しい百貨店もできる。さすがにセブン&アイのそごう心斎橋本店は潰れたが,すぐに隣の大丸が買い取って北館として営業している。

   写真:イワシとサバのアテ@寿し兆 写真:フグの握り@寿し兆

 夕食は寿司。いつものように地下鉄我孫子の安くて旨い寿司屋「寿し兆」(地図)へ行く。
 カウンターに座って冷酒を頼むと,サービスですと,イワシとサバがアテで出て来た。で,ちびちびやる。で,まずはフグの握りから。シャキっとして旨い。で,後はいつもの好物,とろ・うに・玉子。で,鉄火巻で〆る。デザートにサービスのアイスクリームをいただいて,勘定は3410円。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/25(月)

[ News ]

保護責任者遺棄致死

 小沢さんのニュースの影でひっそりと。
    毎日新聞:
押尾学容疑者:保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に 
 元タレントの押尾学容疑者(31)が,ホステスの田中香織さんがMDMAを服用して容態が急変したのに,救急車を呼ばずに放置し死に至らしめたとして,保護責任者遺棄致死罪でなどで起訴された。どうやら自分の保身のために放置したと判断されたようだ。以前にも「暴力団関係者が女子中学生に覚せい剤を注射し,錯乱状態になったのを放置して死なせた」事件でも最高裁で有罪が確定しているという。自分の保身という点では同一だ。押尾被告しかいなかった密室での犯行をどの程度立証できるのか。
 この裁判,有名人の裁判としては初の裁判員裁判になるという。押尾被告の元ファンなどが紛れ込むのをどうふせぐか。いろいろとまだまだ話題になりそうな事件だ。

 これは気を回し過ぎだろう。
    讀賣新聞: マック除外の豚年「ドラえもん」苦情殺到で復活 
 中国語で「猪」という漢字は家畜の「豚」を指す。野生のイノシシは「野猪」。で,干支の猪年(亥)は中国や朝鮮では「豚年」だ。一方,豚は,イスラム教徒にとっては食べてはいけない不浄の生き物。この辺でややこしくなった。
 中華文化圏だがイスラム教徒も多いシンガポールのマクドナルドが,十二支に扮したドラエモンのぬいぐるみセットを販売した。日本のマクドでもよくある販促だね。ところがイスラム教徒に気を使って,豚の人形だけキュービッドに差し替えたという。当然「豚年」の人から,「自分の干支がない」とのクレームが殺到。イスラム教徒も「ぬいぐるみは食べ物でないので気にしない」との声。気を使い過ぎたマクドの勇み足だったようだ。多民族社会は色々とややこしい。
 しかしこれは「他山の石」だね。これからの日本も,変なイチャモンで日本文化が歪められるような社会にしてはいけないという教訓だ。

   写真:鱈と白子のホイル焼@竹宗

 寒鱈(かんだら)の季節。鱈(たら)といえば庄内(山形県)。で,今日の晩酌のアテは,その山形県産の鱈を使った「鱈と白子のホイル焼」1800円。地下鉄我孫子の炭火焼処「竹宗」(地図)にて。
 いつもあるメニューではなく,たまたま鮮度のいい旬の鱈が手に入ったから作ってみたとの事。ポン酢でいただく。ホイルで蒸し焼きにされた白子が口の中でとろける。嫌な雑味もない。旨い。で,鱈の身もほくほく。野菜も摂れてなかなかにいいメニューだなぁ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/24(日)

[ News ]

名護市長選

 今日行なわれた名護市長選で普天間基地の辺野古移設反対派が勝利した。
    朝日新聞:
新たな移設先探し、政権に難題 名護市長に稲嶺氏 
 四大紙,朝日・毎日・讀賣・産経のネットニュースをざっと見たが,どうやらもはや辺野古への移設は困難だというのが,一致した論調。そうすると県外・国外移設が理想的なのだが,アメリカは強硬に辺野古移設に拘っている。下手をすると普天間基地存続ということにもなりかねない。
 ここは沖縄本島と台湾との中間にある下地島という選択肢はないのだろうか。既に民間パイロットの訓練用の立派な空港がある。定期便には使われていない。自衛隊の派遣も検討された軍事的空白域。そして何より台湾共和国に近い。下地島移転によって,中国侵略者に対して台湾防衛の決意をあらためて明確に示すことができる。このことが最大の利点だと思うのだが。

 嘘がまかり通る世の中。
    産経新聞: 日教組教研で根拠ない「6600人」 関東大震災での朝鮮人虐殺 
 いわゆる「南京虐殺」もそうだが,ここでも根拠のない数字が一人歩きをしている。当時の数字を精査すると,関東大震災の時点で被災地に実際にいた朝鮮人は約9800人と推定される。このうち警察や軍に保護された朝鮮人は総計6797人。引き算をすると3000人だ。一体どうやって居もしない6600人もの朝鮮人を殺害できるというのだ。第一,震災で朝鮮人は1人も被災しなかったのか? そんなことはあるまい。3000人の朝鮮人の多くが被災で死亡したり,他の地区へ避難したに違いない。こうしてみると当時の政府発表の殺害された朝鮮人233人というのは,案外真実の数字に近いのかもしれない。
 思想信条は自由だろうが,嘘を広める権利は誰にもない。

 広く使われれば,現実社会のいざこざが入り込んでくるだろう。
    R25: 幼馴染みとの口論が証拠に?! NYで世界初の「Twitter殺人」が発生か 
 1人の女性を巡って対立していた幼馴染の2人の22歳の男性。ツイッター上での口論があったという。で,遂に一方が他方をショットガンで射殺してしまった。銃社会のアメリカではありふれた事件だろうが,ツイッターが絡んでいるということで,日本でも報道されてしまっている。

   写真:ハンバーグ定食@ペィパームーン

 旨い白ご飯が食べたくなった。で,駅前の喫茶店で,ハンバーグ定食650円。ハンバーグは出来合いのものだが,この喫茶店,白ご飯が美味しい。ハンバーグも白ご飯のお供としては,最適の一品。ハンバーグで旨い白ご飯をほおばり,2口分残した白ご飯の上にソースをかけた目玉焼きを乗っけて,半熟の黄身を潰して完食。がっつり食べて満足。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/23(土)

[ Misc ]

弁当箱

 フランスで日本製弁当箱が人気だという。
    西日本新聞:
BENTO 格好いい 日本製弁当箱 パリで人気 漫画、健康志向が影響? 
 「弁当」というのは日本を除けば旧植民地以外ではあまり見られないものだという。ところが日本製のマンガ・アニメが大人気のフランスで,なぜか「BENTO」の人気が高まっているという。アニメなどでは,女の子が好きな人に弁当を作ったり,友達同士で弁当を食べたりするシーンが出てくるので,興味を持ったらしい。フランスの日本マンガを扱う書店では,日本製のキティちゃんなどのキャラの描かれた弁当箱が売られているそうだ。更に最近では,世界的な健康・節約ブームの余波で,マンガアニメファン以外の一般のフランス人にも弁当ブームが広がっているという。
 ところで,現在の日本の弁当は,手作り弁当と市販の弁当に大別されるというが,手作り弁当というと中学時代を思い出す。大阪市では,小学校には給食があるが,中学校にはない。大人になって,よその地域では中学校でも給食があると聞いて驚いたものだ。で,高校には学生食堂があった。だから弁当というと中学校というイメージなのだ。帰ってきたら,弁当箱を流しで水に漬けて置けとよく言われたことを思い出す。

 新型インフルエンザ・ワクチンが余っているという。
    産経新聞: 【新型インフル】輸入ワクチン、不要 46都道府県、希望せず 
 当初,2回接種ということで,国産・輸入をあわせて,1億5千だか6千だか回分を確保したという。ところが13歳以上は1回接種でいいということになった。13歳未満は1回に半分しか使わないので2回で1回分。つまり日本の人口以上のワクチンが現在確保されていることになる。そこへ来て最近はインフル流行も下火,わざわざ高い金を払って痛い目をするのも面倒だなぁ,という雰囲気になってきている。
 で,現時点ではまだ国産ワクチンが出回っているので,9900万人分確保した輸入ワクチンに人気がない。山梨県が200人分下さい,と手をあげた以外は,どこの府県も今のところいらないと言っている。まあ,もう少し経てば少しは必要にはなるだろうが,多量に輸入ワクチンが余ることは確定だ。この分,困っている途上国に援助として回せないものか。ワクチンの使用期限は11月までというが,ウイルスが変異して,そのうち役に立たなくなることも考えられる。今すぐの行動が必要だ。
 それにしても制限を加えての順番の接種。あまり上手くまわらなかったようだ。国産ワクチンですら,余って破棄しているという。センター試験の前に受験生に接種してやれなかったのか,という声もでている。

   写真:チキンキーマ+サフランライス@ガンジス

 夕食は,インドカレー。地下鉄我孫子のインドレストラン「ガンジス」(地図)へ。
 今日は,チキンキーマにサフランライスを付ける。ずいぶんナンを食べていないが,やはり日本人は一日一回は米の飯を食べないと元気が出ない。辛口で頼んで汗を拭きながらいただく。
 ちょっと遅くに行ったので,他にお客がいなかった。で,めずらしくマスターと話し込む。マスターはネパール出身だという。以前から,メニューにモモやチョウミンといったネパール料理があるし,店の前にインド国旗と並んでネパール国旗も出しているので,そうではないかと思っていた。6年前に来日するまでは,カトマンズで旅行社に勤めていたとか。ヒマラヤ・トレッキングの世話が楽しかったという。私も勧められてしまった。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/22(金)

[ News ]

どうしたトヨタ

 レクサスの次はカローラに欠陥。ぼろぼろだね。
    毎日新聞:
トヨタ:米国で230万台リコール 欧州でも対応検討 
    毎日新聞: トヨタ:販売に打撃も 欧州でもリコール検討 
 こちらも設計ミスにより,アクセスペダルに重大な欠陥だという。売れるだけの車を作ることに頭が一杯で,安全を軽視していたのか。トヨタといえば,カローラのシャーシにボディだけ乗せ変えて,スポーツ車やRV車を作るメーカー。とにかく見かけや内装にこだわり,安く作れて売れる車を目指す。おかげで,走る・曲がる・止まるといった自動車としての基本性能は2の次,3の次だ。そして労働者は雇い止め,「カンバン方式」とやらで下請けイジメ。どうにも尊敬の出来ない会社だ。そういう体質がこういう所にも表れるらしい。販売に力を入れて「世界一」に一度はなったが,結局は地金が剥がれて,一年限りで転落。トヨタが沈むのは自業自得だが,品質第一の日本車の評判を落として,他の日本車メーカーを巻き添えにするのだけは止めてくれ。

 これが本当の「人寄せパンダ」。
    毎日新聞: 上海万博:子パンダ10頭公開、“人寄せ”に期待 
 中国はパンダを外交に利用したりと,あたかも中国の象徴のような扱いをしているが,実際には中国では乱獲によりパンダは絶滅している。今やパンダはチベットの象徴だ。「四川省」にパンダ保護センターなるものがあるが,これも実際にはチベット領。中国が侵略した土地だ。

 自転車の「防犯登録」が,実際に防犯に役立った。
    讀賣新聞: カラーボール当たった自転車!強盗容疑で逮捕 
 東京で郵便局強盗があったという。で,自転車で逃走する犯人に,いわゆる防犯用の「カラーボール」を局員が投げつけた。残念ながら犯人の身体にはペンキを浴びせることは出来なかったが,自転車にマーキングできたという。で,乗り捨てられた自転車を警官が発見。まぬけなことにこの犯人,自転車が盗まれたときのために防犯登録をしていたという。で,所有者を割り出されて,あえなく御用となった。

   写真:ソーセージ盛り合わせ@ストラピエーノ 写真:いろいろきのこのピッツァ@ストラピエーノ

 晩酌は,地下鉄我孫子のイタリアン・バール「ストラピエーノ」(地図)へ。とりあえずのアテは「ソーセージ盛り合わせ」(写真左)。で,黒板メニューにこの前試して旨かった「じゃが芋のニョッキ」がまたあったのだが,2回連続というのもなんなので,初めて見かける「いろいろきのこのピッツァ」(写真右)にする。ボトルのハチミツを渡されるので,少しずつかけていただく。このハチミツ,甘さ控えめだが妙に旨い。顔に汗が滲んで来る。舌では辛さを感じないのだが,辛味成分が入っているよう。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/21(木)

[ News ]

キャッシュバック

 とにかくいろんなことを考えるんだねぇ,闇金融の中の人。
    讀賣新聞:
ご注意!キャッシュバック偽装、実質ヤミ金 
 せいぜい数千円のCD1枚をクレジットカードを使って80万円で買う。今なら50万円のキャッシュバックがあるそうだ。そうすると購入者は50万円の現金を,業者は30万円の利益を手にすることが出来る。いい話だねぇ。
 というのが「キャッシュバック金融」の手口だという。もちろん購入者には80万円+リボ払いの利息の返済義務が付く。実質,超高金利のヤミ金だ。サラ金からも相手にされなくなった多重債務者などが利用するという。もし購入者が飛んでしまえば被害はクレジットカード会社がかぶることになる。業者にとってはリスクを負うことなく利益を先に出せる。
 しかし,普通に真面目に働いていて少ないながらも収入があれば,いざというとき銀行のカードローンなどが利用できるはずだ。そもそもサラ金を利用しなければならない時点で信用力が相当に低くなっている。そのサラ金にすら相手にされないとは,いったいどういう暮らしをしているのか。しかしそういう層でも,クレジットカードは持つことが出来るんだね。よほど審査が甘いのか。
 ところで讀賣新聞の記事は「ご注意!」と注意を喚起しているが,こういうヤミ金に手を出すような人は,讀賣新聞なんか読まないのではないか。

 甘いものにトンと縁のない私でも,「ゴンチャロフ」と「堂島ロール」の名前は知っている。
    朝日新聞: 堂島ロールのモンシュシュを提訴 洋菓子会社が商標巡り 
 「ゴンチャロフ」社のチョコレートの商品名が「モンシュシュ」で,「モンシュシュ」社のロールケーキの商品名が「堂島ロール」。ゴンチャロフが「Monchouchou」の商標権を持っていて,堂島ロールの看板や包装箱に社名の「Mon chouchou」を表記するのはけしからんという話。しかし,堂島ロールの包み紙に「Mon chouchou」と書いてあったからといって,「あっ,ゴンチャロフの製品だ」と誤認する人が一体いるのか。「ゴンチャロフ」の名前は知っていても,「モンシュシュ」なんてチョコレートの名前を気にして買う人はいないんじゃないか。「ゴンチャロフ」の製品だから買うのだろう。一方で「堂島ロール」の方は商品名が有名。会社の名前なんて気にして買う人がいるとも思えない。
 この件,形式的には商標権の侵害かも知れないが,実害はないのではないか。もっともこうしてニュースになることによる宣伝効果は両方にあるだろう。実はその辺を狙っているのか。
 ちなみに毎日放送の「ちちんぷいぷい」の調査によると,って言うか実際に堂島ロールを買ってみると,すでに堂島ロールの手提げ袋には「Mon chouchou」の表記はなく,Mの字のみの飾り文字になっているそうだ。

   写真:豚モダン(焼き始め)@七つの壁 写真:豚モダン(出来上がり)@七つの壁

 木曜日ということで,週刊漫画誌「モーニング」の発売日,かつ個人的「粉もんの日」。今日はガッツリ食べたい気分だったので,好物の「豚モダン」。例によって写真は焼き始めと出来上がり。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/20(水)

[ News ]

疑惑追及

 野党から与党になった途端,言うことが180度ころっと変わるんだねぇ。
    讀賣新聞:
「小沢氏もう持たない?」民主内に懸念強まる 
 野党の時代は「証人喚問だ」「秘書の責任にして逃げるのは卑怯である」などと言っていたのに,自分が与党になり幹事長に疑惑が生じると正反対のことを言う。こういう政治家は信用できないなぁ。
 私的には,小沢さんのキャラは嫌いでないのだが,外国人参政権推進派という一点のみで失脚して欲しい。案外,検察の小沢潰しも,その辺りを憂うる国士が裏に居たりして。

 基本的には専門職の外国人を受け入れるのはいいのだが。
    朝日新聞: 外国人受け入れにポイント制、専門技術者ら優遇 法務省 
 将来の人口減をにらんで,研究者や医師・弁護士・技術者・企業経営者など専門知識や技術を持つ外国人に資格や年収に応じた点数をつけ、高得点者を優遇するという。結構なことだ。その分,大した能力もない出稼ぎ気分の外国人留学生などには厳しく対処して欲しい。就学生・留学生→不法就労→ビザ切れ→不法残留など,治安悪化へまっしぐらの道筋だ。
 それと強く要望しておきたいのが,日本語教育。日本に居る以上,日本語を話すという義務だけは強制して欲しい。諸外国の失敗例のように,日本国内に朝鮮語や中国語しか通じないゲットーが出来るという事態だけは,治安の面からなんとしても避けるべきだ。

 悩ましいところだが,いいのではないか。
    時事通信: 震災ハイチに豪華客船は適当?=「無神経」「経済支援」で賛否 
 大地震で首都が壊滅し,今も多数の行方不明者が瓦礫に埋もれ,犠牲者のご遺体が街中に放置されている。被災者にはほとんど救援が届いていないという。そのハイチの北部のリゾート地に豪華客船に乗ったリゾート客が次々と訪れているという。もちろん地震以前に企画されたツアーだが,その観光に賛否両論だという。
 観光以外に大した産業のないハイチに観光客のもたらす外貨は貴重だという。客船を運航するアメリカの旅行社も,ハイチへ多額の義捐金の寄付を行ない,また救援物資も満載して寄航したという。基本的にはそれでよいのではないか。ただ,乗客たちは倫理的に居心地の悪い気分を味わっているという。それも人間として当然だろう。
 そういえば,阪神大震災の時には,被災者が呻いている地震当日のその夜に,韓国では「ざまあみろ」と大喜びで祝杯を上げていたという。それに較べれば多額の外貨をもたらす観光客は,地元としてはこういうときこそ歓迎だろう。「無神経」などというのは外野の無責任な発言ではないか。

   写真:生鯨の漬け焼き@竹宗

 晩酌のアテは今日も鯨(くじら)。一昨日は刺身でいただいたので,今日は漬け焼きでいただく。冷凍の入っていない生を焼いて貰う贅沢。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/19(火)

[ News ]

籠城

 媚中の日本メディアとしては,できれば無視したいのだろうが。
    毎日新聞:
人権活動家:成田空港に77日…中国政府の帰国拒否に抗議 
 中国人「人権活動家」が,中国から入国を拒否され日本に送り返された。で,中国政府への抗議の意思を示すため,日本にも再入国せず成田空港の制限エリアで籠城しているという。
 このニュース,ネットではずいぶん前から流れていたのだが,中国様に気を使う日本のマスコミからは無視されていたという。
    サーチナ: 成田空港で1カ月篭城の中国人〜日本メディアが報道しない不思議 
    北京東京趣聞博客: 成田空港でただいま籠城中:馮正虎さんかくかたりきC  
 下は,元産経新聞記者の福島香織女史のブログ。どうやら上海万博の邪魔になるという理由で中国は自国民を入国拒否しているらしい。日本なら完全に憲法違反だ。「人権活動家」と言っても,別にチベット人虐殺やウイグル人虐殺に異議を唱えたわけでもあるまいし,人畜無害な「活動家」ではないのか。それでも妻子や母親の待つ祖国への入国を拒否する。共産党はよほど自らの悪行に怯えているらしい。

 阪神タイガースの元投手,小林繁さんが亡くなった。ご冥福をお祈りします。
 で,小林繁といえば江川問題。その江川卓と生涯で唯一対談した映像が話題になっている。
    ZAKZAK: 小林&江川“和解DVD”超高値 販促商品がネトオクに出品 
 清酒「黄桜」のCM撮りのための会談,酒を交えて1時間以上に及んだそうだが,当時24分にまとめた販促DVDが存在したという。小林氏の死去に伴い,黄桜側には問い合わせが殺到してホームページでの公開を検討しているという。
 で,こういう時のYouTube。検索すると元のCFとそのロング・バージョンがあった。
    YouTube: 江川&小林 因縁の二人"和解の酒" (注意:音が出ます)
    YouTube: 小林繁 江川卓 黄桜CM long edit (注意:音が出ます)
 下の動画は,どうやら追悼のTV番組のよう。削除される前に早めに見て下さい。

   写真:赤貝@寿し兆 写真:いわし@寿し兆

 夕飯は寿司。いつものように地下鉄我孫子の安くて旨い寿司屋「寿し兆」(地図)へ行く。珍しく他に客がいなくて貸しきり状態。職人さんとしゃべりながらまったりと飲む。
 上の写真左は,今日のお勧めの1つ「赤貝」。しゃきしゃきとした食感が旨い。で,たまには光り物。写真右は「いわし」。いつものように好物のトロ・ウニ・玉子もいただいて,寿司腹で満腹。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/18(月)

[ Misc ]

浅川マキさんの訃報に接する

 1つの時代が完全に終わった。
    毎日新聞:
浅川マキさん:ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中 
 「不思議な橋がこの街にある 渡った人は帰らない」
 「いつかきっと私も渡るのさ」と自ら唄われた橋を渡って逝ってしまわれた。
 大学生の頃の私は,ルサンチマンだけを道連れに生きていた。その頃,いろんな歌を聞いたが,何故か50を過ぎたこの歳でも,浅川マキさんの声だけは,ふと脳裏に蘇る。
    YouTube: 浅川マキ - 赤い橋 (注意:音が出ます)
    YouTube: 浅川マキ - ふしあわせという名の猫 (注意:音が出ます)
 しかし,「赤い橋」を3回繰り返して聞いた後,いきものがかりの「じょういふる」を聞いてしまった今の私もいる。合掌。

 何か,もひとつ分からないニュース。
    毎日新聞: 浅田次郎氏:函館朝市組合に謝罪 カニ「宅配詐欺」と記述 
 記事に拠ると「直木賞作家の浅田次郎氏が,北海道函館市の観光名所『函館朝市』の店から個人情報が漏れ,カニの『宅配詐欺』被害に遭ったなどと事実と異なる内容のエッセーを日本航空の機内情報誌に寄稿し,函館朝市協同組合連合会に謝罪していた」という。
 確かに名指しで公開の文章に書くのは軽率だっただろう。「浅田氏の家族が朝市の実在する店からの電話を受け,カニを注文していた」ということが後日判明し,「個人情報が漏れた」というのは浅田氏の誤解だったということで,今回の謝罪となった。しかし,「函館朝市の実在する店」から送られてきたタラバガニと毛ガニの味が,浅田氏いわく「カニカマの方がまだしもマシ」という代物だったという事実は残る。そこは問題にはならないのか。

   写真:生クジラの刺身@竹宗

 晩酌のアテは,生の鯨。久しぶりに刺身でいただく。冷凍の一度も入っていない生の鯨はなかなか希少。こういう鯨がいつでも食べられる日本になるよう,鳩山さんには努力して貰いたい。他の余計なことはしなくていいからね。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/17(日)

[ Gourmet ]

伊勢海老水餃子

 あーあ,言っちゃったよ。
    毎日新聞:
平沼赳夫氏:蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」 
 平沼赳夫元経済産業相(岡山3区)が,政府の事業仕分けを批判し,仕分け人を務めた民主党の参議院議員・蓮舫に対して,「元々日本人じゃない」と発言したそうだ。
 記事によると「平沼氏はあいさつの中で,次世代スーパーコンピューター開発費の仕分けで蓮舫議員が『世界一になる理由があるのか。2位では駄目なのか』と質問したことは『政治家として不謹慎だ』とし,『言いたくないが,言った本人は元々日本人じゃない』と発言。『キャンペーンガールだった女性が帰化して日本の国会議員になって,事業仕分けでそんなことを言っている。そんな政治でいいのか』と続けた」そうだ。
 いやぁ,誰もが言いたかったけど,世間を憚って黙っていたことを言っちゃいましたね。一般に科学者・専門家の先生方は「世界一でなければ意味がない」とおっしゃっている。それを日本の国力を殺ぐ企みか,安物で済ませろという。まあ普通,日本人が言えば愛国心を問われる発言だよなぁ。
 この「蓮舫」という人。台湾人の父と日本人の母に生まれたハーフだという。18歳までは台湾籍「謝蓮舫」。その後,法改正で母親が日本人なら日本国籍が選択できるようになって,18歳で日本籍となり「斉藤蓮舫」。結婚後は「村田蓮舫」が本名だという。「蓮舫」は,本人は「れんほう」と発音しているが,日本語の普通の発音では「れんぽう」になるという。
 一方の平沼赳夫氏。郵政造反組だったんだねぇ。例の復党騒ぎのときも,小泉に屈服するという「誓約書」をただ1人書かずに無所属に留まったとか。一本,筋の通った人物か。
    *
 昨日は日本風中華料理を食べたので,今日は中国人の作る本場中国料理。1月5日(火)放送の毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」。その中の<こんなん初めて食べました>のコーナーで吉本の宇都宮まきちゃんが食べていた「伊勢エビ水餃子」を食べに行く。
 西心斎橋,スポタカの北の道を入ったところにある「大喜ビル」の7階。このビルは,1階に入っている「ヤマダモンゴル」というジンギスカン屋に来たことがある。あと何年も前に3階の「萬福飲茶」という店にも1度来たことがある。で,今日はエレベータで7階の「李家風餃子房」を目指す。「萬福飲茶」もそうだったが,「李家風餃子房」もエレベータを出たところがもう店内。目の前がレジだ。で,予約していたので早速席に案内される。それほど広い店ではないが,狭く苦しくもない。まあ標準的な内装。
 で,とりあえずドリンクは,青島(チンタオ)ビールとオレンジジュース。後で紹興酒に切り替えた。

   写真:ピータン@李家風餃子房 写真:上海風ホタテ炒め@李家風餃子房

 続けてメニューをみる。お得なコースもいくつかあるが,今日は「伊勢海老水餃子」が目当てなので単品で。メニューはそれほど品数豊富というわけではない。が,水餃子が何種類もある。「李家風餃子房」という名前の通り,餃子専門店らしいメニュー。とりあえずいつもの「ピータン」(上の写真左)を前菜に。これはまあフツー。メインは「上海風ホタテ炒め」(上の写真右)。ほとんど塩だけで味付けたような色合いで,ホタテとクラゲの炒め物が出て来る。結構薄味だが,それなりにいける。以前,別の上海料理の店でもそうだったが,上海料理というのは薄味が特徴か。

   写真:水餃子(伊勢海老)@李家風餃子房 写真:小籠包@李家風餃子房

 で,本命の「伊勢海老水餃子」(上の写真左)。メニューには水餃子だけで「ニラ」「香菜」など7種類ほどある。で,その中から目当ての「伊勢海老」を選ぶ。調味料が,醤油・酢・餃子タレ・ラー油・具入りラー油・練り辛子,とテーブルの上に色々用意されているが,ここは何も付けずにいただく。見かけはフツーの水餃子だが,具がジューシー。なるほど,とりあえず今日の目的は達成。
 で,他にも点心を試してみる。「小籠包」(上の写真右)は,もちろんスープがあふれてくる。軽くて食べ易い。

   写真:海老蒸餃子@李家風餃子房 写真:焼餃子@李家風餃子房

 上の写真左は,「海老蒸し餃子」。これの皮が中々旨い。点心の種類によって皮を変えているようだ。
 で,上の写真右,「焼餃子」ももちろんある。ニンニク入りとなしが選べるが,今日はニンニク入り。これも具がジューシーだ。

   写真:担々麺@李家風餃子房 写真:担々麺@李家風餃子房

 で,〆は「担々麺」。デフォルトでミニサイズ。これが他店とはだいぶ違う。肉味噌が乗っているのは担々麺だが,スープが澄んでいる。辛さはあまりない。麺は,きしめんを薄くしたような平打ち麺で,平麺好きの私としては嬉しい。スープがなかなか旨くてレンゲで飲み干す。食後にあっさりといただけるようになっている。ひょっとしてこれが「上海風」?
 で,まだもう少し食べれそうだったが,この辺で〆て,勘定は2人で5470円。
 李家風餃子房(りかふうぎょうざぼう)。住所は「大阪市中央区西心斎橋2-4-8 大喜ビル7F」,電話は「06-6484-3655」。営業時間「17:00〜23:00」,無休。喫煙可。
 リンク→ ホームページ ちちんぷいぷい 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/16(土)

[ Misc ]

検察ファッショ

 小沢一郎の次は,千葉景子だ。
    産経新聞:
【イチから分かる】外国人参政権 小沢氏 強力に推進に動く 
    毎日新聞: 民主党大会:異様な緊張感 小沢氏批判できない現状凝縮 
 民主党内では,小沢一郎の恐怖支配が貫徹していて,声も上げられないようだが,元秘書逮捕で小沢は持つのか。キャラ的には小沢さん,嫌いではないのだが,なにしろ亡国の外国人参政権の推進派。ここは失脚して欲しい。そうなると次の標的は法相の千葉景子だ。国会議員など叩けはホコリの出る身。こちらも検察の力技に期待したい。こういう「検察ファッショ」なら大歓迎だ。などと不謹慎な事を考えてしまうほど,外国人参政権は酷いなぁ。

 これでは国内の大地震に対応できるのか。
    朝日新聞: ハイチ支援、日本に出遅れ感 首相は「復興に協力」力説 
 阪神大震災のときの村山内閣の無策を思い出す。鳩山内閣は死者20万人かと言われるハイチの大地震に充分に対応できていない。鳩山に欠けているのは決断力だ,ということが徐々に国民の目に明らかになってきている。これでは緊急事態に対応できないのではないか。折りしも17日は震災15年目。あの悲劇の教訓は充分に生かされたのか。震災の被災者が未だに放置されている現状では疑問を抱かざるを得ない。

   写真:天津飯@迎日楽 写真:焼餃子@迎日楽

 そう言えば中華をしばらく食べていないなぁ,と思い出す。で,夕食は中華に決まり。好物の天津飯。卵料理は何でも好きだが,アンが絡んだ天津飯は更に旨い。いつものように焼餃子を付ける。ここの餃子はもっちり系。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/15(金)

[ Misc ]

難癖

 産経新聞の2本のコラムが,韓国で物議を醸しているそうだ。
    産経新聞:
【外信コラム】ソウルからヨボセヨ ビビンバはつらい? 
 1本目。あの「かき回し,こねくり回して食べる」朝鮮料理のビビンバについてのコラム。筆者は黒田勝弘記者。ビビンバの混ぜる前の写真を見て美味しそうだと思った外人が,こねくり回した後の無残な料理を見たらがっかりするのではないか,これは「羊頭狗肉」の類ではないかと書いている。この「羊頭狗肉」に朝鮮人がカチンと来たらしい。日本では看板と違う物を出すと言った軽い意味合いでも使われるが,朝鮮語では詐欺紛いの悪質な行為を指すらしい。そんなことを言ったって,これは日本の読者向けに日本語で書かれた記事。あまり程度のよくない朝鮮人特派員が本国にご注進したのか。
 ところで上記コラムに拠ると,朝鮮人はこの「こねくり回して食べる」という行為が事の外お気に入りらしい。カレーライスや牛丼・チラシ寿司まで,こねくり回して食べるという。そういえば私も子供の頃は,カレーライスを最初に混ぜ込んでから食べていたなぁ。そうするとルーが残ったりご飯が残ったりしないで食べられる。まあ,大人になってからは混ぜなくても加減して食べられるようになったので,そういう悪癖はなくなったが。
    産経新聞: 【外信コラム】ソウルからヨボセヨ “品格なき”時計屋 
 2本目。「ビビンバ」のコラムが物議を醸した直後に書かれたこのコラムもまた朝鮮人の癇に障ったらしい。どうやら日本にいる朝鮮人特派員の仕事は,日本の新聞記事を翻訳して本国に送ることらしい。
 で,筆者は水沼啓子記者。家族から贈られ長年愛用してきた思い出のこもった腕時計を朝鮮人の心無い時計屋に壊されたという。電池交換しようと思い,ソウルの通りすがりの「時計専門店」へ飛び込んだところ,店主が「問題ない」といいながら,サイズの違う電池を無理やり押し込んで壊してしまった。ところが店主は悪びれもせず,これは壊れているから修理しなければ,と言う。韓国の首領アキヒロ(李明博)は,最近「先進一流国家」や「国家の品格」という言葉を振り回しているが,「くだんの店の主人のような品格なき人がいる限り,一流国にはなれない」と手厳しい。これも「韓国は三流国家だ」という「事実」を述べただけなのに何を怒っているのか。もともと朝鮮は「両班」と呼ばれる支配階層が尊重される社会。「両班」のように働かずに人に指図するだけの生き方が最高とされる。逆に実際に働く職人などは蔑視の対象となる。こういう社会では,技術力は育たない。せいぜいできるのが劣化コピーの猿真似だ。

   写真:本鮪の中落ちの刺身@竹宗

 晩酌のアテは,本マグロの中落ちの刺身。形は悪いが,旨い。中落ちだから安い。普通,安いマグロの刺身は水っぽく感じるときがあるが,やはり本マグロは旨いなぁ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/14(木)

[ News ]

検閲解除

 どの程度やれるのか? あの残虐非道の中国を相手に。
    毎日新聞:
グーグル:中国での自主制限を一部解除 「検閲」に対抗か 
 記事によると「インターネット検索エンジン最大手の米グーグルが,中国国内で行ってきた検索表示の自主制限を一部解除」したそうだ。天安門事件の写真や,中国国内とその植民地(チベットなど)では厳禁されているチベットの指導者ダライ・ラマ猊下の写真を検索によって見ることが出来るという。うーん,どうなんだろうねぇ。共産党は,あるいは中国の民主化運動についてはある程度の妥協をするかもしれない。しかしチベットやウイグルの独立運動については絶対に妥協しないだろう。
    毎日新聞: グーグル:「よくやってくれた」中国ユーザーが集結 
 グーグルの中国本社前には,グーグルの検閲への反対を知った一部の中国人が集まったという。中国の民主化を望む人々だろう。しかし彼らも所詮は中国人。自分たちの民主化は望んでも,チベットや東トルキスタン・南モンゴルなどの植民地を手放す気はまったくないだろう。
    ウォール・ストリート・ジャーナル: 米グーグル、中国撤退をめぐりトップの意見が衝突 
 グーグル自身も一枚岩ではないようだ。人権問題には妥協すべきでないという立場と,将来の巨大市場を前に商売のことも考えるべきだという立場が,対立しているという。しかも「経験豊富な観測筋は,グーグルや米国は,インターネット検閲などの問題で中国を譲歩させることは不可能とみている」という。

 どの程度事実なのかは分からないが,なかなかにリアルな動画だ。
    ロケットニュース24: 中国が報じたタイガーウッズの不倫事故再現アニメがスゴイ! 
 上の記事には「中国のマスコミ『蘋果動新聞』」とあるが,「蘋果(りんご)」って香港の新聞じゃない? テロップも正体字だし,中国じゃなくて香港じゃないのか。

 恥ずかしながら,実はスヌーピー・ファンです。
    産経新聞: 「スヌーピー」の切手発売、郵便会社 
 もともとネズミには生理的嫌悪感があるし,アメリカ帝国主義丸出しのディズニーは大嫌いだが,スヌーピーはいいねぇ。3月3日発売,800円(80円切手10枚)だそうだ。

   写真:豚イカ玉@カクショウ

 木曜日ということで,週刊漫画誌「モーニング」の発売日,かつ個人的「粉もんの日」。今日は,地下鉄我孫子駅から我孫子筋沿いに北へ歩いたところにある,お好み焼き屋「カクショウ」で,「豚イカ玉」930円。生ビールのジョッキ片手にマンガを読みながらいただく。この店は,オーソドックスなお好み焼きで食べ応えあり。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/13(水)

[ Misc ]

世界一の陥穽

 商売敵に言われりゃ世話はない。
    毎日新聞:
GM:「世界最大は愚かさ導く」 不振トヨタを例に 
 ゼネラル・モーターズ(GM)の副会長が,「世界最大であることは常に愚かな行動を導く」と述べて,GMを抜いて2008年に世界販売トップに立ったトヨタ自動車の不振を揶揄したそうだ。GMは規模拡大よりも収益性の向上を重視するという。
 実際,トヨタがGMを追い抜こうとして無理を重ね,それがトヨタ車の品質劣化につながり,レクサスのリコールなど,トヨタ車の評判は地に落ちている。アメリカでの「安全な車ベスト10」調査にも,一車種も入らない体たらくだ。「品質」で売ってきた日本車だが,少なくともトヨタ車に関しては,それは幻想だったようだ。実際,09年の世界販売台数では,トヨタは世界一の座から滑り落ちるという。わずか1年だけの天下だった。

 ある意味,良識か。
    讀賣新聞: 中国の言論統制に初の「抵抗」…グーグル 
 中国政府の検閲やサイバー攻撃に嫌気がさして,インターネット検索世界最大手の米グーグル社が中国からの撤退を検討しているという。
 記事によると「中国当局は米ネット関連企業に対し、民主化運動や、チベットと新疆ウイグル両自治区の独立運動などに関する『有害』ウェブサイトの閲覧規制への協力を中国事業の条件として突きつけてきた」という。中国で商売がしたければ,中国の周辺諸国(チベット・東トルキスタン・南モンゴル・台湾)への侵略の手先になれ,というわけだ。アップル社のiPhoneに関しても,中国に「有害」なアプリのダウンロードは規制されているという。海外企業に規制を押し付けることにより,中国政府に忠実な国内企業の育成も狙っているのか。一石二鳥だな。

 「こんにゃくゼリー」バッシングの異常。
    朝日新聞: こんにゃくゼリー「事故頻度、アメと同等」 食品安全委 
 私は「こんにゃくゼリー」を食べたことがないので他人事だが,一時の「こんにゃくゼリー」バッシングには苦々しい思いでいた。
 記事によると「こんにゃく入りゼリーの事故頻度は(中略)餅とパンの間にあり,アメと同程度」だという。バッシングの当時も言われたことだが,餅は毎年死者の出る危険な食品。それに比べれば,「こんにゃくゼリー」の危険性は遥かに小さいという。「こんにゃくゼリー」の発売を自粛させるならば,その前に餅の発売を禁止しなければならない理屈になる。アメも自粛だ。

   写真:初鰹のタタキ@竹宗

 今日の晩酌のアテは,初鰹(はつがつお)のタタキ。だいたいが,「初物喰い」は野暮,旬を味わうのが日本の粋だと思っているのだが,正月早々は珍しいなぁと,つい宗旨を曲げてしまう。信条にこだわり過ぎるのは,もっと野暮だと言い訳。
 で,脂は乗っていないが,まあ縁起物ということで。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/12(火)

[ Misc ]

地獄への道

 地獄への道は善意で舗装されている。
    産経新聞:
揺れ動く「善意」のプルタブ回収 協会は引き取りを拒否 
 缶飲料のプルタブ集め。昔の缶から完全に外れるタイプのプルタブなら,危険なゴミの散乱を防ぐ意味もあったようだ。しかし,現在のプルタブは,缶からはずせないタイプが大部分。無理に外せば怪我の原因にもなるし,第一,プルタブだけでは小さ過ぎて処理にも困る。アルミ缶をそのまま集めて貰うほうがいいそうだ。
 また「プルタブを集めて車椅子を寄贈しよう」との考えだが,高価な電動車椅子ならともかく,普通の車椅子は余っているという。寄贈されても施設の廊下の隅に放置されるのが関の山だという。
 こういう物事をキチンと考えず,単にイメージだけで動く風潮。なんだか恐ろしい。本人は「善意」だと思い込んでいるだけに始末が悪い。

 自業自得。でも苦しむのは従業員。
    朝日新聞: さくらや全店閉鎖、450人解雇 親会社ベスト電器発表 
 家電量販店のベスト電器が,郵便偽装(障害者団体向けの郵便割引制度を悪用して大量のダイレクトメール広告を発送していた事件)で評判を落とし,青息吐息だという。社会的に不公正を働けば市場から退場すべきだろう。ところが,お定まりの大規模なリストラ。経営陣はそれで利益を確保しようというのだろうが,首を切られる従業員はたまったものではない。経営者の首を切り,従業員の力で再建する道はないのか。

 こちらは政治家の責任。
    讀賣新聞: ジャンボ機墜落遺族ら、日航の安全求める要望書 
 利権がらみの赤字空港をどんどんと建設し,日本航空に赤字路線を引き受けさせる。日航の現在の窮状は,どう考えても政治家の責任だろう。それをあたかも従業員のせいであるかのように報道する,大新聞のいつもの手口。本当に日本には御用新聞しかないのだなぁ。
 で,ここまで,ボーナス・ゼロ,給与カット,年金カットと言われれば,従業員の士気が下がるのは目に見えている。空の安全に対する危惧が生じるのは当然だ。それでも日航再建は「政治主導」で進む。自らの利権しか考えていない政治家が再建の行方を左右するのだ。一度潰して,政治家抜きで,従業員の自主管理に任せたほうが,安全な空を確保できるはずだ。事故が生じたとき,最初に死ぬのは従業員なんだから。

 これは気になる。
    讀賣新聞: 「チキンラーメン」35円に、創業者生誕百年で 
 インスタントラーメンの発明者・安藤百福氏の生誕100年を祝って,日清食品が,チキンラーメンとカップヌードルを発売当時の価格で限定発売するそうだ。それぞれ35円・100円で各1000万食。
 どちらもフツーにときどき買って食べてるからなぁ。また,カップめん史上最も長い1メートルのめんを使った「百福長寿麺」(税別170円)も限定販売,というのも気になる。

   写真:鯨の炭火付焼き@竹宗

 晩酌のアテは,鯨(くじら)の炭火付焼き。シー・シェパードへの嫌がらせ。鯨は刺身もいいが,あたりはずれがある。炭火焼にするとたいてい旨い。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/11(月)

[ News ]

高速逆走

 これは酷いなぁ。こんな事故で殺されてはたまらない。
    朝日新聞:
91歳、首都高1.3キロ逆走 正面衝突で4人死傷 
 敬老精神を持つにはやぶさかではないのだが,最近,高齢者の高速道路の逆走事件が多いのではないか。こんな風に正面から突っ込んで来られると避けようのない局面もあるだろう。突っ込まれた家族連れの車はなんとお気の毒なことだろう。5歳の息子さんは重傷だという。この事故,加害者の91歳は亡くなっている。で,新聞では名前に「さん」付けだ。生きて残っていればどんな非難と処罰が待っていただろう。
 この亡くなった老人,認知症ではなかったのか。91歳で免許をまだ保持していたということは,通常の老人より健常な人だったのか。どうにも分からぬ。しかしもし認知症の症状が表れていたとしたならば,家族の責任は重大だろう。こういう事故を防ぐ手立ては難しいのだろうか。いずれにしても,ご冥福をお祈りする。

 こういう連中を処罰する法は作れないものか。
    産経新聞: 危ない!歩きながらの携帯メール 子供連れや障害者が恐怖感 
 外出中にメールが来ることがある。送り返す場合もある。しかし通行の邪魔にならない場所で立ち止まってする。
 「駅や路上で携帯電話の画面を見ながら歩く人が増えている。他の歩行者とぶつかる危険があり,特にベビーカーを使う親や視覚障害者,車いす利用者が恐怖を感じている」そうだ。ふらふら歩いたり,急に立ち止まったり。日本人の自己中もここまで来たか。大阪の地下鉄では,「優先座席付近では電源をお切り下さい。その他の車内では通話はご遠慮下さい」という意味の表示とアナウンスがある。しかし中には,いい歳をした若者が,優先座席に座り込んで携帯を使っている場面に出くわす場合もある。昨日の「迷惑110番」もそうだが,こういう連中をDQN(ドキュン)と呼ぶのか。

 晩酌は,地下鉄我孫子(あびこ)のイタリアン・バール「ストラピエーノ」。いつものように生ビール1杯にグラスワインの赤を2杯。

   写真:いわしのガーリック・ソテー@ストラピエーノ 写真:じゃが芋のニョッキ・ゴルゴンゾーラソース@ストラピエーノ

 とりあえずのアテは,「いわしのガーリック・ソテー」(写真左)380円。オイル・サーディンもあるが,こちらは暖かい。で,黒板メニューから「じゃが芋のニョッキ・ゴルゴンゾーラソース」(写真右)880円。いやこれが正解。一口目はちょっと塩気があるが,すぐに気にならなくなる。ゴルゴンゾーラ・チーズのソースがまた良く出来ている。しかしマスターによると,ニョッキは準備に手間がかかり過ぎるので,もう止めようかと考えている由。これは惜しい。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/10(日)

[ Gourmet ]

メキシコ料理@北新地

 お巡りさんも大変だ。
    讀賣新聞:
「ゴキブリ!」「雨戸開けて」110番、困ります 
 「コンビニ救急」というのはあったが,こちらは「コンビニ110番」。110番通報が増えているという。といっても犯罪が増加したのではない。よろず相談窓口のようになっているのだという。
 「足が痛いので湿布を買ってきてほしい」
 「ゴキブリが出たので退治してほしい」
 「6歳の子どもが家で暴れ,困っている」
 高齢者が「雨戸を開けてほしい」
などなど,ふざけるなという内容だそうだ。なんとも一部の日本人の民度が著しく落ちている。この傾向は年齢・性別を問わないようだ。こういう連中が隣人だと思うと空恐ろしい。

 人種差別国家オーストラリアにもまともな人間が少しはいるようだ。
    讀賣新聞: 過激派シー・シェパード、豪でも反感高まる 
 オーストラリアでも,シーシェパードの過激行動への反感が募っているという。オーストラリアの有力紙「オーストラリアン」は8日付の社説で,「政治家と記者は(シー・シェパードの)活動家への支援をやめるべきだ」と訴えたそうだ。つまり日本人への有色人種差別は,ラッドとかいう男を首魁とするオーストラリア政府の政策なのだ。政府が率先して人種差別を訴える。オーストラリアは白豪主義の時代からなんら変わっていない。こういう国家とは金輪際,友好など出来ない。日本政府は,オーストラリアの良識ある国民に訴えるべきだ。捕鯨という日本文化を守るために日本政府はどれだけの努力をしているのか。捕鯨船に海上保安官を添乗させる新法すら,政争の谷間で成立できないでいる。なさけない。

 未開野蛮の国家はおぞましい。
    毎日新聞: 中国:公務員の国外逃亡 持ち逃げ額1人13億円 
 中国で幹部公務員といえば共産党員だろう。その持ち逃げ額が1人13億円だという。総額ではない。1人あたりだ。公務員がそんなに給料を貰っているはずもないから,これらの蓄財は全て「共産党独裁の権力を笠に着た」不正な手段によるものだろう。彼らは,家族を先に海外に移住させておいてから,本人が持ち逃げするという。今の中国人の頭の中は「金儲け」のことだけで一杯のようだ。倫理のない民族はおぞましい。
    *
 久しぶりに北新地へ出かける。「ケリコ」というメキシコ料理店。国道2号線沿いの雑居ビルの2階。同じような雑居ビルが並ぶのでちょっと分かりにくい。ビルの右の階段をあがる。それほど広くはない店内。混んでいる時はちょっと辛いだろうなぁという感じ。雑多な装飾がメキシコっぽい。今日のスタッフは,日本人とメキシコ人らしき人の男性2人。

   写真:ボヘミア@Restaurante Mexicano QueRico 写真:ドスエキス・アンバー@Restaurante Mexicano QueRico

 とりあえずビール。メキシコビールが5種類ほどある。ツレは定番の「コロナ」。私は,飲んだことのないビールということで「ボヘミア」(上の写真左)を選ぶ。「コロナ」や「テカテ」の印象から,メキシコビールは薄いと思い込んでいたのだが,「ボヘミア」はそれなりのコクがある。2杯目は「ドスエキス・アンバー」(上の写真右)を選んだが,これもコクがある。

   写真:ソース@Restaurante Mexicano QueRico

 テーブルには,ホットペッパーを中心に様々な調味料。辛いもの酸っぱいものなど,バラエティがあって,料理に奥行きが出る。

   写真:タコスの盛り合わせ@Restaurante Mexicano QueRico 写真:生ハムとアボカドのケサディージャ@Restaurante Mexicano QueRico

 で,料理はとりあえず定番のタコスとケサディージャ(メキシコ風ピザ)。
 上の写真左は,「タコスの盛り合わせ」の具。焼きたてのトルティージャ(タコスの皮)が6枚付いてくるので,好みで巻いて食べる。ホットペッパーソースをかけると,辛いが旨い。
 上の写真右は,「生ハムとアボカドのケサディージャ」。もっちりとした食感のケサディージャは,メキシコ料理の中では一番の好物。「粉もん」好きがこの辺にもでる。ハムがなかなかいい味を出している。

   写真:モッツァレラ・ゴーダ・カマンベールチーズのナチョス@Restaurante Mexicano QueRico 写真:牛あぶらかす入りメキシカンピラフ@Restaurante Mexicano QueRico

 更に追加は,今まで食べたことのないナチョス(コーンチップスのチーズ焼)。上の写真左は,「モッツァレラ・ゴーダ・カマンベールチーズのナチョス」。どんな食べ物かと思ったが,丸く固いコーンチップスの上に,チーズがたっぷりと盛られている。ホットチーズを食べる感じ。これもなかなかいい。
 ご飯物で〆ようということで,上の写真右は,「牛あぶらかす入りメキシカンピラフ」。カレー味のピラフで,まあメキシコ風ドライカレーと言ったところか。
 と,結構,主食っぽいものばかりオーダーして,満腹して,勘定は2人で8520円。で,食事のあとはカラオケ。2号線沿いに見かけた「ビッグエコー」で客引きされる。ここ支払いはEdyで済ませられた。
 メキシコ料理専門店ケリコ Restaurante Mexicano QueRico。住所は「大阪市北区曽根崎新地1-5-20 大川ビル2F」,電話は「06-6346-1551」。営業時間「18:00〜24:00」,無休。喫煙可。
 リンク→ ホームページ ぐるなび 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/09(土)

[ Misc ]

アマゾン

 通販サイト「アマゾン」で,送料無料キャンペーンを拡大延長中だという。
    日経ビジネス:
アマゾン、ついに「全品」無料配送キャンペーン、楽天ブックスと火花 
 こういう競争はありがたいねぇ。
 実はアマゾンはよく利用するのだが,二つの点で不信感がある。1つは,日本で商売していながら,拠点をアメリカにおいているため,日本での儲けも日本には納税せずにアメリカで納税しているということ。もう1つは,配送会社をペリカン便から評判の悪い佐川急便に変えたこと。
 で,通常だと1500円以上で送料無料のところを,去年後半から書籍などを1500円以下でも送料無料にしていた。で,今までなら文庫本を買うときに,何冊かまとめて1500円以上にしていたのを,1冊でも遠慮なく注文できるようになったわけだ。これは手軽だ。で,最近では,何冊かまとめて注文するときにも,1冊ずつ別々に決済をして,別々に送って貰うようにしている。まとめて注文すると,判子が要るため,留守の間に配達されたときに再配達して貰わなければならない。これが佐川急便は非常に使い勝手が悪いのだ。が,文庫本1冊ずつなら,メール便で送って来るため,ポストに勝手に入れてくれる。手間がなくて便利だ。もしアマゾンが,ちゃんと日本で納税をして,佐川急便以外で配送するなら,こんな嫌がらせはしないのだが。
 このサービス。3月末まで延長されて品目も拡大されたという。もっと楽天と競争して期間を更に延長してくれればよいのだが。

 テロリストの物証押収。
    毎日新聞: シー・シェパード:衝突海域で矢を回収 水産庁 
 ボーガン(洋弓銃)の矢とみられるもの4本を回収したそうだ。これで黄色い猿(日本人)を狩猟するつもりだったのだろう。やはり日本は南氷洋に実弾を装備した軍を派遣すべきではないか。

 テロリスト国家の悪行,また1つ。
    朝日新聞: イスラエル軍、ガザ空爆 少年ら3人死亡、4人不明 
 ナチスに虐殺された民族が,直後にパレスチナ人を虐殺する。歴史の皮肉。どのような声も狂信者には届かない。もはや国連は,イスラエルへの懲罰として国連軍によるテルアビブ空爆を検討すべき段階ではないか。

 明日は十日戎(とおかえびす)。各地で宝永籠(ほえかご)などの行事が始まっている。
    朝日新聞: 「ほーえかご」ミナミを行く 大阪で十日戎始まる 
    朝日新聞: 「商売繁盛で笹もってこい」 大阪・北新地で宝永籠行列 (動画)
    讀賣新聞: 「頼みまっせ」大阪・今宮戎に26万人 
 十日戎は商売繁盛の祭り。9日が「宵えびす」,10日が「本えびす」,11日が「残り福」。各地の戎神社に参って,笹に様々な縁起物を付けて貰う,正月の恒例行事だ。

 今年の初寿司。いつものように地下鉄我孫子の安くて旨い寿司屋「寿し兆」へ行く。例によってまずは冷酒。サービスでフグ皮の湯引きが出て来る。で,いつもの好物,とろ・うに・玉子をまず注文。

   写真:ふぐ@寿し兆 写真:ずわいがに@寿し兆

 で,本日のゲストは,上の写真左,フグの握り。フグといえば下関が有名だが,日本のフグの水揚げの実に6割は大阪人が食べ尽くしているそうだ。年中あるが中でも冬の味覚。で,写真右は,ずわいがに。みそたっぷりが嬉しい。これも毎冬になると,大阪では各旅行社が日本海への「かにツアー」を次々と出す。これも冬の味覚か。好きなものばかり食べると,なんか毎回同じような組み立てになる。貝類や光り物も食べたいのだが,この辺で満腹してしまう。で,〆はサービスのアイスクリーム。冷酒300mlを飲んで,勘定は3510円。
 寿し兆。大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1番出口から我孫子筋沿いに北へ数分。住所は「大阪市住吉区苅田3丁目17−18」,電話は「06-6692-6161」。営業時間は「17:00〜24:00」,木曜定休。喫煙可。
 リンク→ 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/08(金)

[ Misc ]

とほほ

 もちろん小泉純一郎だけのせいではないだろうが,格差社会を劇的に進行させた「小泉改革」が主因であることは確かだろう。
    東京新聞:
給食ない夏休み怖い 保健室で衣服洗濯も 養護教諭の見た子の貧困 
 シャンプーやリンスを用意し、風呂に入れない生徒を学校の保健室で洗髪−。学用品費などの就学援助を受給する小中学生が昨年度は県内(引用者注:埼玉県)で六万人を突破したが、学校現場では「衣」や「食」にも事欠く事例が増えているという。県内の中学校に勤める養護教諭金子由美子さん(53)は、九月に出版された「子どもの貧困白書」(明石書店)で「保健室から見る子どもの貧困」と題し執筆。「清潔な服を着せて食事をさせ、学校に送り出すという親の能力が欠けた家庭は珍しくない」と訴えている。
 金子さんには、各地の小中高校の養護教諭から、さまざまな事例が寄せられている。
 「夏休みが恐怖、と話す小中学生がいる。給食が主な栄養源で、夏休み後には十キロも体重が落ち、皮膚疾患も悪化している」。金子さんは、親が仕事を掛け持ちして昼も夜も働き、子どもにかまっていられない現実が背景にあると指摘する。
 万引で補導された小学生が盗んだのは、コロッケパンだった▽トラック運転手の父親は月に二回程度しか帰らず中学生の姉に生活費を置いていくが、お金が切れると姉弟は数日間何も食べていないことがある▽一枚しかない体操シャツを下着、寝間着と兼用し着続けている−などの事例も。保健室に洗濯機を置いて、電気を止められて洗濯ができない子の衣類を洗う養護教諭もいるという。
 深夜までコンビニで過ごす中高生も珍しくない。「冷暖房もなく暗くて誰もいない家にいるより、明るく清潔な店内が心地よい。先輩などを見つけ軽食をおごってもらうのを待っている」という。
 保護者に直接支給される就学援助費が生活費に充てられるため、親の了承を得て学校がお金を預かり、学用品を買って渡す事例も。「卒業アルバムはいらない。積み立てのお金を返して」「準備が面倒だから修学旅行は行かせなくていい」と言う親もいる。
 教員の側にも「あの子の家は仕方がない」などと見てしまう傾向もあり、金子さんは「子どもは家庭内ホームレスの状態。家庭の自己責任、努力が足りないと突き放すのが最も危険」と指摘。「学校や地域全体で支え、子どもを“公的に育てる”視点で対策を講じないと、子どもが卒業しても貧困家庭が再生産されるだけだ」と警鐘を鳴らしている。
 学校の保健室というのは様々な不幸を抱えた児童・生徒たちの駆け込み寺になっている。養護教諭が子供の身体の健康だけを見るだけでは済まなくなって久しい。
 「清潔な服を着せて食事をさせ,学校に送り出すという親の能力が欠けた家庭は珍しくない」という。もともと生活保護を受けるような人々に基本的な生活能力が低いことは広く知られているようだが,保護を受けずに貧困にあえいでいるワーキング・プアも生活に追われ,子供の面倒まで手が回らないということか。これらの人々は,生活保護受給者とは違い,意欲を持って働いている。社会の手助けがあれば自立できるのではないか。子供手当を金持ちにばらまくだけの予算があれば,強力な中小企業対策を伴った最低賃金の引き上げにこそ使うべきではないか。

 ただいま腰痛治療中。
 一昨日の水曜日に,職場でパソコンで仕事をしている最中に,椅子から立ち上がった途端,腰の痛みが来た。すわ「ぎっくり腰」か。しかし「ぎっくり腰」はやったことがないのだが,話に聞く「ぎっくり腰」ほどの痛みはない。ただ座っているとまったく痛みを感じないのだが,立ち歩くと痛い。一日様子を見る。夜寝るときの寝返りが痛くて打てない。
 で,翌日の昨日木曜日。朝起きた直後には痛みが酷いが,しばらく動いていると,前日よりは楽になっている。しかし単なる「ぎっくり腰」ならいいのだが,「椎間板ヘルニア」なんてことだったらヤバイなぁと,夕方仕事が終わってから,近所の整形外科へ行く。
 まずはレントゲン検査。骨に異常はないとの事で一安心。で,診察。医師が見た途端,こりゃ背中の筋肉が腫れているとの事。背筋が痛んでいるそうだ。で,背中に電気を流してマッサージをしていただく。なんと劇的に痛みが引いた。やはりプロに任せるもんだなぁ。
 鎮痛薬・胃薬・筋肉を緩める薬,それに塗り薬とシップ薬を処方される。腰に幅広の「ベルト」を巻かれる。これは「コルセット」とは違うのか。
 で,今日は更にましになっている。が,昨日の「電気」が凄く良く効いたので,今日も仕事終わりに整形外科へ。電気を流してマッサージをして貰うとやっぱり良く効く。施術の直後はほとんど痛みが消える。明日からはちょうど3連休。しばらく大人しくしていよう。
 しかし,処方された鎮痛薬。眠くなる。普段常用している市販のバイエルのアスピリンは眠くならないのだが,やはり処方薬はキツイのだろうか。

   写真:岬鯖(はなさば)の刺身@竹宗

 晩酌のアテは「岬鯖(はなさば)」の刺身。関サバと同じ海域で取れる鯖だが,対岸の四国側で水揚げされるサバ。関サバほどきちんと品質管理されているわけではなく,ブランド力も弱いので,関サバより割安だという。もう冬だからか,秋サバほどには脂が乗っていないが,しゃきしゃきと身が締まっている。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/07(木)

[ News ]

白豪主義

 人種差別国家オーストラリアで,反日世論が高まっているそうだ。
    讀賣新聞:
シー・シェパード船衝突、反日世論高まる豪 
 「反捕鯨」が,オーストラリア人の有色人種差別意識に火をつけたようだ。元々オーストラリアは「白豪主義」(白人のためのオーストラリア主義)の国。法制度的に有色人種を差別してきた歴史がある。現在は制度的・形式的には「白豪主義」はなくなっているはずだが,オーストラリアの白人の間には根強く有色人種に対する差別意識が残っており,それが時として噴き出す。今回の「反捕鯨」騒動も,「たかが黄色い猿(日本人)」といった意識の現われだろう。そもそも「反捕鯨」自体が,人種差別意識の塊。オーストラリアの白人の人種差別意識と簡単に結びつくのだろう。

 24時間営業のファミレスで34時間も粘ったそうだ。
    讀賣新聞: ファミレスに34時間、5千円相当を無銭飲食 
 住所不定・無職の67歳の男。職もなく知人宅を転々としていたという。あきれられて追い出されたのか。「おなかがすいており,暖かい場所でご飯を食べたかった」というが,確かにファミレスは居心地が良かったのだろう。所持金1円で約5000円分の飲み食いをしたという。当然店員に目を付けられていたのだろう。金を払わずに店を出ようとして問い詰められた。
 この男の67年の人生はなんだったのか。当然,年金などもかけていなかったのだろう。稼いだ金はパチンコや競馬に注ぎ込んだか。こういう男には,刑務所など救貧施設に見えるだろう。

 チベット独立は,共産党にとっては「国家転覆罪」だろう。
    毎日新聞: 中国:チベット族監督に懲役6年の実刑 国家政権転覆罪で 
 侵略者・中国人にとっては当然の論理だ。チベット庶民の声を映画にして海外に送っただけでも,共産党にとっては許しがたい犯罪だろう。しかしそれは被抑圧民族・チベット人の論理ではない。

 今日は木曜日とて,週刊漫画誌「モーニング」の発売日。先週は大晦日で休刊だったので2週間ぶり。かつ個人的「粉もんの日」。これも2週間ぶりだ。間があいて,この前から「粉もん」禁断症状が出ていた。

   写真:豚モダン(焼き始め)@七つの壁 写真:豚モダン(出来上がり)@七つの壁

 で,今日は,がっつりと「粉もん」が食べたくて,豚モダン。上の写真は焼き初めと出来上がり。この店ではモダン焼は2種の焼き方から選べる。前回は「お好み焼き風」の豚モダンを食べたので,今日は「広島焼風」でいただく。私的には,こちらの方が好みか。
 ところで,今度のBK(NHK大阪局)製作の秋の連続テレビ小説は,お好み焼きがテーマだという。
    朝日新聞: 秋からの朝ドラは「てっぱん」 広島・尾道と大阪が舞台 
 ヒロイン役もまだ決まっていないそうだが,「粉もん」が主役となれば,連続テレビ小説などあまりみない私も応援したくなる。「ぴあの」とか,「ふたりっ子」とか,「てるてる家族」とか,BK製作の連続テレビ小説はそれなり面白そうで,ちゃんと見直してみたい作品が多い。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/06(水)

[ News ]

海賊テロリスト

 大嘘つきの「シー・シェパード」。
    毎日新聞:
調査捕鯨:シー・シェパード抗議船が日本船に衝突、大破 
 南氷洋で捕鯨にあたっている日本船「第2昭南丸」に対して,「シー・シェパード(SS)」と名乗るテロリスト集団の「アディ・ギル(AG)号」と名乗る海賊船が体当たり攻撃を加えてきた。結果,幸い第2昭南丸には被害はなかったが,海賊船は自沈するというお笑いな結末となった。この様子は日本側がビデオ撮影しており,その動画がすでにYouTubeなどで公開されている。
    YouTube: Sea Shepherd Ship Collision - シーシェパード妨害船が日本調査船に衝突 (注意:音が出ます)
    毎日新聞: SS妨害船と第2昭南丸が衝突 (注意:音が出ます)
 動画によると右舷前方にほぼ静止している海賊船に対して,第2昭南丸は放水をして遠ざかるように警告している。そこへ突然発進した海賊船が突っ込んで来て自爆している。これは明らかなテロ行為だ。
 ところが海賊側は「突然、第2昭南丸が故意にぶつけてきた」などと大嘘の発表をしているという。ビデオという確かな証拠がある今回の件で,「シー・シェパード」の発表が信用できないことが,全世界に明らかになったわけだ。

 あいかわらずだなぁ。
    毎日新聞: 阿久根市長:防災無線で報道批判 電波法抵触の可能性も 
 鹿児島県阿久根市市長の竹原信一が,防災無線を悪用し「演説」をしたそうだ。電波法違反(目的外使用)で,市の規則にも違反しているという。テレビに堂々と出ている首長もいるが,竹原としては自分の意のままになるのは防災無線しかなかったということか。こういう突拍子もない人間が市長に当選できるということは,日本の民主主義が衆愚政治に過ぎないことを証明しているのではないか?

 こういうことは日本全国でやって欲しい。
    讀賣新聞: 悪質な給食費滞納、20世帯を督促へ…埼玉 
 埼玉県八潮市は,経済的理由など特段の事情がないにもかかわらず,つまり給食費を払えるのに払わない世帯を裁判所に訴えたという。それでも払わない場合は給料の差し押さえなどを行なうという。給食は「子供が可哀想」という理由で,電気やガスのように止めるという処置に出にくい。そこにつけこむ悪質な親が後を絶たない。子供の「無保険」もそうだが,こういう健康保険や給食費など子供の人権にかかわる支払いは,いちいち裁判所に申し立てしなくても,簡単に差し押さえのできる制度に出来ないものか。

   写真:中華弁当@本家かまどや 写真:中華弁当@本家かまどや

 夕食は簡単にホカ弁で済ます。本家かまどやの今月の新商品は,もひとつ魅力的でなかったので,先月も食べた「中華弁当」(924kcal)にする。460円だが,例によって金券を使って50円引きの410円でゲット。正月だからか,何かのキャンペーンか,夫婦箸がオマケで付いてきた。若狭塗箸で,使ってみようかなという気になる立派なもの。パッケージの裏に福井米のCMがあるので,JA福井が配っているのか。
 「中華弁当」は,カラアゲ2個・シューマイ4個・揚げギョーザ2個のオカズ。そこそこ美味しいが,今日の白ご飯はもう1つ。ぼそぼそしていた。炊き方の問題か,米を安い物に変えたのか。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/05(火)

[ News ]

南京訪問

 ふざけるにもほどがある。
    時事通信:
鳩山首相の南京訪問要請か=中国主席の広島入りも−仏紙 
 日本国首相に南京を訪問し謝罪しろとの脅迫。ふざけるな。「日本軍による南京虐殺」など,国民党のでっち上げの戦時宣伝(プロパガンダ)の1つに過ぎないではないか。それを戦後,共産党が中国強権支配のために流用し更に話を膨らませた。言うたびに数が増える。当時の南京の人口の何倍もの人間をどうやったら殺せるのだ。白髪三千丈の誇張は中国のお家芸とはいえ,ことがことだ。もちろん日本軍の南京攻略によって中国軍に戦死者が出ただろう。また敗走する中国兵は,軍服を脱ぎ民間人に偽装して逃走したという。国際法違反のこの行為により民間人が中国兵と間違えられた可能性もある。これらの戦死者を「虐殺」と数えられてはたまらない。
 そもそも虐殺は共産党軍のお家芸ではないか。バーターとしてコキントー(胡錦濤)が広島を訪問するというが,何を寝ぼけている。広島・長崎を訪れて謝罪すべきは戦争犯罪国家「アメリカ合衆国」のオバマではないか。コキントーの行くべきは,チベットの首都ラサだ。そこで自らの指揮による虐殺も含め,中国軍のチベット大虐殺を土下座して謝れ。そして,侵略した植民地,チベット・東トルキスタン(ウイグル)・南モンゴルから撤兵し,侵略の尖兵として入植させた中国人を中国本土に復員させろ。

 言うことには一理ある。言った本人を棚に上げれば。
    朝日新聞: 「ツイッター、総理はやっちゃだめ」自民・加藤氏が苦言 
 自民党の,あの加藤紘一が,首相のツイッター利用に苦言を呈したという。そんな暇があったら,普天間のことをもっと真面目に考えろ,とのことだ。いやもっともだ。確かに首相のツイッター利用は単に人気取り。実質は何も伴っていないだろう。小泉メールと五十歩百歩だ。

 群馬県太田市の言い分は理屈が通っている。
    毎日新聞: 子ども手当:税滞納者は市負担分差し引き 群馬・太田 
 困窮世帯にはもともと市民税はかからない。市税滞納ということは,払えるだけの収入があるのに,パチンコですってしまったか,スナックのツケがたまっているのか,どうせ遊興費に使い込んだ連中だろう。そういう連中になぜ追い銭を市が払わなければならないのか。国から支給された金を払わないと言っているのではない。民主党の約束違反で市が負担させられる分を出せないと言っているだけだ。なんなら国から支給された分からも,市税滞納分を天引きしてもいいぐらいだ。こういう連中を放置すると,正直に納めている納税者が馬鹿を見る。

   写真:富山湾氷見産天然ぶりの刺身@竹宗

 晩酌のアテは,富山湾氷見産の寒ぶり。もちろん富山産だから天然物だ。脂がたっぷりと乗って,口に入れた途端とろける。養殖物と比べると脂の「品」が違う。嫌味なところがない。
 なお写真左奥の三切れはオマケのカマトロ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/04(月)

[ Gourmet ]

イタリアンバール

 こう立て続けにやられると精神的にまいるのではないか。
    讀賣新聞:
押尾学被告を再逮捕、女性の救護怠った容疑 
 麻薬「使用」で執行猶予→麻薬「譲渡」で再逮捕・起訴→保護責任者遺棄致死で再逮捕(今ここ)。うーん,気の休まる暇がないねぇ。
 保護責任者遺棄といった場合。例えば2人で酒を飲んでいて,一方が他方に酒を無理強いをした。この場合は,無理強いをされた方が潰れた場合と,無理強いをした方が勝手に潰れた場合では,保護責任の度合いが違うという。もちろん,無理強いされた方が潰れているのに,無理強いをした方が放って置けば,より罪が重くなる。したがって,死亡したホステスの田中香織さんがMDMAを持っていたのか,押尾学が渡したのかが焦点となる。
 更に今回は,保護責任者遺棄「致死」となっている。保護責任を果たさず放置したことにより,死に至らしめたと検察は判断しているようだ。もちろんこの方が罪が重い。確か最高刑が懲役20年(麻薬取締法違反との併合なら30年),裁判員裁判の対象となる重大事案だという。いよいよ追い詰められたか,押尾学。
 もちろん今回はまだ逮捕された段階。「致死」では起訴されない可能性もあるという。検察がどれだけ証拠を固めているか,そこが問題となるだろう。

 いやはや,「革命」だそうだ。
    朝日新聞: 「私のやり方加速」阿久根市長、ブログでは「革命宣言」 
 鹿児島県阿久根市市長の竹原信一。もともと頭のネジの緩んだ人だとは思っていたが,ついにネジが吹っ飛んだらしい。彼の悪質なところは,地方の歪んだ憎悪をあおり,攻撃すべき対象をすりかえているところだろう。本来,「地方」の「中央」に対する憎悪は真っ当なものだ。それだけのことを「中央」はやってきた。しかし彼の陰謀史観のフィルターを通すと,素っ頓狂な行動が正当化されるらしい。彼を市長に選んだ自業自得とはいえ,彼に投票しなかった市民には気の毒なことだ。

 「ラジオ」が女子中学生の間でひそかなブームだという。
    産経新聞: ラジオ女子、聴取率を牽引 中学生、テレビやネットじゃ物足りない? 
 深夜放送(ラジオ)といえば,私達の小中学生の頃,もっとも盛り上がっていた。私は朝日放送の「ヤンリク(ヤングリクエスト)」を毎晩聞いていた。「葉書で当てよう車と1万円」というのが,その頃のコピーだ。ライバルの毎日放送は「ヤンタン(ヤングタウン)」を放送し競っていた。しかしその後,ラジオは長い低迷の時代に入る。が,ここへ来て「しばらく低迷していたラジオの聴取率が,10代を中心とした若者の間で上昇のきざしを見せている」そうだ。その原動力となっているのが「アイドル追っ駆け」の女子中学生だという。産経新聞は「ラジオ女子」なる新語までを発明した。アイドルの全てが知りたいという彼女らが,ラジオを発見。アイドルの「本音トーク」が聞けると人気らしい。
    *
 もう正月も終わり。世間では仕事始め・御用始めの月曜日。夜の「飲み」も通常モードに戻る。で,今晩は,地下鉄我孫子のイタリアン・バール「ストラピエーノ」で飲む。いつものように,まずは生ビール。で,2杯目からはグラスワインの「赤」に切り替える。

   写真:牛肉のタタキ・カルパッチョ仕立て@ストラピエーノ 写真:ペンネ・アラビアータ@ストラピエーノ

 上の写真左。アテは黒板メニューから「牛肉のタタキ・カルパッチョ仕立て」780円。銘柄牛かどうかは分からぬが,このシェフ,牛肉の扱いにも慣れている。旨い。付け合せの野菜と一緒にいただく。
 で,〆は上の写真右,「ペンネ・アラビアータ」880円。辛いソースが適度に絡んで,食欲をそそる。例によって汗が噴出してくるが,これは私の体質。普通に美味しい。
 Italian Bar STRAPiENO イタリアン・バール ストラピエーノ。大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3・4番出口より東へ2・3分,二つ目の信号を越えた先,道の南側。住所は「大阪市住吉区苅田9-2-18 あびこマンション1F」,電話は「06-7897-6111」。営業時間「5:30pm〜12:00pm」,今のところ無休。喫煙可。
 リンク→ 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/03(日)

[ Misc ]

鉄道ネタ

 正月だから,ほのぼのネタから。
    毎日新聞:
和歌山電鉄:貴志駅の駅長猫「たま」 執行役員に昇進 
    朝日新聞: たま駅長、執行役員に昇格だニャン 和歌山電鉄 
 あの駅長「たま」が,和歌山電鉄の執行役員に任命されたという。「会社概要」にもちゃんと執行役員として名前が載っている。たまの報酬のキャットフードは会社持ちのようだ。たまが駅長を務める貴志駅の駅舎も猫の顔を模した建物に建て替えるというし,中小私鉄のユニークな経営努力だなぁ。

 貨物列車も頑張っているなぁ。
    朝日新聞: 札幌―福岡間を毎日快走20年 国内最長のJR貨物列車 
 札幌−福岡間2132キロを1年365日休まず37〜43時間かけて走りきる貨物列車があるという。国内最長距離を走る列車だ。フェリーや自動車を利用するよりも速いという。鉄道は二酸化炭素削減の優等生。政府はこういう貨物列車を積極的に利用する施策をとれないものか。

 昔は大阪−青森間を走っていた。
    産経新聞: 【鉄道ファン必見】絶滅寸前の急行きたぐに 電車3段寝台の旅 
 大阪から北海道へ行くには,昔は特急「日本海」とこの急行「きたぐに」の選択肢があった。貧乏学生の旅は,延々と「きたぐに」を乗り通して,青森で青函連絡船に乗り換えたものだ。車窓には日本海の荒波が続く。深夜の無人の停車駅は旅情をかきたてた。
 今,営利企業のJRは,こういう急行をどんどん廃止して,特急料金の取れる列車に置き換えている。「きたぐに」の車両も老朽化しているという。いつまであるのか。

 昔のCMのセリフに「おせちもいいけどカレーもね」というのがあった。正月3日目ぐらいになると,純和食も飽きてカレーがいいんじゃない,という戦略だ。まあ私はおせちに飽きたわけではないが,食べてしまってなくなったので,夕食は,地下鉄我孫子のインドレストラン「ガンジス」へ行く。

   写真:ネパールビール「エベレスト」@ガンジス 写真:マトンサグワラ+サフランライス@ガンジス

 いつもインドビールの「キングフィッシャー」ばかりなので,今日はネパールビールの「エベレスト」650円にする。ドリンクメニューにはインドビールは1種だが,ネパールビールは3種も載っている。
 で,カレーは羊肉とほうれんそうの「マトンサグワラ」1050円をチョイス。激辛〜甘口まで選べるのだが,今日は「中辛」で。ナンにしようか迷ったが,サフランライス400円を付ける。カレーはいつものように旨い。辛いだけでなく,ちゃんと旨味がある。久しぶりの羊もいい具合。難点は,サフランライスの盛りがいいので,満腹してしまうところか。
 で,食後は,ネパールのラム酒「ククリラム」650円をロックでいただいてまったりとする。
 インドレストラン「ガンジス」。大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3番出口より東へ2分。住所「大阪市住吉区苅田7-4-23」,電話「06-6696-5120」。ランチ11:00〜15:30(L.O.15:00)/ディナー17:00〜23:00(L.O.22:30),第1第3火曜定休。喫煙可。
 リンク→ ぐるなび 地図 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/02(土)

[ Gourmet ]

おせち

 韓国で日本酒ブームだそうだ。
    時事通信:
「日本酒の魅力伝えたい」=韓国人利き酒師が好評−ソウル 
 って,併合時代から日本酒は飲まれていただろう。全智賢(チョン・ジヒョン)の映画「猟奇的な彼女」でも,酒屋に看板が出ていた。が,最近のブームは,若い層に日本式居酒屋が人気な点に特徴があるらしい。肝心の日本で日本酒にあまり人気のないのが寂しい。

 紅白は見ていないのだが。
    日刊スポーツ: スーザン・ボイル1曲で500万円/紅白 
 ギャラだけでなく渡航・滞在費も当然NHKの負担だよねぇ。ずいぶん張り込んだものだ。普通,歌手のテレビ出演は,自分の曲のプロモーションという意味があるので,出演料は一般に高くないと聞く。まあ彼女は外国人だから,特別扱いか。

 「出会い系」にハマる,というより,そもそもやってみようと考える人の心情が理解できないのだが。
    讀賣新聞: 「サクラ」出会い系へ誘導、被害平均158万円 
 日に何通も来るスパム・メール。「無料」と繰り返しているが,実際には高額の請求が来るという。いやまあ,期待してハマる人が一杯いるから,スパムもなくならないんだろうね。これは「身に覚えのない利用を口実にした架空請求」ではなく,実際に利用しているんだから,文句も言えないか。それを「被害相談」に駆け込む人がいるというから驚きだ。

 元日はカニを食べに出かけたので,2日目は大人しく「おせち」と「雑煮」で日本の正しい正月。

   写真: 写真:

 大晦日に近所のスーパーで購入。ダイエーの出来合いの御節。あの辻学園・辻クッキング監修だという。1〜2人前用の「幸(さち)」5800円。伊達巻・黒豆・紅白蒲鉾・田作り(ごまめ)・紅白生酢・有頭海老・数の子・筍・里芋に煮〆(蓮根・椎茸・ごぼう・ふき・こんにゃく・梅人参)と標準的な日本の御節。味付けがちょっと甘いのは日持ちを考えているからか。子供の頃は,御節と言えば蒲鉾・ハム・栗の甘露煮が好物でそればかり食べていたのだが,これは1人で片付けるのでまんべんなくいただく。で,雑煮はもちろん京風の白味噌仕立て。デザートにメロンを付ける。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/01/01(金)

[ Misc ]

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。
 目出度い新年なのに,また嫌やごとをいう。そういう「偏固」なサイトに訪問いただきありがとうございます。なんかこれがスタイルになってしまって,なかなか脱却できませんねぇ。

 我が世の春ですねぇ。
    朝日新聞:
小沢幹事長、自宅で新年会 閣僚・議員166人参集 
 新年早々はやはりお目出度い話題から。
 新年会に来客が多過ぎて,2時間制で2回開いたという。田沼意次もかくやという賑わいですねぇ。新党大地の鈴木宗男氏も馳せ参じたという。機を見るに敏なるかな。私,実はこういう癖のある政治家,オザワさんとか,ムネオちゃんとか,カメちゃんとか,嫌いではないです。

 こちらも我が世の春となるか。
    讀賣新聞: 日航国際線の継承打診、競争力強化狙う全日空 
 日本航空を潰すなら国際線は引き受けます,と全日空。世界は今,合従連携で「メガキャリア」の時代だとか。それに取り残されたアジア。日本一国で2社に分かれていてはとても世界と勝負できないそうだ。

 まあ,呑気なことで。
    産経新聞: 鳩山首相、ブログとツイッターを開始 
 先月,鳩山首相の偽物が出て話題になったツイッターだが,本人が始めたようだ。ブログとツイッターを同時にとは「ナウい」ねぇ。アドレスはそれぞれブログが http://hatocafe.kantei.go.jp/,ツイッターが http://twitter.com/hatoyamayukio。ツイッターは今時点で3万8千人以上のフォロワーが付いている。って,そのなかに私は入っていません。
 しかし気になるのは,981人にフォローしていること。どういう選考なのだろう。で,これだけ読み切れるのか。もちろん秘書が目を通して,首相に耳障りのいいツイートだけプリントアウトするのだろうが。ブログもツイートもゴーストライターだろうね。って,首相がツイッターしている暇のある方が国民としては不安。
 でも,ツイッターは無料だとしても,ブログは官邸のサイト。これは外注が相当高くついていると思うのだが,その費用は私達の税金だよねぇ。小泉メールのときから思うのだが,こういうのは政治家個人のサイトでやって欲しい。

 なんなんだコイツは。
    時事通信: 「連立解消も」と米に説明=代案なければ現行計画−普天間移設で前原沖縄相 
 もともと民主党が気に喰わないのは,「岡田」とか「前原」とか,いかにも胡散臭い連中が大きな顔をしていることだ。
 で,その「前原」。やっちゃったよ。媚米派の本性丸出し。連立を解消してでもアメリカ様のおっしゃるようにしますと勝手に約束。これ,小沢・鳩山は知ってるの?

 正月一日から,カニ。道頓堀・戎橋たもとの,かに道楽本店へ出かける。元日早々流行っているようで,30分待ち。予約をして道頓堀川の親水遊歩道を散歩する。この遊歩道,どんどん伸びているようで,今では戎橋から日本橋まで続いている。

   写真:茹かに@かに道楽 写真:かに刺身@かに道楽

 で,かにすきのコースを頼んで,昼間から飲む。上の写真はコースの「茹かに」と「かに刺身」。かには刺身が一番旨いんだけどね。たくさんは食べれない。これぐらいがちょうどいい。

   写真:かにみそ@かに道楽 写真:かにすき@かに道楽

 コースには「かにみそ」がなかったので,別に一品注文したのが上の写真左。別に注文するとたっぷり食べられる。で,上の写真右,かにすき。かに道楽独自の甘いスープに野菜やかにを入れていただく。このスープが旨いんだよねぇ。やっぱり老舗は一味違う。癖になる。
 最後はこのスープで雑炊をいただいて,抹茶アイスクリームで〆る。
 で,のんびりとかにをいただいた後,初詣。南森町の「天満の天神さん」へ参る。

   写真:天満天神繁昌亭

 参拝を終わる頃には暗くなっていた。で,上の写真は,上方落語の定席「繁昌亭」。元日から落語という人が大勢いたようだ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

最新記事 今月の最後の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2010, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama