Content-type: text/html
Sojin Project HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Sojin Project / Diary 2009-02

最新記事 今月の最初の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

2009/02/27(金)

[ News ]

レーシック

 私は結構「度」の強い近視だ。メガネは高校生の頃からずっとかけていた。途中でソフトコンタクトレンズを入れていたこともあるが,消毒や蛋白除去などの手入れが面倒で,使うのを止めた。で,現在は1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使っている。朝レンズを入れた後,夜に捨てるだけ。手間要らずで結構重宝している。が,使い捨てタイプは結構安い素材なので,目を酷使すると調子の悪くなることもある。朝レンズを入れるのはもう習慣となっているが,それでも「何もしない」のが一番快適であることは確かだ。
 今流行の「レーシック」。角膜を削って自前のレンズにする手術だそうだ。毎日放送の美人アナウンサー,八木早希アナがレーシックを受けたというので,ちょっと気になっていた。松本麻衣子アナも手術したそうだ。確かにメガネもコンタクトレンズも不要と言うのは魅力的だ。
 が,こんなニュース。
    朝日新聞:
レーシック手術の患者、角膜炎に集団感染 銀座の眼科 
 東京の「銀座眼科(溝口朝雄院長)」というところで,レーシックの手術を受けた患者が角膜炎の集団感染を起こしたと言う。患者の中には失明の危険もある人がいるそうだ。消毒用の機材が壊れていたのに気づいていなかったとか,衛生管理がきちんとしていなかったとか。まあ,これは,レーシックの問題と言うより,医療以前の問題じゃないの。この溝口朝雄院長。眼科医の代わりに飲食店を経営していれば,きっと食中毒を起こしただろうね。
 眼科の学会は,レーシックの手術には「眼科専門医」の認定を受けた医師が執り行うことを勧めているが,この溝口朝雄院長は認定医ではなかったそうだ。レーシックがブームとなり,保険の利かない自由診療ということで,儲かるんじゃないかと,この世界に参入する業者(医師)が増えているそうだ。報道によると「レーシック」自体は危険な手術ではないが,きちんとした専門医のもとで手術を受けることを勧めている。

   写真:ひらめの薄造り@竹宋

 晩酌のアテは,ひらめの薄造り。浦島太郎の歌では「鯛や平目の舞い踊り」というが,やはりヒラメは旨いなぁ。縁側も3切れ付いて,脂がしつこくない。いいヒラメだった。

 しばらく留守をしますので,日記の更新を休みます。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/26(木)

[ Misc ]

ラーサラ

 新しい北海道グルメ「ラーサラ」=ラーメンサラダだそうだ。
    朝日新聞:
スープカレーに続け 北海道の味「ラーサラ」全国区狙う 
 北海道発のグルメといえば,「ラーメン」「ジンギスカン」に最近は「スープカレー」だが,今地元では「ラーサラ」なるものが人気なんだそうだ。ラーメンの麺の上にサラダを乗っけてドレッシングをかけたもので,道内の居酒屋メニューとして定着しているとか。冷やし中華に似ているが,野菜が主役というところが新しいらしい。うーん,この前,北海道に行ったのは1年半前。気が付かなかったなぁ。生野菜はあまり好きじゃないが,「ラーサラ」は麺も味わえるところが旨そう。

   写真:カレーうどん+ちらし寿司

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は,カレーうどん+ちらし寿司だった。大阪おとくいの「炭水化物+炭水化物」定食。がっつり食べて満足。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/25(水)

[ News ]

サハリン2

 菜種梅雨のはしりとかで,雨が多い。雨は上がったが,今夜はやたらと湿度が高い。
 昨日は勢いで麻生太郎(自称首相)ばかり責めたが,考えてみれば,奴は単なる操り人形にしか過ぎない。黒幕の「売国奴」がいるはずだ。
 今回の麻生の樺太訪問は,北樺太で開発中の天然ガス田・サハリン2の天然ガスが,目当てだった。天然ガスの主要輸入先のインドネシアが,国内需要の増加によって,数年先には日本への輸出量が4分の1にまで落ち込むという。で,日本としては,少しでも天然ガスが欲しい。天然ガスはC02の排出量が,石油に比べて少ないし,何より日本は世界の主要消費国。日中間で係争となっているあの東シナ海の海底ガス田の100倍の埋蔵量があるというサハリン2は,日本としてはどうしても欲しい。日本の直近なだけに輸送コストも大幅に安く付く。理想的だ。
 しかし,このサハリン2は,いわく付き。元々は日本の企業が権益を持っていた。しかし,そこは強権国家「ロシア」。強圧的な態度で迫られ,泣く泣く権益をロシアに譲らざるを得なくなった。で,今回の麻生の樺太詣でだ。南樺太をロシアに売り渡す密約でもあったのか。しかし北方四島までオマケにつけてしまった。
 もちろんこれらは麻生の独断ではない。自民党の政策だろう。さらに言えば,「いわゆる財界」の意思だ。国益よりも金が目当ての「お手洗い」に代表される「いわゆる財界」の売国資本家の企みと言うのが本当のところだろう。
 それにしても領土を売り渡しての取引。ロシアは信用できるのか。事情が変われば,あっさりホゴにされて終わりだろう。

 kuri2さんのブログ「見たこと聞いたこと」の
今日のエントリーで,石原真理子と玉置浩二の復縁の話を知る。うーん,石原真理子って「めぞん一刻」のイメージしかないんだけど,実際の本人は「跳んじゃった人」なんだろうね。暴露本にあれだけ書かれて復縁って,玉置浩二はそれでいいのか。男として大人の余裕を見せたところか。しかしこの仲,いつまで持つのかな。っていうのは余計なお世話か。まあとりあえず,お幸せに。

   写真:弁当

 昼食は,お仕着せのお弁当。揚げ物メインのホカ弁が食べでがあって好きなのだが,たまにはこういうちまちまとしたお弁当もいい。栄養のバランス的にはこちらの方が身体にはいいんだろう。

   写真:生ミンク鯨の刺身@竹宗

 晩酌のアテは,生ミンク鯨の刺身。鯨はいつでも食べれるというわけではないので,たまにメニューにあると頼んでしまう。臭みもなく食感もなかなか。さすがに「生」は旨い。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/24(火)

[ News ]

麻生訪米

 頼むから何もしないでくれ。
 先日の麻生太郎の樺太訪問で,ロシアの新聞は大喜びだそうだ。いわく,日本がサハリン(樺太)をロシア領だと公式に認めた。北方四島もサハリン州だから,「北方領土もロシア領だと正式に日本首相が認めた」と,ロシア人は大喜びだそうだ。これで「北方領土」いわゆる「四島」が日本に帰って来ることは未来永劫なくなった。おりしも,ロシア側が北方四島へのビザなし交流を拒否しだしたタイミングで,日本国総理を自称している麻生太郎が,身を持ってロシア領だと認めたからだ。なんという「売国奴」。北方四島を売り渡した首相として歴史の教科書に「麻生太郎」の名が刻まれる。
 そして今度の訪米。マスコミは「ヒラリー・クリントンが国務長官として最初に日本を訪れた」「オバマが最初に会う外国首脳は日本の首相」といかにも奴隷根性丸出しの喜びよう。しかし,麻生は何を約束して帰ってくるのか。アフガニスタンで何か約束するのか。レイムダックの気安さで国益に反することを約束されては国民がかなわない。ロシア相手にしてしまったような取り返しの付かないことだけは止めてくれ。

   写真:メバルの煮付け+麻婆豆腐

 昼食は,近所の喫茶店で日替わり定食。今日のおかずは,メバルの煮付けに麻婆豆腐。変な取り合わせだなぁ。メバルは味はいいのだが,小骨が多くて食べにくい。

   写真:自家製さばのきずし@竹宗

 晩酌のアテは,「竹宗」で,自家製さばのきずし。ほどほどの締め方で,鯖の旨みが充分に味わえる。いつもより芋焼酎「赤霧島」のお湯割りを1杯多く飲んで酔ってしまった。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/23(月)

[ News ]

朝日新聞の脱税

 自称「社会の木鐸」じゃあなかったのか。
    毎日新聞:
朝日新聞社:4億円の所得隠し 出張費の過大計上など 
 朝日新聞社は23日、東京国税局の税務調査を受け、出張費の過大計上などで約3億9700万円の所得隠しを指摘されたと発表した。調査の対象は08年3月期までの7年間で、ミスなどを含む申告漏れ総額は約5億1800万円。同社は修正申告を行っており、追徴税額は約1億3900万円に上るという。
 朝日新聞社によると、取材費の一部が交際費と認定されたほか、京都総局で出張費として計上された約1800万円が、実態のない「カラ出張」や過大計上だったため、架空経費として重加算税の対象となった。
 また、同社が負担する子会社出向社員の給与のうち、子会社が負担すべき約9500万円が朝日新聞社に戻されていなかったことなどが寄付金と認定され、申告漏れを指摘された。
 同社は同日、当時の京都総局長らを停職処分にしたほか、管理責任を問い東京、大阪、西部、名古屋の各本社編集局長を減給処分にした。同社広報部は「今後一層、適正な経理、税務処理に努めます」とコメントを出した。【高島博之】
    2009年2月23日 19時24分(最終更新 2月23日 20時45分)
 政府自民党に尽くす御用新聞を務めているうちに,感覚が麻痺してしまったようだね。記事を読む限りでは,一部局の不祥事ではなく,全社的な「体質」となってしまっていたようだ。傷口は広く深く膿んでいる。根本的な対策を行わない限り,単なる「もぐらたたき」では,この「脱法体質」は直らないんじゃないだろうか。
 ところで「木鐸(ぼくたく)」をgoo辞書で引いてみたら,元々の意味は「舌(振子)を木で作った金属製の鈴。昔中国で法令などを人民に触れて歩くときにならしたもの」とあり,転じて「世人に警告を発し教え導く人」だそうだ。朝日新聞はいったい何を「教え導」いて下さるんだろう。

 今日の毎日新聞夕刊の1面トップニュース。
    毎日新聞: 米アカデミー賞:「おくりびと」「つみきのいえ」同時受賞 
 日本映画としては,宮崎アニメの「千と千尋の神隠し」以来,6年ぶりのオスカーだそうだ。「おくりびと」が外国語映画賞,「つみきのいえ」が短編アニメ賞。今日のプイプイ(毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」)では,角淳一がちょっと嫌そうに大きな扱い。毎日放送が「おくりびと」の製作に関わっているそうだ。道理でプイプイでしょっちゅう取り上げていたはずだ。最近の映画に疎い私でも「おくりびと」は知っていた。でも,外国語映画賞の前評判はテロ国家「イスラエル」の映画だという話だったので,「おくりびと」は期待していなかった。まあ良かった。久しぶりのいいニュースだ。

 夕食は,久しぶりに「ほか弁」。「本家かまどや」の「季節のおすすめ」メニューから「中華弁当」480円。50円分の金券を使って430円でゲット。

   写真:中華弁当@本家かまどや

 「中華弁当」とは漠然としたネーミングだが,おかずは,から揚げが2つ・小さなイカの天ぷらが2切れ・焼売が4つ。どれもけっこういける。そつのない味。白ご飯が美味しくいただけた。付け合せのスパゲティが,今日はやたらと胡椒が効いていて旨かった。大盛りにしなかったのに,私にはこの程度の分量が良いのか,満腹した。
 そう言えば以前,近所に中華専門の弁当屋があったが,いつの間にか閉店してしまった。中華なら,中華料理屋で手軽に出来立てが食べれるし,テイクアウトなら「餃子の王将」というビッグネームがある。なかなか中華専門の弁当屋というのは難しかったのか。それに比べると,「ほか弁」的メニューを定食屋で食べようとしてもなかなかない。その辺が「ほか弁」の強みか。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/22(日)

[ News ]

竹島の日

 2月22日は「竹島の日」。
 韓国が非道にも不法占拠している竹島の解放を誓う日。日本は,この韓国の犯罪行為に大して,理性的に「国際司法裁判所で決着をつけよう」と提案している。が,国際的な場に出せば,日本の主張に理があることが明白になってしまう。で,韓国は国際司法裁判所への付託を拒否し,軍事占領を続けている。まったくの無法国家だ。韓国人が法を犯してでも日本に逃げて来たがるのが分かる。そこまでの暗黒国家なんだろう。
 今年も松江市で記念行事が行われたそうだ。
    産経新聞:
「竹島の日」今年も政府関係者の出席ゼロ 
 しかし日本政府と政治屋連中の体たらくは,どうしたものか。票や金にならないことにはとんと無関心。国益を語る資格などない。そんなことだから「内藤正中(ないとうせいちゅう)」などという男が大きな顔をするんだ。いい加減にしろ。
    *
 久しぶりに心斎橋の「虎龍(こたつ)」で焼肉。雨の中,そごうの前で中国人のツレと待ち合わせ。この場所が「そごうの前」と言えるのも後しばらくか。そごう本店が大丸に売却されてしまったら,なんと呼べば良いのだろう。
 今日は奥の座敷に案内された。靴を脱いで,掘り炬燵式テーブルで足を伸ばす。
 で,とりあえずのドリンクは朝鮮酒「マッコリ」。ツレも飲むという。

   写真:ユッケ@虎龍 写真:極上厚切タン@虎龍

 上の写真左「ユッケ」,写真右は「極上厚切タン」。相変わらず旨い。ユッケは松の実がアクセントになっている。厚切タンは軽く炙っていただく。
   写真:ハラミ@虎龍 写真:みすじ@虎龍

 上の写真左「ハラミ」。チシャ菜(朝鮮名サンチュ)で包んでいただく。ツレが白ご飯も一緒に包むと美味しいと言う。写真右は「みすじ」。肉の旨み充分。肉を食っていると言う気になる。
 レシートに拠ると,マッコリ400x5,キムチ白菜390,ユッケ890,極上厚切タン1750,ハラミ890,みすじ1450,焼野菜盛り690,サンチュ390,ごはん300,わかめスープ390,玉子スープ390。「グルメぴあ」のクーポンで10%オフにサービス料が10%付いて,勘定は二人で9,434円。
 焼肉 虎龍(こたつ)。住所は「大阪市中央区心斎橋筋1−5−7 グルメコレクションセーナ8F」,電話は「06-6251-2929」。営業時間「17:30〜5:00(L.O.4:00)/日17:30〜23:00(L.O.22:00)」,無休。
 リンク→ グルメぴあ ぐるなび 

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/21(土)

[ News ]

お騒がせ財務相

 なんかいろいろやってくれますねぇ,中川昭一。
    毎日新聞:
中川前財務相:お騒がせ もうろう会見直後、バチカンで石像触り警報鳴る 
 讀賣新聞の女性記者を誘って昼食にワインを飲んだ後,例の世界中に画像が発信されて顰蹙を買った酔っ払い会見。その後,酔ったままバチカン観光に出かけたとのニュースがあったが,実はその観光の最中に美術品にベタベタと触りまくって,警報装置が鳴ってしまったとか。一部では,中川はアメリカに不都合な人物なので「ハメられた」とかの説もあったが,これではただのアホではないか。弁護の余地なし。麻生太郎は「盟友」の不祥事に顔を青ざめて落ち込んでいるとか。この程度の政治家連中でも,国が回っていくとは,日本は大した国だ。

   写真:鯨の炭火あぶり@竹宗

 晩酌のアテは,鯨の炭火あぶり。いつもあるメニューではないので,あるときに食べておく。鯨に火が入ると,いかにも子供のころによく食べた懐かしい味。
 ところで鯨関連のニュース:
    毎日新聞: シー・シェパード:豪警察が船を捜索 日誌やビデオ押収 
 例の極悪テロリスト「シーシェバード」の船をオーストラリア警察が捜索したそうだ。しかし「オーストラリア」と言えば「白豪主義」。人種差別の権化のような国家ではないか。これも多分「ポーズ」。黄色いサルがキャッキャッとうるさいからとりあえずやるふりをしただけだろう。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/20(金)

[ Misc ]

中華まんランキング

 大阪では「551蓬莱の豚まん」がデフォルトだが,急に中華まんが食べたくなった時には便利なコンビニの中華まん。ただし保温を続けると品質が落ちるのか,深夜に行くと品切れになっているのが残念。
    goo:
この冬食べてみたいコンビニの中華まんランキング 
 NTT系のポータルサイトgooによると,中華まんランキングは,
    1位:ナチュラルローソンの横浜中華街の肉まん
    2位:セブン-イレブンの肉まん
    3位:セブン-イレブンの豚まん
だそうだ。3位の「セブン-イレブンの豚まん」は,時々食べるが確かにコンビニの中華まんとしては旨い。値段高めだが,その分ちゃんと豚の味がする。この「豚まん」は近畿圏限定発売。なのに全国ランキングで3位に入るってことは,実質1位と言ってもいいよなぁ。
 なお個人的ランキングとしては,
    1位:セブン-イレブンの豚まん
    2位:ローソンの特製肉まん
 といったところか。ただし,普段はローソンとセブンイレブンしか利用しないので,他のコンビニの中華まんは食べていない。

 大阪市民だが,府民だという意識はない。大阪市は政令指定都市だから,府と同格。大阪府に偉そうに言われる筋合いはない。
 赤字でつぶれかけの府営水道。大阪府が府下市町村に卸売りしている上水道だが,大阪市は自前の上水道を持っているので,府営水道とは無関係。大阪市民は市営水道の安くて美味しい高度浄化水を飲んでいる。
 で,府が,府営水道の赤字に耐えかねて大阪市に泣きついた。最初は対等合併しようと偉そうなことを言っていたのだが,市営水道の方が水源は豊富で安い。渇水の時に府営水道が断水しても,市営水道は途切れず供給していた。大阪市民にとっては府営水道と合併するメリットなど何もないのだ。
 ということで,最近のニュースによると,市営水道が府営水道を吸収合併することになりそうだ。大阪市が,市外の市町村にも府に代わって水道を供給することになる。府下市町村にとっても「単価88円」の府営水道から「単価78円」の市営水道に切り替わることで水道料金が安くなるというメリットがあるのだ。
 というか,府市合併してやるから,さっさと大阪府は解散したらどうか。もちろん知事の橋下は失業することになるが。

   写真:生くじらの刺身@竹宗

 晩酌のアテは,久しぶりに生(冷凍の入っていない)鯨の刺身。生姜醤油でいただく。ちょっと歯ごたえがしっかり系。これはステーキにした方が美味しいような気がする。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/19(木)

[ News ]

危険な中国製品

 中国製圧力鍋のフタがはずれて中身のシチューが飛び散り,60代の女性が顔に1カ月以上のやけどを負ったそうだ。
    朝日新聞:
中国製圧力鍋、フタ飛びやけど 使用中止呼びかけ 
 「圧力が高いときにフタが開かないようにするフタロックレバーの引っかかりが浅い」という構造的な問題だ。所詮は中国製か。消費者の安全よりも自分の金儲け最優先で作られているんだろう。圧力鍋など,それ自体が危険な製品。いつ爆発するか分からないような中国製の輸入を黙認している日本政府にも問題がある。中国製品の輸入を一律禁止できないものか。
 で,思い出したのが,週刊誌「SPA!」の記事。「中華人民毒報」という連載コラムで,毎週,現代中国のおぞましい実態をレポートしているのだが,今週の記事によると中国で「携帯電話の爆発」が頻発し,遂には死者まで出ているそうだ。どうやらバッテリーが熱を持って爆発するらしい。胸ポケットに入れた携帯が爆発すればそりゃあ死者も出るだろう。携帯電話以外にも,炊飯器など様々な中国製品で爆発事故が起きているそうだ。まさか日本に持ち込まれていないだろうね。

 麻生と小泉の痴話喧嘩。
    日経新聞: 首相が小泉氏を批判 「自身の手で解散」 
 衆院の3分の2の議席は「俺が盗った」「皆で盗った」と醜い口喧嘩。肝心の国民が二人の眼中にないのは確かだ。

   写真:豚生姜焼定食

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は,好物の豚生姜焼と厚焼き卵。ちょっと豚肉の量が少なかったが,白ご飯がいい炊き加減で満足。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/18(水)

[ Misc ]

二度寝の効用

 朝の二度寝が心地よい。
    All About:
5分間の二度寝が1日を幸せにする 
 勤め人なので,朝は目覚ましをかけている。最初に枕元で充電している携帯から音楽が鳴り出し,それを止めると,5分後には,窓際の電波時計のアラームが鳴り出す。こちらのアラームは,離れて置いてあるので,ベッドを出て起きて止めなければならない。その間,5分間の二度寝をむさぼる。
 All About の記事によると,朝の5分なり10分なりの二度寝は,昼休みの一瞬の仮眠と同じ程度に,睡眠不足の解消に役立つそうだ。5分の二度寝の間に,覚醒へのプロセスが動き出すという。
 コツは,一度目起きた時に,カーテンを開けるなり,照明を付けるなりで,光を取り入れることだそうだ。これはやっていなかった。早速明日から試してみよう。
 ただし,休日の長時間の二度寝。これは良くないという。質の悪い睡眠が却って「寝疲れ」を誘うという。これはしょっちゅうやっているなぁ。休日は,普段の寝不足を補うつもりでたっぷりと寝てしまっている。注意しよう。また寝過ぎると血管を収縮させるセロトニンが分泌され,偏頭痛の原因になるという。これは大人になってからはないが,子供の頃は,寝過ぎるとよく頭が痛くなった。

   写真:おでん定食

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は「おでん」。ボリュームたっぷり。鶏肉がよく煮込まれていて,ほろほろと骨から外れる。柔らかく味が染みている。白ご飯が美味しくいただける。竹輪・ごぼ天など好物の練り物もいい。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/17(火)

[ News ]

不法滞在外国人半減

 政府は「半減」を自慢したいらしいが。
    毎日新聞:
不法滞在外国人:5年でほぼ半減 今年1月13万人 
 これって,日本国内に外国人犯罪者が13万人も未だにいるってことじゃないか。目も眩むような数字だ。
 記事を引用すると「法務省入国管理局は17日、不法滞在外国人を5年で半減させるとした政府計画の実施結果を発表した。04年に約25万人だった不法滞在者は、新しい入国審査制度の導入などで09年には約13万人に減少。入国管理局は『おおむね目標が達成できた』と説明している」のだそうだ。さらに「計画期間は04年1月1日〜今年1月1日。在留資格を得て入国しながら期限までに帰らなかった不法残留者は21万9418人から11万3072人に減り、48.5%減。船舶による密航などの不法入国者は推計で約3万人から、1万5000〜2万3000人に減った。不法残留者は激増前の90年(10万6497人)並みに戻った」そうだ。しかし今年1月1日時点で未だに国内には,数が多い順に,韓国人犯罪者が2万4198人,中国人犯罪者が1万8385人,などと居座っている。恐るべき数字だ。この中の何パーセントが凶悪犯罪に手を染めているのか。考えるだに恐ろしい。たとえ表向きの数字は半減しようとも,外国人による凶悪犯罪が激減しない限り同じことだ。不法滞在外国人は「ゼロ」でなければ,治安は保てないと考えるが,いかがだろうか? 警察・入管当局の一層の努力を期待したい。記事は「摘発を重ねた結果、不法滞在は地方に分散して小口化する傾向にある。法務省は今後、偽装結婚など偽装滞在の取り締まりを本格化させる」と締めくくっている。

   写真:生ハム白菜巻@竹宗 写真:鶏串焼きセット@竹宗

 今日の晩酌のアテ。突き出しが「生ハムの白菜巻き」だというので,めずらしいなぁととりあえずパチリ。レモンの酸味がよく効いていた。メインのアテは鶏の串焼き。砂ずり・こころ・もも・せせり・肝・つくね,といただく。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/16(月)

[ News ]

戦後最悪

 景気の悪い話ばかりだ。奈落の底へ転げ落ちて行くような感覚。今日の毎日新聞夕刊の1面トップニュース。
    毎日新聞:
GDP:年率12.7%減 35年ぶり2けた減−−08年10〜12月期 
 この4半期のGDPの下落率が年率換算で2桁となったそうだ。特に輸出の落ち込みが足を引っ張っている。「輸出 戦後最大の下落」の小見出しが踊る。
 これも内需拡大に努めず,輸出依存の経済体質を解消しようとしなかった報いだろう。内需は落ち込みながらも,個人消費などまだしっかりしている。しかしいかんせん輸出依存体質があまりにもひど過ぎた。働く者一人一人に正当な報酬を分配せずに,安易に輸出に頼り,金持ちだけが儲けることのみを考えてぎた報いだ。
 これを教訓に,株主利益を最小にし,従業員への分配を最大にして,内需主導の経済へと体質改善すべきだ。従業員一人一人が使う金が豊かになれば,その金は世間をめぐり日本全体を草の根から豊かにする。

   写真:とんかつ定食

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は「とんかつ定食」。脂身の多い安い豚肉だが,白ご飯がおいしいのでいただける。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/15(日)

[ News ]

マクド値下げ

 金融危機で中国ではマクドナルドが値下げだそうだ。
    ロイター通信:
金融危機の世界は今:マクドナルドが中国で値下げ  
 世界中の「金融危機」に関するコネタを拾ったロイター通信。中国では,値下げラッシュで,マクドも3割以上の値下げだそうだ。唯一明るい話題が,日本。バレンタインの本命チョコだけはリストラされていないそうな。

 麻生も地元ではまだ人気があるらしい。
    朝日新聞: 首相地元で小泉氏批判大合唱 「さっさと政界去るべき」 
 コイズミってまだ生きていたんだ。派遣切りも何もかも「小泉改革」が原因だ。日本の「民主主義」が,所詮は「衆愚政治」に過ぎないことを証明して見せたあの「郵政選挙」。やばくなる前にとっとと逃げ出したコイズミがまだなんか言う度胸があったとは,恥知らずにもほどがある。息子に世襲させるとの計画が,麻生太郎のアホのせいで頓挫しかねないとの危機感でしゃしゃり出て来たか。逆効果だとの意識はないほどにボケてしまったんだね。

 市営地下鉄ではないようだ。
    朝日新聞: 新大阪―ミナミ―関空 新線「なにわ筋線」、計画再始動 
 大阪市内は,市の市営モンロー主義で,市営地下鉄しか走らせないと思っていた。で,以前から計画のあった地下鉄なにわ筋線。てっきり市が掘るものと思っていたが,このニュースによると,JRと南海の絡んだ第3セクターのようだ。関空までのアクセスラインとして計画されているようだが,大阪市民としては,市営地下鉄優先で路線整備をしてほしいなぁ,というのが本音。

   写真:ししゃも@竹宗

 今夜の晩酌のアテは「ししゃも」。いわゆる「キャペリン」ではなくて,北海道産の本物のししゃも。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/14(土)

[ Misc ]

喫煙シーン

 海外ならそういうことあるだろうな。
    日経ビジネス:
日本アニメの「ガン」になる「喫煙シーン」 
        (続きを読むためには無料の読者登録が必要な場合があります)
 欧米ではもちろん,香港や台湾でも喫煙が厳しく制限されるようになった。ところが日本アニメでは,(もちろん大人の登場人物の)喫煙シーンが許されている。感情移入し易い登場人物がタバコを吸うことは,子供に喫煙に対して,正のイメージを植え付けるというわけだ。タバコのCMなども禁止されている海外では,こういうシーンがカットされる。喫煙シーンが日本アニメの海外への輸出の足かせになっているとの議論。いやいや住みにくい世の中になったなぁ。

   写真:ひらめの昆布締め@竹宗

 晩酌のアテは,ひらめの昆布締め。刺身もあったのだが,ねっとりとして,昆布の味の染みた昆布締めも捨てがたい。休日ということで,いつもより飲みすぎて,帰宅後そのまま寝てしまった。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/13(金)

[ Misc ]

春一番

 13日の金曜日。特に悪いことも起こるでもなし。今年のバレンタインデーは土曜日ということで,前日に義理チョコをいただく。
 九州など各地で「春一番」が吹いたという。大阪はどんよりとした曇り空。夕方から急に生暖かい風が吹く。2月の中旬と言えば一年で最も冷え込む時期ではないか。今年は暖冬ということになるのか。まあ予報によると来週には「寒の戻り」があるという。暗くなって雨が降り出す。傘なしでも歩ける程度の雨が強まり弱まり降る。日本海を強い低気圧が東進中という。南の太平洋から湿った暖かい空気が吹き込んで来る。夜が更けるとともに風が強くなって来た。今夜は大阪でも「春一番」が吹くかも知れぬ。

 氷山の一角だろうね。
    讀賣新聞:
不正認知で子供に日本国籍、中国人逮捕…服役男性の名前悪用 
 外国人女性が妊娠した子供を日本人の父親が認知すれば日本国籍を取得できる「胎児認知制度」を悪用し、中国人男女の間にできた子供を不正に認知させたとして、警視庁は13日、いずれも中国籍で、東京都豊島区池袋、無職沈楠(28)と無職王宗(29)、ブローカーの足立区西新井本町、郭清清(34)の3容疑者を有印私文書偽造・同行使などの疑いで逮捕したと発表した。(後略)
 この沈某と王某という中国人夫婦の間にできた子を,日本人男性の子として届けて日本国籍を取得させたそうだ。郭某というのは,80万円もの金を取って仲介をした中国人ブローカーだそうだ。戸籍を利用された日本人は受刑中,つまり刑務所に入っていた。中国人夫婦は「子供が日本国籍を取得すれば、日本で長く暮らせると思った」と供述している。この2人,記事では「無職」となっているが,いったい何をして生計を立てていたのか。80万もの大金をどうやって用意したのか。考えるにそら恐ろしい。
 ところで,このケースでは従来からある「胎児認知」が使われたが,昨年の国籍法改定で,「両親が結婚していなくても」「出生後」認知ができるようになった。届け出時には,父子のDNA鑑定なども行われない。偽装認知が更に簡単になったわけだ。オーバーステイを簡単に見逃す警察の事だ。いったいどれほどの偽装結婚・偽装認知の不法滞在者がいることだろう。彼らは「犯罪予備軍」ではない。不法滞在している時点ですでに「犯罪者」だ。

   写真:白身魚フライ定食

 昼食は,近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は,大好物の白身魚フライ。ぎゅっと噛むと衣の油と白身の旨みが絡まって口の中に広がる。今日も白ご飯が進む。

   写真:シーフード・カルボナーラ

 夕食は,シーフード・カルボナーラ。出来立ての熱々をいただく。マッシュルームが入っていないのがちょっと物足りない。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/12(木)

[ News ]

棄民

 ずいぶん前にやはり「棄民」というタイトルで記事を書いた(
2007/12/20の日記)。今に至るまで,韓国政府の棄民政策は連綿と続いているようだ。
    讀賣新聞: 在日韓国人の強制退去、韓国側が拒否…70年代外交文書で判明 
 日韓条約で,犯罪を犯した在日韓国人は韓国が引き取るとの条文があるそうだ。しかし,韓国政府は今に至るまでその約束を果たしていない。今回のニュースはたまたま70年代の外交文書により発覚したが,それ以降も強制退去させられた在日韓国人はいないそうだ。外国人犯罪者を強制退去させるのは,国家の権利だ。日本国の権利が韓国によって侵害されている。現在の在日韓国人の多くは,朝鮮戦争や韓国軍による済州島虐殺事件(28万人いた島民が3万人弱にまで激減したという凄まじい弾圧だったらしい)によって難民として日本に流れ着いた人々だ。彼らを温かく迎え入れた日本社会に比べ,彼らの母国・韓国のおぞましさが際立つ。しかし「犯罪者」まで受け入れる義理は日本にはない。

 まあそういうことだろう。
    日経新聞: 森氏「民営化賛成、小泉さんだけ」 首相の郵政発言を擁護 
 4年前の「郵政解散」のときに,「郵政民営化」を唱え,反対派を追い出し,「刺客」までも送りこんだ。あの時,「郵政民営化」に賛成していたのは,実は「小泉純一郎」ただ一人だったという。「郵政民営化に賛成ではなかった」と言って,批判を浴び,党を混乱に落とし入れた麻生太郎を庇って,自民党の元首相・森喜朗がそう発言したそうだ。
 あきれた話だ。しかし,過ちを正すに遅すぎるということはない。小泉以外だれも賛成していなかった「郵政民営化」を今すぐ取り消し,「国有化」か,あるいはせめて「郵政公社」に戻すべきだ。「4分社化」などとんでもない。

   写真:焼肉定食

 昼食は,近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は焼肉定食だった。安い肉だろうが,上手く味付けされていて,白ご飯が美味しくいただける。
 夕食は,例によって木曜日は個人的「粉もんの日」。今日発売の週刊漫画誌「モーニング」を読みながら,好物の「豚モダン」をいただく。ビールにお好み焼というのがいいねぇ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/11(水)

[ News ]

財務相キレて見せる

 なんだかなぁ,出来レースっぽいね。
    時事通信:
首相の給付金受領「どうでもいい」=読み間違い批判に不満−中川財務相 
 「渦中」を「うずちゅう」と読んだ財務・金融相の中川昭一が,言い間違いや定額給付金を受け取るなどうかなど「どうでもいい」,景気対策に一生懸命になっているのに,そんなことに一々反応していられない,とマスコミに文句を付けたそうだ。
 って,政府がまともな景気対策していないから,マスコミには他に話題がないんじゃないのか。というか,マスコミが揚げ足取りに終始しているのは,政府が金持ちの事だけ一生懸命考えて,少なくなったパイからいかに切り取るか,国民からいかに絞りとって金持ちに分配するかに腐心しているのを誤魔化すために,わざとマスコミは,どうでもいいことだけ報道しているんじゃないか。政府とグルになって金持ちのための報道に専念しているマスコミに感謝こそすれ,文句を付ける筋合いじゃあないだろう。中川は,マスコミが肝心なことを報道していないことを隠すためにわざとケチをつけて見せたんだな。政府とマスコミの出来レース。見え見えなんだよ。

 日本の領土で何をしようと勝手だろうが。
    時事通信: 尖閣の巡視船配置で申し入れ=中国 
 東シナ海の日本領土・尖閣諸島に領土的野心を持つ侵略国家がいる。で,日本は海上保安庁のヘリコプター搭載の巡視船を常時配置することにした。これに中国がケチを付けてきたそうだ。「日本側がこの問題で行動をエスカレートさせるならば、中国側は強い反応を出さざるを得ない」との恫喝。
 黙殺すべし。日本側は「尖閣諸島は日本の領土であり、中国側の申し入れは成り立たない」との態度。韓国が軍事占領している日本領土・竹島についても同様の態度を取るべし。竹島への自衛隊の派兵を検討すべきではないか。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/10(火)

[ News ]

エキスポランド閉園

 万博記念公園の遊園地「エキスポランド」が閉園するそうだ。
    朝日新聞:
「もう一度笑顔見たかった」 エキスポランド閉園へ 
 絶叫系マシンが揃っていて結構面白い遊園地だった。それなりに思い出もあるので残念。死亡事故のイメージが残っているので,結局再建はできなかったそうだ。まあ安全の事を言えば,所詮は民間企業。儲け優先になるのは仕方のないことか。しかし「儲け」のことを考えれば,事故を起こした方がダメージは大きいはず。経営者が近視眼だったのだろう。
 跡地はどうなるのか。サッカーのガンバ大阪の新スタジアムという計画がある。アメリカのパラマウント映画のテーマパークという話もある。今日の毎日新聞夕刊1面記事によると,大家の「日本万博記念機構」は,遊戯や教育関連などに利用を限定していて,商業施設などの設置は難しいという。何にしても,ランドマークとなるような施設にして欲しい。

 これも「民営化利権」。
    毎日新聞: 日本郵政:かんぽの宿売却、成功報酬6億円…メリルと契約 
 クレームがついて売却話がストップした「かんぽの宿」。もともと「郵政民営化」自体が,アメリカに日本国民の積み立てた資金を貢いでおこぼれにあずかろうという小泉純一郎の計画だったのだが,その利権に群がる有象無象が次々と暴露されている。まあ「外資」が絡むのも当然のことか。メリルリンチが口利きだけで6億円とは結構な商売だ。その金は,本来,日本人が汗水たらして働いて貯めた金なんだが。
 それにしても,郵政の財産を二束三文で手に入れて,即座に転売して巨利を得ているという話が次々と出て来る。「民営化利権」の闇はどこまで深いのか。

 まあ当然の話だ。
    朝日新聞: 大阪の団体、村上春樹さんに「エルサレム賞」辞退求める 
 テロ国家「イスラエル」の文学賞・エルサレム賞の受賞者に決まった作家・村上春樹に「虐殺者の賞を受けるべきではない。辞退すべきだ」と署名が集まっているそうだ。これで受賞すれば,テロ支援者のリストに名を連ねることになる。まあ受賞を辞退しなければ,あの人もその程度の人物だったと知れるだけだが。

   写真:さんまの開き定食

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食500円。今日は,さんまの開きと具だくさん汁。さんまの開きなんて,以前は食べたことがなかったなぁ。適度な脂と身の旨みで,ご飯のおかずにはちょうどいい。

   写真:カンパチの薄切りレモン塩@竹宗

 晩酌のアテは,カンパチの薄切りレモン塩。しまった身に旨みが詰まっている。レモンで上品な甘みが強調される。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/09(月)

[ Gourmet ]

クォーターパウンダー

 不思議なお金の使い方をする人たちだなぁ。
    朝日新聞:
円天、キャバ嬢誘い「コスモガール」 一律月給30万円 
 ずいぶんと前からネットで話題になっていた「円天」(L&G)が詐欺で立件されて,なにやらいろいろな話が出て来ている。これもその一つか。L&Gの営業部員が,いきつけのキャバクラでスカウトして,「コスモガール」という若い女性ばかりの「最強の販売軍団」を作っていたそうだ。仕事はイベントの受け付けや酒席のコンパニオン。高級マンションに住まわせて貰った上での月給30万円って,キャバ嬢にとっては,収入としてどうだったんだろう。まあ大した仕事もしなくて良かったみたいだし,余禄もあったみたいだし,それなりだったのか。L&Gにとっては,あぶく銭の使い道の一つか。

 遅ればせながら,マクドナルドのクォーターパウンダーを食べてみる。近所の24時間マクドで,クォーターパウンダーチーズのセットをオーダー。「シングルか?ダブルか?」と聞かれたので「シングル」をチョイス。コーラのMサイズとポテトのMサイズがついて680円。

   写真:クォーターパウンダーチーズセット@マクドナルド 写真:クォーターパウンダーチーズ@マクドナルド

 2階の喫煙席に陣取って,さて食べてみる。パティが結構ジューシー。これはいけるなぁ。オニオンがいいアクセントになっていて飽きさせない味。なるほど評判になるはずだ。シングルでも,ポテトと合わせると結構な1食分。ダブルでも食べられそうだが,さすがに単品で800カロリーを超えると,ポテト・コーラと合わせるとカロリー過多か。
 クォーターパウンダーは一気に食べ終えて,後はポテトをつまみながら文庫本を読む。マクドは客をほったらかしておいてくれるので落ち着く。店内は明るいし,タバコも吸えるしで,読書には最適の環境だ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/08(日)

[ News ]

やられたらやり返す

 麻生太郎が「海賊には,やられたらやり返す」と言ったそうだ。
    時事通信:
ソマリア、海賊対策に万全=「やられたらやり返す」−麻生首相 
 いや,そうありたいものだね。当然「南氷洋」でも「やられたらやり返す」んだろうね。「シーシェパード」の船は,国際法で定められた国籍旗を掲げずに,あろうことか「海賊旗」を掲げている。昔の基準で言えば,その場で処刑されても文句は言えないはずだ。粛々と海軍艦艇を南氷洋に派兵すべし。

 国鉄と郵政は「国有化」が当然だと考える。
    讀賣新聞: 首相の郵政見直し発言、自民党内に火種 
 いわゆる「ユニバーサル・サービス」。電話料金から毎月引かれているコストだ。日本の隅々にまであまねく行き渡らせなければならないサービスというものがある。「民間」に任せれば,「儲からない」地方は切り捨てられ,「儲かる」都市部にだけその利便性が集中する。かつての国鉄解体により,どれだけの地方の生活路線が切り捨てられたか。これこそ「道路財源」をつぎ込んでも維持すべきだった。「郵政民営化」により,過疎地の郵便局の閉鎖など弊害が既に表れている。少なくとも「局」と「ネットワーク」の分離は見直すべきだ。日本の隅々にまで,過疎地を切り捨てず,郵便と郵貯と簡保を維持せよ。「民営化利権」を許してはならない。

   写真:焼き鶏@竹宗

 今日の晩酌のアテは,焼き鶏。つくね・ズリ・こころ・もも・肝・せせり。今夜も酒が進む。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/07(土)

[ Gourmet ]

雪津ビール

 「政府紙幣」の次は「無利子非課税国債」だそうだ。いったい「景気対策」と言えばなんでもできると思っているのか。やぶれかぶれなのか。
    読売新聞:
相続税かからない「無利子非課税国債」構想とは 
 「たんす預金」を引き出すのが目的らしい。が,「相続税非課税」とは。相続税なんて普通に働いていれば無縁なのもの。よほどの資産家にしか掛らない。どうやらこれも「景気対策」に名を借りた「金持ち優遇政策」の一つらしい。結局,コイズミとやっていることに本質的な違いはない。

   写真:雪津ビール@福建省 写真:朝天門豆腐干@福建省

 中国人のツレのお土産。上の写真左「雪津ビール」というのは,福建省のビールらしい。アルコール度数3.1%と軽め。すこし甘みがあるが,特にくせのない飲みやすいビール。中華料理に合うのか,中国のビールは軽めのものが多い。写真右,ビールのアテも福建省製造。「朝天門豆腐干」とある。「豆腐干」というのをネットで調べてみたら,中国の固い豆腐らしい。が,これは「豆腐干」そのものではなく。薄くスライスして辛く味付けたおつまみ。旨みが深くてビールのアテにいける。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/06(金)

[ News ]

人種差別

 「シーシェパード」は人種差別主義者。
    毎日新聞:
シー・シェパード:日本の調査捕鯨船に衝突 船尾に損傷  
 要するに「黄色いサル」が鯨を捕ることが気に食わぬわけだ。「黄色いサル」には何をしてもいいと白人は思っている。過激な行動をすればするほど,マスコミの注目を集め,欧米の人種差別に凝り固まった金持ちから寄付が集まる。要するに人種差別主義者の金儲けに過ぎない。相手になる方が馬鹿らしい。政府はソマリア沖の海賊退治に海軍(海上自衛隊)を派兵するそうだが,当然,南氷洋の海賊を殲滅するためにも海軍艦艇を出すべきだ。
    毎日新聞: シー・シェパード:関係国に厳重抗議へ 石破農相方針 
 欧米では「人種差別は,英語・ドイツ語・オランダ語をしゃべる人間に特有の病気」だと言われている。捕鯨所管大臣の石破は,オランダとオーストラリアに抗議するらしいが,言葉では足りない。武力の行使をちらつかせるべきだ。それにしても,伝統的差別者のオランダと,白豪主義のオーストラリアか。言葉だけでは,「黄色いサル」が何かほざいているとしか思わないだろうね。

 新潟では未だにミニが流行っているのか。
    朝日新聞: 新潟の女子高生、なぜ超ミニ? 「今だけ」「文化」 
 って,ちょっと意外。大阪では,以前から男の子がズボンを下にずらして,パンツを見せてだらしなく着こなすのが,一部で流行っていたが,最近は,女の子も,ウェストにゴムを挟んで腰穿きにし,スカートを下にずらすのが流行っているような。ミニの女子高生って,「絶滅危惧種」に成りかけている。

   写真:寒ブリの刺身@竹宗

 今がちょうど旬の「寒ブリ」。で,今日の晩酌のアテは,寒ブリの刺身。今日は腹の身だとて,脂たっぷり。酒が進む。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/05(木)

[ News ]

ブログ炎上

 ブログ「炎上」で,書類送検だそうだ。
    読売新聞:
芸能人ブログを集中攻撃、「炎上」させる…18人立件へ 
    読売新聞: タレント炎上ブログに「殺す」29歳女を脅迫容疑書類送検 
 記事によると,「足立区出身の元不良」とのうたい文句で売り出した男性芸人(37)を「東京・足立区の女子高生コンクリート詰め殺人(1989年)」の犯人呼ばわりしたことが,名誉棄損にあたるそうだ。ブログを「炎上」させたこと自体が立件されたわけではない,「名誉棄損」ってのは,事実であろうとなかろうと,人の名誉を著しく傷つければ成立するらしいから,これはまあ限度を超えていたのだろう。
 今回,改めて「コンクリ詰め殺人」を調べてみたが,これはとにかく酷い事件だったらしい。素直な市民感情からすれば死刑だっておかしくない。ところが,「犯人」たちは大した罪にも問われていない。強いいきどおりを感じる人々がいても不思議ではない事件だ。ネットの噂によると,当時,足立区周辺の不良たちの間では,監禁自体が広く知られていて,少女の強姦にかかわった人間は「犯人」たちだけではないらしい。「足立区出身の元不良」などと売り出せば,「かかわりがあったんじゃないか」と疑われるだろうなぁ。ネット外の世界でも噂になっていたようだ。それにそもそも「元不良」などという開き直りが,いわば反社会行為を称揚する態度だ。反感を買う余地は十分にある。
 で,今回の件を検索していて,見たことも聞いたこともない人だが,「スマイリーキクチ」という芸人のブログで,次の記事を見つけた。
    「どうもありがとう」08年08月15日付け記事 
 記事では,「1999年からインターネットのサイト(掲示板やブログなど)で、綾瀬コンクリート殺人事件の犯人として、僕の名前が書き込まれています」とし,強く否定している。「これからも、僕が綾瀬コンクリート殺人事件の犯人である、関与している、事件をネタにしたなどと事実無根の内容を書き込むのであれば、刑事告訴をします」とも書いている。
 また今日付けの日記では,今回の立件についてコメントを寄せている。
    「どうもありがとう」09年02月05日付け記事 
 「『所属事務所が足立区出身の元不良として売り出した』という記事がありましたが、そのようなことはありません」だそうだ。じゃあ読売新聞の記事も名誉棄損に当たるのか?

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/04(水)

[ News ]

万能ワクチン

 いろいろなタイプのインフルエンザウイルスに効く「万能ワクチン」を厚生労働省の研究班が開発したそうだ。
    読売新聞:
インフルエンザの万能ワクチン開発…厚労省研究班 
 今までのワクチンは,インフルエンザウイルスの表面の「とげ」に反応するため,「とげ」の形が違うと役に立たない。さらに,この「とげ」の形がすぐに変わるため,ワクチンが効かなくなるそうだ。ところが,この「万能ワクチン」は,ウイルス内部の特定のたんぱく質の形に反応する。で,このたんぱく質は,様々なウイルスに共通なのだそうだ。つまり,いま世界中でパンデミックが心配されている強毒性鳥インフルエンザから変異した新型インフルエンザに対しても有効だと考えられる。今までのワクチンの技術では,新型インフルエンザが実際に発生してからでないとワクチンを作れなかったが,これなら事前に準備することができる。
 先週,このニュースを聞いたのだが,今はまだマウスでの実験の段階だということで,実用化には数年かかるという。ふーん,新型インフルエンザの登場に間に合えばいいがなあ,と聞き流していた。
 が,今週号の週刊誌「SPA!」で,この「万能ワクチン」を取り上げている。これは日本にとって重要な「戦略技術」になると言う。新型インフルエンザにおびえる世界に対して,切り札を握ることになる。ただちに情報の専門家に研究班を保護させて,外部に技術を漏れないようにした上で,国費を投じて研究すべき技術だと言う。なるほど,そういう考え方もあるのか。確かにこの技術によって得られるであろう利益は大きいだろう。アメリカは,人のDNAの解析結果にまで特許の網をかけて金儲けの種にしようとしている。この世界で日本が生きていくためには,同じ程度に「したたか」になる必要があるかもしれない。「人の生き死には,金儲けの種になる」という考え方もあるのだろう。

   写真:塩サバ定食

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は「塩サバ」と「肉じゃが」。店に備え付けの週刊誌「SPA!」を拾い読みしながらいただく。塩サバが旨い。口の中に広がる脂の旨みが格別。白ご飯が進む。肉じゃがもそれなりで,満足の一食。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/03(火)

[ News ]

そごう売却

 あの場所に「そごう」と「大丸」が並んで建っているのがデフォルトなんだが。
    毎日新聞:
大丸 そごう本店買収 隣接店と一体運営 心斎橋 
 夕刊各紙の一面トップは皆この記事らしい。毎日新聞夕刊も上記記事に続けて詳しい解説が載っている。大阪人の誰もが驚いた。心斎橋の老舗デパートそごう本店が南隣りの大丸に売却されるという。そごう本店は,05年にリニューアルオープンしたばかりではないか。
 そごうは西武と合併したと思っていたら,いつのまにかセブン&アイ・ホールディングスの傘下になっていたんだね。セブン&アイと言えば,セブンイレブンとイトーヨーカドー。スーパーが発祥のグループだろう。念願の百貨店を手に入れて間もないのに,もう切り売りか。そういえば,昔ダイエーが飛ぶ鳥を落とす勢いだったころ,プランタンという(二十貨店と陰口をたたかれた)百貨店を始めたが,結局売り払ってしまった。そしてダイエー破綻。セブン&アイもこれが躓きの石にならなければ良いが。
 この売却話,大丸の方から言いだしたとか。たしかに大丸の心斎橋本店は手狭だよなぁ。他の大型百貨店から見ると見劣りする。隣接するそごうの店舗を買い取って「北館」としてでも一体運営すれば,新設・増設目白押しの大阪の百貨店戦争で,ある程度の戦力とはなるか。心斎橋は御堂筋沿いにルイヴィトンをはじめ多数の高級ブランド店が立ち並んでいる。専門店に比べれば百貨店のブランド売り場は面積・品揃えで負けているそうだ。それへの対抗もあるらしい。
 しかし,やっぱり「そごう」が心斎橋からなくなるのは寂しい。待ち合わせも「そごうの前」「大丸の前」と使い分けてきたが,「北館」「本館」ではうまく通じないだろうなぁ。何かランドマークとなるモニュメントでも作ってくれれば,待ち合わせに便利なんだが。

   写真:恵方巻@セブンイレブン

 今日は節分。我孫子観音に参ろうと思っていたが,雨模様で軟弱にも取りやめ。傘をさして,あの人ごみに出かける根性はない。で,節分といえば恵方巻。恵方巻は「縁が切れる」から切ってはいけない。長いまま食べる。食べ終わるまでしゃべってもいけないそうだ。今年の恵方は東北東だそうだ。斜めに壁を向いていただく。この恵方巻,結構旨くて好物。節分以外にも常時コンビニで売ってくれればいいんだがなぁ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/02(月)

[ News ]

不法滞在者

 とんでもない商売もあったもんだ。
    朝日新聞:
不法滞在者、日本人名義で入居 あっせんビジネス横行 
 偽造パスポートで入国し,偽の就労証明を使って潜伏する不法滞在外国人が,関東地方の1都3県で27人も逮捕されたそうだ。そこで浮かび上がってきたのが「不法滞在で住居を借りることのできない外国人に,日本人の名義人をあっせんする」違法ビジネス。「一連の捜査のきっかけとなったのは、空き巣を60件以上繰り返していた中国人の男(33)を昨年6月に逮捕したことだった。横浜市内にある男の部屋の賃貸契約書に書かれていたのは日本人の名前だった」そうだ。調べていくと,中国語の新聞に広告を出し,架空の会社を作って身元を偽造して,不法滞在の外国人に名義を貸していた日本人がいた。本人は手軽なビジネスのつもりかも知れないが,これが犯罪の温床になっている。たとえば「千葉県市川市のマンションの一室には中国人の男3人がおり、全員が不法滞在。盗品と思われるパソコンやデジカメ、窓を焼き切るためとみられるバーナーが見つかった」という。摘発された外国人の半数は仕事に就いていた形跡がないが,家賃などはきちんと納めていたそうだ。いったいどうやって稼いでいたのか。警察はさらに追及すると言っているが,犯罪目的で不法入国した以外に考えられないではないか。そもそも本国でまともに暮らしている人間が,わざわざ日本までやってくるわけがない。これらの外国人は,犯罪者集団と考えるしかないだろう。その外国人の犯罪に金目当てで手を貸す日本人がいる。偽装結婚・偽装認知と犯罪の種は尽きない。日本警察の一層の奮起を期待したい。
 ところで,自民党は財界とグルになって「移民1千万人」などと言っている。「派遣」で間に合わなくなったら「移民」か。低賃金労働者を導入すれば,正社員の給料も遠慮なく下げられる。が,現状がすでに証明している。その結果待っているのは,止めどない治安悪化だ。これ以上の売国政策はない。

   写真:鯨の刺身(赤身)@竹宗

 晩酌のアテは,鯨の刺身(赤身)。いつ食べられるか分からないので,あれば食べる。鯨が自由に食べれないのも「自民党」がふがいないからだなぁ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/02/01(日)

[ Misc ]

地デジ

 どうにも「うさんくさい」なぁ。
    毎日新聞:
発信箱:続・誰のための地デジ 
 政府は生活保護世帯には,地デジのチューナーを配るという。チューナーを使えば,今までのアナログTVで,引き続きテレビが見れるという。が,そう簡単にはいかないようだ。地域によっては,アンテナ設備も更新しなければならない。下手をすると十数万円の費用がかかるという。ましてや,真面目に働いて生活保護を受けていない世帯には,なんの補助もない。電気屋に見積もりをさせたら20万円だという。大した「特需」だわなぁ。
 そもそも発端がおかしい。「地デジ」はアメリカの圧力だというではないか。NHKが独自に開発した技術「アナログ・ハイビジョン」。この日本独自技術を潰すのが,アメリカの目的だというではないか。そんなものに巻き込まれた日本国民は大迷惑だ。
 今からでも遅くない「アナログ停波」を中止せよ。そもそも発端のアメリカが,地デジ移行に失敗して停波を延期したというではないか。しかし地方の弱小局は,地デジ移行の投資で青息吐息だという。ここでアナログを並行放送する余裕は残ってはいまい。下らぬ政策を導入した政府が責任をとって財政補助をするしかないだろう。
 そもそも,テレビは画質よりも内容だ。ハイビジョンなど必要ない。くだらぬ「おバカ」なバラエティを粗製乱造しているキー局の知能指数の低さこそが問題ではないか。

   写真:天然タイの薄造り@竹宗

 今日の晩酌のアテは,天然タイの薄造り。歯ごたえはまあまあ。味は,この前のヒラメの方が旨みが深かったか。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

最新記事 今月の最後の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2009, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama